ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

カテゴリ: ゴルフの名言勝手に解釈

img_0-42

「ショットをする前に、生涯最良の一打を思い出せ」...アーノルド・パーマー。

いいイメージを思い出せ!
そういうことだろう。

例えば左がOBのホール...ティーグラウンドに立てば、ほとんどの人間がOBゾーンに消えて行くボールを思い浮かべてしまう。
フッカーは右に出したつもりが、曲がりが思ったより早く「あっ!」と思たとたんに左へ左へ...OBの白杭を越えて行く。
スライサーも、こんなホールに限っていつものように右に曲がってくれないボールは、打ち出した通りの方向にナイスショットとなって、OBゾーンに一直線。
こんなに曲がらないボールは、OBの方向にしか打てないのが不思議だったりして...

で、パーマーは言う。
「自分の一番良かったショットのイメージを思い浮かべろ」と。
しかし、彼ほどのゴルファー...じゃなくても、それなりに上手いゴルファーだったら、引き出しにいいショットのイメージは色々あるから思い浮かべ易いだろうが、我々はそうはいかない。

だいたいティーグラウンドで、これから打とうって時に自分の最良のショットを思い出そうとしていたら、簡単には見つからなくて探しているうちに酷いスロープレーになってしまう(笑)。

思い返せば我々の「これは凄いぞ!」なんてスーパーショットは、打った瞬間の手応えの快感と、予想外の出来事にであった驚きと、こんなことがあるはずがないという疑念がごちゃ混ぜになって、ただ空を飛んで行く白いボールを「呆然と」信じられない思いで見続けていたんじゃなかろうか..。

残ったのは、絶対的な幸福感と、どこかの何か有り難いものへの感謝と、この幸運の後に絶対に来るに違いない「不幸な出来事」(経験的にその方がずっと多いって知っている)へのもの凄く不安な気持ち...
別に失敗願望があるって訳じゃないのに、「こんないいことがまたあるはずがない」なんて思ってしまう、なんて俺達善人なアベレージゴルファー(涙)。

だもの、すぐにそんなショットのイメージを思い出せって言ったって、思い出すのは打った後の心の動きで、ショットのイメージなんて打ったときですら全く覚えていないわさ...な。
そして、それでも無理矢理そんなショットのイメージをしてショットをしたって、たいてい失敗する...するとそれで無くても弱々しい成功のイメージがまた一段薄れて行く。

ああ、なんて可哀想な気弱で善良で正直者のアリ地獄。

そこでそんな失敗の経験を積んで行くと、緊張するような景色のホールに出会うと、OBに飛んで行くボールのイメージを打ち消すためには、(見つからない最高のショットの代わりに)違うイメージで悪いイメージを消せば良いではないかと思いつく。
...そう、例えば打つ時に「今日の昼飯は何にしようか」とか「明日はあの酒を飲もう」とか「あの女優のおっぱいは大きいなあ」とか「ゴルフの女神ってのは美人なのかブスなのか」とか「あの時あの娘にフラれなかったらなあ」とか...

パーマーおじさんは怒るかもしれないけど、我々は結局簡単には見つからない最良のショットのイメージよりも、煩悩一杯のイメージの方が悪いショットのイメージを消せちゃうんだよねえ。
もちろん消すことは出来てもいいショットが打てる訳じゃないけど、悪いショットを頭に浮かべたままよりはなんぼかマシって程度の話。
...男って(俺って)馬鹿だねえ...

なんて言ってないで、今度間違って最高のショットが打てた時には、しっかりと覚えるようにしなくっちゃね。
いつになるか、わからないけど。

img_0-41


「バンカーショットは教科書通り。あと必要なのは勇気だけだ。」...ジーン・サラゼン。

まあ、ゴルフを初めて一年もすれば、誰でも「バンカーの打ち方」というのは知っているはず。
どんなレッスン書にも、初心者用の入門書にも絶対に書いてあることだ。
多少のニュアンスの違いはあっても、「バンカーショット」なるものの基本は同じはずだ。

...一応、バンスの効いた「サンドウェッジ」を使うものとしての話だけれど。
俺がゴルフを始める遥か以前、ジーン・サラゼンがサンドウェッジを発明するまでは、バンカーショットというものはえらく技術のいる技だったらしい。
それがサンドウェッジというクラブのおかげで、勇気さえあれば誰でもバンカーから出せるんだ、と彼は言っているわけ。

バンカーショットの打ち方...一般的な教科書に載っているのは「スタンスはオープン、グリップはオープン、コックを使いボールの下をスタンス通りに振り抜く」なんてことだろう。
あとは「ハンドファーストに構えない」とか「左足重心」だとかも書かれている...

「勇気が必要」とはどういうことかというと、「今までの失敗の記憶を忘れろ」ということ。
勇気がなくて、失敗の記憶に負けてビビりながら打つと、腕が縮んでボールに直接当たってホームランになったり、振り抜けずにただのダフりになったりしやすい。
つまり、せっかくのバンスを使えないショットになって失敗する事が多くなる。

...面白いのはこれを書いたジーン・サラゼンでさえ、バンカーショットの失敗の記憶があまりに強く、それを克服するために練習を重ねたあげくサンドウェッジを発明した、なんて言うエピソードが残っている。
そんな彼がバンカーショットの名手と言われるようになるには、実際に練習とクラブの発明と「勇気」が必要だったんだって。

当然、やっとグリーン近くまで来たのに、バンカーのおかげで数えきれないくらいの「地獄」を経験してしまった我々には(グリーン近くでの失敗の記憶は傷が深いのだ)、そんな記憶を消して勇気を出すなんて至難の業。
こんな時に当たり前に書かれた教科書なんて(その失敗経験から)、全く信じていないのが普通のアベレージゴルファー。
...本当は教科書通りになんて出来たことないのに、教科書に書いてあることを信じたからバンカーで失敗したとまで思い込んでいる被害妄想のゴルファーたち。

認めるのは「教科書通りに出来なかったから、失敗した」ので、「教科書通りにやったから失敗した」なんて思わないこと。

さあ、辛い記憶の数々と被害妄想の思い込みを頭から振り捨てて、「教科書通り」に「勇気」を振り絞ってショットしてみよう。
きっと出る(と思う)...簡単に出る(はず)。
間違いなく出る(といいんだけど)。

フェースを少しオープンにしてグリップ、スタンスは目標方向にややオープン、左足に重心をかけて、ヘッドを少し前の感じで構えて、早めにコックして、ボールの下の砂を振り抜く!

...出なかったら、勇気が足りなかったんだよ、きっと。

img_0-40


「あらゆるショットに際して,自分がどうしたいのかをはっきり自覚しなくてはならない」...ハーヴイー・ペニック。

ハーヴイー・ペニックは、言わずと知れた世界的なレッスンプロで、ベン・クレンショーやトム・カイトの師匠。

よく知られている言葉なのに、意外とコースでのラウンド中にこの言葉の様にやっている人は少ない。
多くのゴルファーの打つ前の気持ちなんて
「あの辺でいいや」
「あっち側ならいいか」
「池さえ越えれば」
「右はダメだな」
「OBじゃなければいいや」
...等々。

それで「決めた」つもりでショットする...結果は半分以上とんでもないミスになる。
ペニックは「どういうショットでどこを狙うのかを「はっきり」自覚しなくちゃいけない」と言っているが、これらの気持ちの有り様を「はっきり自覚した」とは言わない。。
「はっきり自覚する」って言うことは、「曖昧ではいけない」ということ。
これは、簡単なことだけど疎かになりやすい。

以前、金谷多一郎プロとの仕事のラウンドの際に、彼がこんなことを言っていた。
「目標を定めるということは、あの辺、という感覚じゃダメです。」
「あの向こうに見える木の、上から三番目の枝の、2枚目の葉っぱの左側、というくらいに具体的にはっきりとしたものにするんです。」

これは「決め打ち」と言う事だろう。
「あの辺」じゃなくて「あそこ」に打つって訳だ。
確かにこれを実行してみると、とんでもないミスが絶対に少なくなる。
一球一球「あそこ」と決め打してみると、結果は誰でも実感出来るから。

じゃあ、アベレージゴルファーがなぜいつもそうしないのか、というと...実は一球一球集中力を高めてラウンドすると結構疲れる。
特に現代のディープキャビティーアイアンなんかを使っていると、つい適当に「そこまでしなくても大丈夫だろう」「気楽に打ってもなんとかなるさ」なんて気持ちでも、そこそこのボールが打てて何とかなってしまう。

しかし、難しいクラシックアイアンやマッスルバックアイアンを使ってラウンドしてみると、球筋から狙い所まで一球一球決めて打たないと酷いミスショットしか打つ事が出来ず、生半可な自覚ではゴルフを楽しむなんてとんでもないという事を知る事になる。
「前に飛んでりゃあいい」なんてレベルよりもっと深くゴルフを楽しむためには、一度難しいアイアンを借りるなりして、「いい加減」で「適当」なショットなんて一発も打たない」という気持ちでゴルフをやってみるのも面白いだろう。

そこ迄はやらないにせよ、全てのショットを「自分はどういう球筋で、どこを狙うのか」をはっきりと自覚してから打つ...ハーヴィー・ペニックの言うように、そんなことをこれからの自分のゴルフのテーマにしてみるといい。
きっと自分のゴルフの内容が変わるから。

まあ、だからといって練習しなくちゃ腕が上がる訳ではないから、ミスショットが無くなる訳でもスコアがすぐに良くなる訳でもないけれど、ゴルフというゲームを「ラッキー任せ」ではない「自分の意志で戦い続ける大人の遊び」にする事は出来るはず。

ただし、「自覚」するのに時間がかかってスロープレーになってしまうのは、ゴルファー失格の、「論外」の話。


img_1-2

「ゴルフをし続ける限り、幸せの後には必ず悲しみが訪れる」...ベン・ホーガン

言わずと知れたベン・ホーガンの名言なんだけれど、敢えて極私的な解釈をしようと思う。
本当の意味は、あのベン・ホーガンの言ったこと...非常に深い意味を含んだ言葉なのだけど、それは置いておくことにして。

我々アベレージゴルファーというものは、本当に一打一打に喜怒哀楽、幸福と不幸、幸運と不運、感謝と呪い、天国と地獄、愛情と殺意、前世の因縁から来世の縁まで感じてしまう...それこそがセンスもへったくれもない運動神経音痴や、軽薄脳天気お調子野郎や、謹厳実直トンカチ頭の教条人間までが「ゴルフ」という熱病にかかってしまう一番の原因なんだろうと思う。
本当に一打一打で、すべての感情を経験できる...こんなことは他の遊びやスポーツではそう経験できないことだろう...おまけにそれが全て「自分の」責任で、なんて。

そんな中で、その「幸せの後での悲しみ」だ。
我々凡人ゴルファーにとっての幸せってのは、普通「良いショット」や「良いスコア」なんだけど、その中でも極々たまに経験出来て間違いなく幸せになれるのはあの「バーディー」ってやつ。
強すぎたアプローチが入ってしまったり、苦手なバンカーショットがたまたまピンに当たって入ってしまったり、寄ればいいと思って打ったロングパットが思いもかけないラインを転がって入ってしまったり、果ては見えもしないピンに向かって打ったショットがカップに入っていたり...実力というよりは間違いなく「出会い頭の運任せ」の出来事だ。

だから、バーディーってのは殆どのゴルファーにとって、予想もしない時に訪れて来る。
そして、そんな時のゴルファーは照れ笑いの顔で、幸せ一杯の思いに包まれている(中にはこみ上げてくる笑いを押し殺している、そんな表情がなお面白い、なんて人もいるけど)。

で、思い出してみよう。
その次のホールでは、9割以上の人が大叩きしているはずだ。
自信を持って言えるのは俺がそうだから(笑)。
ラッキーにしろ何にしろ、その次のホールでパーがとれたなんてことは数えるくらいしかない。
ひどい時はダブルパーの大叩きなんてのも何回もある。
そしてそれをきっかけに(ショックで)ずるずると崩れて行く、なんていつものパターン。
せっかくバーディーをとったのに...

ベン・ホーガンの言うように、幸せの後には必ず悲しみが訪れる、なんていう覚悟がないからだ。
この言葉、そんな風に敢えて解釈したい。
いいかい、バーディーなんかとっちゃったら、その後に必ず悲しみのスコアがやってくるんだぞ。
だから、バーディーとったからって浮かれていないで、悲しみに耐える準備をするんだ。
そうしたらきっと、悲しみは次の一ホールで終わるから。
ずるずると何ホールも(ことによったらその後のホール全部)悲しみを引きずって、その日の夜にまで泣かないですむように、バーディーとったらこの言葉を思い出そ(笑)。

ま、自分に言っているんだけどね。

img_0-38


「ゴルフコースはスイングの欠点を発見するところ、練習場はスイングの欠点を直すところ」...アーネスト・ジョーンズ。


よく聞く言葉だろうか?
当たり前だと思っていないだろうか?

ところがところが...これ、ほとんどの人がやってない。

...自分に照らし合わせてみると...
練習場に行くと、
新しく仕入れた道具を打ってみる。
新しく仕入れた情報を試してみる。
新しい打ち方を試してみる。
最近見かけた「あの」技術をやってみる。
あるいは、どうすればもっと飛ぶようになるかいろいろ試してみる。
数を打って、体にスイングを覚え込ませる...等等。

コースに行くと、
練習場でやってみたことを試してみる...何度か試みてうまくいかなかったら...捨てる。
新しい道具を使ってみて、イメージ通りにいかなかったら...やめる。
練習場でやった打ち方で、飛ばなかったらやめる。
曲がったら、やめる。

なんてことを繰り返している。

本当はこの名言通り、コースで気がついた欠点を練習場でなんとか矯正して、次のラウンドで同じミスを繰り返さないようにする、というのが効率的な正しい練習のやり方だ。
でも自他ともに認める「ヘボゴルファー」の考えは、自分では終わったラウンドの悪い記憶のことなんて奇麗さっぱり消去して、「さあ、リセットして、新しい気持ちでゴルフ始めよう」(笑)。

これじゃあ何の学習にもならないし、練習で順調に上達なんぞするはずも無いよな。
そう、本当に現実的に上手くなろうとするなら、前のラウンドで気がついた自分の欠点を徹底的に練習して克服することだ。
実際のラウンドで欠点を発見したら、矯正法を学習し、自分のスイングイメージを考え、反復練習して体と頭に覚え込ませる...それが一番。

...わかってるんだよねえ。
でも、見果てぬ夢を追い続けて、100回に1回のスーパーショットをトライし続けるのも本気の遊び、ダッファーの権利・心意気とも思っちまう。
「名言」は、「わかっちゃいるけどやめられねえ」ってな訳だ。
あまり夢だけ追い続けると「下手を固める」だけの練習になりかねないし、「予習」よりも「復習」の方が絶対に上手くなるのも知ってはいるし...結局、道は自分で選ぶのが「大人の遊び」だ。

さあ、迷い道クネクネの夢追い人になるか、地道に真っすぐ上達を目指すか、決めるのは自分だ。


...今度の練習は、どっちにする?

img_0-37


「ゴルフは一度で三回も楽しめる。
コースに行くまで、プレー中、プレー後、だ。
ただし、内容は
期待・絶望・後悔の順に変化する。」・・・・アーサー・バルフォア

アーサー・バルフォアは1800年代から1900年代にかけての人物、英国首相。

変わらないね。
100〜200年前のゴルファーも、現代のゴルファーも。
それにしても、毎回毎回同じことの繰り返し...なのに、どうしてみんなゴルフをやめないんだろうねえ。
ゴルフをやらない人にすれば、まだ日も上らない早朝に喜び勇んで出かけて行って、夜空に星が瞬く時間に命の半分を失ったほどに項垂れて帰ってくる、大きな荷物を抱えた人物は、理解不能の不審者にしか見えないだろう。

こんなに叩かれても叩かれても、不死鳥のように(ゾンビのように、とも言う)いつの間にか蘇って、また挑戦し続けるエネルギーをもっと生産的なものに向ければ、人はもっと人生に成功できるんじゃないか、なんてことさえ思う。
でも、何度でも同じことを繰り返すっていうのは、言い換えれば自分も含めてゴルファー(特にアベレージゴルファー)って奴は、基本的に学習能力に欠け、記憶力にも重大な欠陥がある人間ということでもある...まあ、社会生活の上では「ダメ人間」の部類だよな。

...考えてみれば、ラウンド後(どんなひどいラウンドの後でも)一週間も経つとだんだん湧いてくる、あの「根拠の無い希望」と「裏付けの無い自信」てのはいったいなんなんだろう。
「ああすれば良かったんだ。」
「これを使えば良かったんだ」
「今度は上手くいく」
「これでいいスコアが出る」
「今度は絶対に上手く行く」

この理由を探すと、以前の沢山のラウンドの中から何十回に一回の「自分が打ったスーパーショットの記憶」が基本にある...そういうショットをつなげて行けば「自分ができるはずのラウンド」が頭に思い浮かぶのだ。
自分にも打てた事があるんだから、こういうスコアが出るはずだ...自分には此処までできる能力があるって。

うん、できるだろう(その間の何十発のミスショットを考えなけりゃ)。
できないってことは無い(たった1発でも打てたんだから)。
体調と、天気と、道具と、コースと...何より、そこに住んでいる女神が自分を気に入ってくれたら、可能性はゼロって訳じゃない(ラッキーがひたすら続けば)。
そうだ、できる!(仕事が忙しくなけりゃ)
自分にはきっとできる!(....)


え? この前のラウンド?
さあ・・・いくつだったか忘れちゃったなあ。
ゴルフ行ったっけ?



...ああ、次のラウンドが待ち遠しい。

img_0-36


「ダッファーに幸あれ、君は誰よりも多く ボールを打ち、誰よりも多く ゴルフを楽しむ」...古諺。

今更なんだけど。
昔から言われていて、みんなも知っているはずの言葉なんだけど。
...「ああ、なんて好い言葉なんだろう!」

競技に参加したり、まじめな予選に出たりしてみるとよく感じる事...一打を争う上級者ほど、ゴルフが楽しくないような様子を見せることが多い。
苦痛と、苦悩と、我慢と、失望、絶望と、怒り、嘆き、焦り、恐怖、そして何かに対する呪いの言葉や、恨みの言葉まで...ゴルフクラブを持っていなけりゃ、とても正気の人達とは思えない程。
まあ気持ちはわからないでも無い...競技ゴルフの最中には自分の中にさえそんな気持ちがあることが多かったから。

そんな時にこの言葉が「この人達は、何故ゴルフなんていう遊びをしているんだろう?」と、問いかけて来る。

100から90くらいで回る、なんていう「ダッファー」の人たちのゴルフには、なんて「笑い」が満ちているんだろう。
80を切るか切らないか、という人たちのゴルフには、かなり笑いが少なくなってくる。
パープレーするかどうかの人たちのゴルフには、明るい笑いなんてほとんどない。
もちろんうまく行っている人は、上級者でも笑うし、余裕があるんだけれど。

ダッファーの人たちのゴルフは、うまくいってもいかなくても、いつも笑いをはじめとする素直な感情が満ちているように感じる。
「ゴルフを楽しむ」という言葉の中には、その緊張感やプレッシャーや、いろいろなアンラッキーを耐えることまで含まれているから、嘆きや怒りや恐怖や愚痴や言い訳と言った喜怒哀楽に満ちた人間らしい感情に踊らされるのはしょうがない。
しかし、ダッファー達のゴルフにはその子供の様な素直な感情の後にすぐに「笑い」があるのだ。
腹の底からの大笑い、照れ笑い、ごまかし笑いに言い訳笑い、自虐的な笑いもあれば思い出し笑いに夢見る笑い迄...

たまたま、運が良くて子供時代からゴルフをする機会に恵まれ、運動能力もあったような人はそれなりに上手くなり、プロやトップアマ、あるいは5下のシングルにもなれるけれど、若いときにゴルフに出会う機会に恵まれずに、社会人になってからゴルフを始めて熱中したような人は、ダッファーのままでいることが多いだろう...当然本業の仕事が生活の中心で、「遊び」であるゴルフを練習する環境や時間や金にも恵まれないのが当たり前なんだから。

でも、コースで遊ぶ時点でどちらの人がよりゴルフを愛しているか、なんてのには差はない。
腕はもちろん全然違うだろうけれど、それぞれの環境の中で「ゴルフに一生懸命」「ゴルフに夢中」なのは同じだと思うから。

そうしたら、僅か数回のミスで苦虫をかみつぶした様な表情になり、全ての気持ちを暗くさせてしまうような「70回やそこら」で回る人たちより、「100回前後」繰り返す真面目な真面目なドタバタ喜劇を、笑いと涙の感動とともに演じている人たちの方がずっと「ゴルフ」を楽しんでいるって思った方がいいんじゃないか?

楽しもうぜ、ご同輩。
ゴルフは上手い人達だけのもんじゃない。
ゴルフの神様も予測が出来ない様な、そのとんでもない「次の一打」を楽しめるのは、多分我々の方なんだからさ。
 

img_0-35


「ゴルフってのは、身体が健康で頭が空っぽの奴なら、すぐにスクラッチプレーヤーになれる」...不詳

どこで聞いた言葉だったかは忘れてしまった。
ただ、あのウオルター・ヘーゲンもこんなことを言っている。
「俺のところに、手と足の大きな奴で頭の空っぽなのを連れてくれば、必ず一流のプロゴルファーにしてやる」

どうだろう。
案外凄い真理だとは思わないか?
勿論、現在スクラッチプレーヤーとかプロの人達が「頭が空っぽ」という訳では決してないんだけれど(笑)、どうしてこんな言葉が言われるようになったのかは興味があるだろう。

あくまで独断と偏見での考えだけど、ゴルフにおけるスイングの技術とか動きそのものは、ある程度の練習とその繰り返しでそんなに長い時間をかけなくても会得できるものだと思う。
地面にあるボールを打つという動きだ。
飛距離には個人差があるけれど、2ー3年もすれば誰でも普通に打つことは出来るようになる...練習場で見てみれば、1ー2年やっていて空振りばかりなんて人はまずいない。
奇麗なスイングや個性的なスイングという違いはあっても、誰でも気持ちよくボールを打っている。

じゃあ、スコアというものがどこで差がつくかと言えば...俺は「感受性」だと思う。
感受性、ってのは...感情の繊細さ、喜怒哀楽の激しさ、その人の持って生まれた気質、想像力、向上心、...ある意味で人間性の深さだ。
練習場でいくら上手く打てるようになっても、殆ど全員がコースに行くとその成果を発揮できないのは、「ライの変化」ということも勿論あるんだけれど、「景色が見えること」による影響と「かくあるべきはず」という自分に対する感情の乱れのせいだと思う。

ゴルフは「景色のゲーム」だと言われているように、広く平らな場所ならなんでもないショットが、「前に池がある」「右がOB」「左が崖」「クリークが横切っている」なんて景色が見えたとたんに、普通にスイングできなくなる。
「あそこに行ってはダメ」と感じたとたんに、身体もボールもその方向に行く動きになってしまうのが、普通の人の「ゴルフ」。
1mのパットもそう。
何も考えなければなんでもないパットが、「これを入れたら100を切る」「これを外せば笑われる」「こんなのが入らなかったら俺は馬鹿だ」とか、よけいなことを頭の中でぐるぐると考え、イメージし...外す。

ゴルフの場合は「感受性豊か」であったり、「繊細な感受性」を持つ事、「深い人間性」を持つ事は、ゴルフが上達の絶対的な弱点なのだ。
少ない数字で上がる為には、こうした感覚は邪魔にしかならないのだ!


そこで、なんにも深く考えることのない奴、何も感じないヤツ、反省も想像も恐怖も関係ない「頭の空っぽな奴」だ。
こういう「何も考えない奴」「何も感じない奴」なら、どんな景色の場所であろうと、練習場と同じに簡単に打って簡単に入れられる。
当然2年もしないでスクラッチプレーヤーどころか、プロにさえなれるかもしれない。

ここに真理がある。
多分余計なことを考えなければ、感じなければシングルなんて簡単になれるのだ。

...でも、それでいいのか?
ゴルフがなんで面白いかと言えば、その景色を楽しむから面白い。
景色を楽しみ、恐怖し、迷い、悩み、やがて自分なりに決断し、成功して大喜びし、失敗して深く落ち込む...それが面白い。
後悔し、反省し、自己否定し、「報われない人生」迄考えても、次のホールの景色を見たとたんに、また新しい自分の人生のスタートと夢の実現に向けて立ち上がる(笑)...我々のゴルフのラウンドは、そんな風な事を感じてドタバタと、毎ホール沢山の数字を積み上げていくわけだ。

さて、ゴルフを心底楽しむご同輩。
我々は頭空っぽのスクラッチプレーヤーを目指したいか?

いや、我々は汗と涙とビビる心を振り絞って、ホール毎の自分のドラマへと懸命に立ち向かう、頭でっかちで感受性豊かな「ヘボゴルファー」で行こうじゃないか。

それでもそのうちきっと、時間が多少かかっても、今よりちょっとは上手くなれるからさ(笑)。

img_0-34

「ドライブはクローズド、ロングアイアンはスクエア、ショートアイアンはオープン」...トミー・アーマー。


どうだろう。
我々は近代スイングとやらの「常識」で、スタンスを固定しすぎてはいないだろうか?
「スクエア」が一番大事、「スクエア」にしなくちゃいけない。
ドローやフェードも、スクエアスタンスから打つ。
「目標迄レールが敷いてあるとイメージして」スクエアを意識する。
スタンスも膝のラインも腰も肩も、スクエアでなければならない。
...等々。

だけど、やってみれば判るけど、スクエアスタンスからドロー、フェードを打ち分けるなんて相当の上級者でなければ無理。
せいぜいシャフトが思い切り寝てしまったり、腰がダウンで引けたり右肩が出たり、でボールにろくに当たらないかとんでもない方向に行ってしまうのがオチだろう。

ノーマンやカプルスだって、持ち球以外の球筋のボールを打とうとするときは、思い切りスタンスの向きを変えるんだから。

で、この言葉だ。
目的のボールを打つクラブによってスタンスを変える...ロングドライブ用にはクローズド、正確な方向が必要なクラブではスクエア、上げたい止めたい引っ掛けたくない時にはオープン...その方が結果が良いと。

自分なりの解釈では、「何が何でもスクエアが一番なんて固定概念に縛られるな」、なんて意味だと思っている。
そして、こうして意識してスタンスを考えることによって、球筋のイメージが明確になってこないか?
「こうじゃなくてはいけない」ではなくて「こうしたいからこうする」、という能動的な姿勢になってこないか?
一番いけないのは、コースからのプレッシャーや自分の技術に対する不安から、無意識のうちに右を向いてしまったり左を向いてしまったりすること。
こういう受動的なスタンスの向きの変化は、当然ミスがどんどん多くなる結果を生む。

トミー・アーマーの本来言った意味とは違ってくるんだけれど、その場面場面でスタンスを変えて攻めてみるっていうのは、自分の選択の幅が広がり受け身のミスを減らすことになるんじゃないか。
コースにやられっぱなしのミスで打ち拉がれるより、こんな風に攻める意識でラウンドした方が気持ちよくラウンドできる気がする...たとえスコアが変わんなくてもね。

トミー・アーマーは「使うクラブによってスタンスは変わる」と言っている訳だけど、どうせなら「打ちたい球筋によってスタンスはどんどん積極的に変える」なんてのはどうだろう?
なんだかコース中暴れ回りそうな気もするけれど、コースと戦っている気がして気持ち良いような気もするだろ?
元気な人にお勧めです(笑)。

ただ、少しは練習しとかないと「逆球」が出るからね、気をつけてね(笑)。

img_0-33

「ゴルフは その人間の性格が 最善と最悪の形で表れる」 バーナード・ダーウィン

怖い言葉だ。
昔から、「車の運転を見れば、その人間の本当の性格が判る」、とか「麻雀をやると、その人間の本当の性格が判る」なんて言葉があったけど、今はこの言葉が一番真実なんじゃないかと思っている。

なんたって、ゴルフはほぼ一日かけて、18回の「旅」というか、「登山」というか、「挑戦」をするゲームだ。
それも創られたものとはいえ、自然の中で自分の持っている技術のみで進んで行かなくてはならない。
自分だけの責任で(なかには他人のせいにする人もいるけど)、審判もなく、助けてくれるのはキャディーのみで。

18ホール一緒にプレーしていると、否応でも様々な場面で隠していた性格が出てしまう。
ラッキーに感謝せずに、アンラッキーだけを何かのせいにして呪ってしまうとか、自分のミスショットに対する言い訳とか、他人のナイスショットに対する嫉妬、コースが悪いから、道具が悪いから...等々。

自分の場合は、ラウンド中何度も自分のなかにいる「最低の自分」が、隙あらば表面に出てこようとするのを抑えるのに大変な思いをする。
「最善の自分」なんてのは、思ったよりスコアが良いときには出てきやすいんだけれど、それ以外の時はどこかに隠れちまって全く所在不明だし。

つまり、ゴルフをプレーして「自然」と戦いながら、出てこようとする「最低の自分」とも同時に戦っているってこと...ホント、疲れる訳だ(笑)。

問題は、「良い人」と世間で評判だった人が、実は全く「最悪の人」だった場合。
逆の場合は、友人が増え、ゴルフ仲間が増えることで、問題はない(どころか大歓迎)のだけれど、「最悪」だった場合は...考えるのも恐ろしい。

我々は、自分が同伴したゴルファーにそう思われないように、精一杯気をつけなくちゃいけない。
と言う事は、ゴルフする度に「最低」「最悪」の自分との戦いもずっと続くってこと。

ホント、ゴルフは人生修行かよ...

大変だなあ...(それでもやるんだけれど、ね)。

↑このページのトップヘ