ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

カテゴリ: ゴルフの名言勝手に解釈

img_0-85


「打つ前にイメージするのは、まず狙った場所にボールが落ちるところ、それからそのボールがそこに向かって飛んで行くところ、そしてそのボールを打っている自分だ。」...ジャック・ニクラウス。

言わずと知れた「帝王」ニクラウスの言葉なんだけど。
前にも描いたが、「打つ前に悪いイメージを持つとそのショットは失敗する。」という言葉は知っているだろう。
まあ、知っていなくても誰でもが「ここの池は嫌だなあ」とか「この右のOBに行きそうだ」なんて、ショットする前に思うと、結果はその通りになってしまうという経験をした事があるだろう。
あるいは、わざわざ口に出して「このホールは苦手なんだよなあ」なんて言ってしまって、いつもと同じようなミスを繰り返す。
ゴルファーというのは、ことのほか自分の言葉やイメージに忠実な人種らしく、ショット前のそれらの行動にほぼ百パーセント責任を持ってしまう、と言われている。

そこで、やはり「打つ前には良いイメージを持て」なんて言葉があるんだけど...ただ「良いイメージ」なんて言われても、そんな曖昧な甘いイメージが、具体的な悲惨な経験の積み重ねによる悪いイメージに勝てる訳がない。
だからニクラウスのこの言葉が効いてくる。
非常に具体的なはっきりした「良いイメージ」だ。
それも、普通人が考えるような「自分が打ったボールが、青空を飛んで行く」なんて大雑把なことではない。
まず、そのボールが狙った場所に落ちるところをイメージする。
グリーンのピンそばでも、フェアウェイのセンターでも...
それから、そこに向かって自分の思った通りの球筋で青空を飛ぶ白球をイメージする。
そうしてから、その思い通りのボールを打つスイングをしている姿をイメージするのだ。
どれも具体的ではっきりとしている。
やるべき事と、その結果がイメージとして身体と頭に刻み込まれる。
あとは迷いなく自分を信じてスイングすればいい。

どうだろう。
やってみる価値はある。

ただ、どうしてもグリーンからこぼれてバンカーに入るボールしかイメージ出来ないとか、どスライスになってOBや池にまっしぐらに飛んで行くボールの姿以外イメージ出来ないとか、あるいは自分のスイングを思い浮かべた途端に「当たりそうもない」スイングしか頭に浮かばないとか...リアルなマイナスイメージが強過ぎて、経験した事のない良いイメージなんて全く浮かばない、なんてヘボゴルファ−は結構多い。
そう言う良いイメージは自分で打った経験があるからこそイメージして効き目があるもので、未体験のショットイメージを頭に浮かべてもそうは問屋が卸さない、と言うのもゴルフの真実。そういう人は、良いイメージを無理矢理頭に浮かべようとしても時間がかかるだけなので、今晩のおかずだとか、帰ったら飲みたい酒だとか、好きな異性の顔でも身体でも思い浮かべて、それが消えないうちにさっさと打った方がいい。



スムーズにイメージが浮かびスイングを始められないゴルファーは、この名言の事は忘れた方が良いとも思う。
(この名言にはヘタをするとスロープレーの原因になる要素があると言う事)

そうじゃないと、「下手なくせにプレーが遅い」なんて最悪の評判が定着してしまうぞ。

img_0-84


「練習場では、あなたを気持ち良くさせるクラブではなく、あなたを苦しめるクラブを使え。」...
ハリー・バードン。

つまり、「練習所では得意なクラブを練習するんじゃなくて、苦手なクラブを練習しろ」というわけだ。
確かにその通り。
ろくに当たらない、使えばミスばっかりなんてクラブを練習して使えるようになれば、絶対に上達する。

それなのにどうしてこんな言葉を言われるほど、みんなは苦手なクラブを練習しないんだろう。
...答えは、「楽しくないから。」
得意なクラブなら、勿論ミスは出るにしても上手くいく確率が高いから、手応えは気持ちのよい感触が残るし、飛んで行くボールの浮遊感を楽しみながらうっとりと余韻に浸る事も出来る。
「快感」とも、「恍惚感」とも言う、普段の生活では滅多にお目にかかれない「幸福感」を味わえる。
上手く打てる確率の高いクラブだから、打てば打つほど幸せになって楽しくなってくる。

...それが苦手なクラブの練習ならどうだ。
長いのが苦手な人は、打つ度に手に「当たり損ね」の嫌な振動が伝わる。
ボールは思いもしない方向に、ねじくれ曲がって飛んで行く、気の狂ったように転がって行く。
例えばアプローチの苦手な人は、理屈なんて百も承知なのにフェースに上手く乗せる事が出来ない。
ダフる、トップする、シャンクする...狙って打つ方が難しいような現象が、呪いのようにつきまとって離れない...練習より「お祓い」の方が必要だ、なんて気さえしてくる。
...打てば打つだけ、言う事を聞かないボールに馬鹿にされているような気がして来て、気持ちは落ち込み、荒み、自信喪失、自己否定、自己卑下の世界に嵌り込んで行く。

勿論、練習してしすぐに上手くなればそんな事になる事もないんだけれど、一度「苦手」意識が植え付けられたクラブはそう簡単に許してくれはしない。
ウェッジのアプローチが苦手で、あらゆる有名コーチに就いて教わったけれど、とうとう治る事はなかったという人を複数知っている。

だからこの名言の意味は判っているんだけれど、どうせ遊び(真面目だけれど)のゴルフじゃないか、苦手なクラブの練習して気が滅入って暗い気持ちになるよりも、練習場は気持ち良くなった方が良い...なんて思ったりするのもしょうがない。
あまりに真剣過ぎて真面目過ぎて取り組む人は、「我慢」と「耐える」の繰り返しで立派な「どM」になってしまいそうな気がするし。
それに、そんな我慢を続けて行ってやっと上手くなった人達が、その結果立派なゴルファー・立派な人間になったかって言うと...これは個人の偏見だけど、「嫌なヤツ程ゴルフが上手い」なんてのが結構多い。
こりゃやっぱり偏見だけど、苦手を持ってるゴルファーの方が性格的に善良な人が多いって感想も持っている。

我々普通の凡ゴルファーは、バードンさんの言う事も理解出来るけどさ、「上達一番」じゃなくって「楽しいが一番」で練習してもいいんじゃない。

苦手なクラブ、どうしてもダメだったら「道具を変える」っていう手もあるし。
そんなクラブは使わない、なんて手もあるし。

img_0-83


「Dying ball」なら、4つのドアから入る。・・・ボビー・ジョーンズ。

Dying ballというのは、カップにぎりぎりで届くボールの事。
所謂「デッド・イン」するボールだ。

この言葉は、あまりにも「never up, never in」が言われ過ぎて、極端にでもオーバーしなければ意味がないように思い込んでしまっているゴルファーに対する警鐘としてボビー・ジョーンズが言った言葉だ。

曰く「強く打ち過ぎたボールは、正面のドアを通ってカップの向こう側の土手に当てて入る道しかない。」
「しかし、カップにギリギリ届くように打たれたボールは、正面と右、左のドア、それに後ろ側のドアを通ってもカップに入る可能性がある。」

...その通りだと思う。
4つのドアを使えるなら、カップぎりぎりの距離で打つ方が絶対に良いのは間違いない。
でも、この球聖と言われた名ゴルファーの言葉には、大事な事が抜けている。
それは、我々普通のヘボゴルファーの一番のパットの悩みなんだけれど、球聖にとっては当たり前に出来ている事...そもそもコースでカップに「デッド・イン」するようなボールを打てる距離感があれば、惨めにチャンスで大ショートしたり、打ち過ぎて3パット4パットなんてしたりしないって!

そもそも、カップぴったりの距離を打つ事というのは、パッティングで一番難しいんじゃないか?
傾斜や、芝目、芝の状態...それらを感じて、カップまでのタッチを決めてボールを打つ。
そして、ラインに乗せて転がっていったボールが最後のひと転がりでカップの中に落ちて行く。
そんな風にパッティング出来る人は、そもそも「届かなければ入らない」なんて格言を気にする事もないだろう。

ただ、自分の打ち過ぎた失敗ノーカンパットの言い訳に、「ネバーアップ、ネバーインだからね」なんて言うのはカッコ悪い。
あまりにも強過ぎるパットでは、正面のドアでさえボールが通れないほど狭くなっているだろう。
...自分でも、さすがに1メートルオーバーすると「やっちまった!」と思う。
やっぱり、カップから30ー40センチオーバーくらいが一番気持ちがよい。
この強さだと、さすがに4つのドアは使えないだろうけれど、正面と、左右のドアは使えそうな気がするし。

ボビー・ジョーンズさんのお言葉ではあるけれど、見た目も「デッドイン」させるようなパットは、心臓によろしくないのでは(笑)...

img_0-82


「ロングパットが入る時は、「強く打ち過ぎた」と思う時だ。臆病なパットにチャンスはない。」...アーノルド・パーマー。

パーマーと言えば「go for break!」を合い言葉に、所謂「パーマー・チャージ」でコースを攻めまくって絶大な人気を博して、今の世界的ゴルフブームの礎を作った名ゴルファー。
そんな人物だからこそ、せっかくのチャンスにも関わらず「届かない」パットをするゴルファーが気になってしょうがなかったんだろう。
...「臆病なパットにチャンスはない」は、厳しい言葉だ。
この考え方は、かの老雄トム・モリスの「never up,never in」「届かなければ入らない」の言葉と同じ、パットはともかくカップまで届くように打て、というのが基にある。

確かに、せっかくいいショットやアプローチを打ちながら、カップに届かないパットを打つゴルファーを見ていると他人事ながら苛つく事がある。
「ショートして入らないパットも、通り過ぎて入らないパットも同じだろう?」
「命までかかっている訳じゃあるまいし、なんでもっと強く打てない?」なんて...
必要以上のビビりパットなんて見た日には、ゴルファーの人間性にまで疑問を持ってしまう。
(自分でショートした場合なんて、自分の人間性に疑問を持っちまって困ってしうまう)
そんな事を先輩ゴルファー達も感じて来たからこそ、以前に書いた「バーディーパットをショートするような人間と友達になるな!」なんて言葉が伝えられて来たりしたんだろう。

しかし、最近面白いと思うのはオープンコンペで一緒になるようなカップルの人達を見ていて、夫婦、恋人、友達関係、いずれの年代、職業に関係なく、女性の方がカップに届く強気のパットを打つ事。
総じて、男の方がショートする事が多い。
とんでもないノーカンパットは別として、きっちり30センチ以上オーバーする「男前」のパットをするのは、老若関係なく女性が多い。

何とも潔くパットを打って来て、返しを平気で入れる「男前」の女達!
それに引き換え、1メートルのパットでさえビビってショートして、それをまた外す男達!

世に言う「草食系」の男と、「肉食系」の女達ってことか?

...おーい、苦労してるのは判ってるけどさ、ショートする男達(俺も含めて)...一度「強く打ち過ぎた」と思うほど打ってみろよ、そのパット。
アーノルド・パーマーばりの、強気のパットだ。
多分そんなつもりで必死に打ったパットだって、やっとカップに届くくらいなんだろうけどさ。

...情けないぞ男達、女達にばかり「男前」のパットを打たせているのは。

img_0-81

「ゴルフのコレクションとは、ゴルフという「狂気の世界」の中のもう一つ特別な「狂気の世界」である)...ジョゼフ・マードック。

このジョゼフ・マードックと言う人は、「ゴルフ収集家協会」(GCS)の創立者。
自らの趣味の事を「狂気の世界」と言うのだから、その情熱たるや常人の想像を遥かに超えたものだったろうと想像出来る。
この「ゴルフのコレクション」というもの、自分でも思い当たるのはクラシッククラブやボールという「道具のコレクション」。
ゴルフというものにある程度熱中してくると、ゴルフの歴史やゴルフ史上の名プレーヤーの逸話などに興味が湧いて来て、同時に彼らの使っていた道具にも興味が湧いてくる。
勿論、性能的には圧倒的に現代のクラブの方が上なのは間違いないし、あらゆる科学的な研究の結果を体現した今のクラブは、機能的な美しさでも昔のクラブとは比べ物にならない。

しかし、スコア以外のものにも興味が向き始めたゴルファーは、例えばほんの少し前まで使われていたパーシモンヘッドのドライバーの美しさに魅了されたりする。
その一本一本手作りの、ベテランの職人が丁寧に造り上げたクラブには、コンピューター制御で量産された機械的な現代クラブの冷たさの対局にある、温かく情緒的な佇まいを感じるはずだ。
そしてもっと昔の、「時代の名器」と言われたマグレガーやトミー・アーマーのパーシモンドライバーなんかを見てしまうと、その美しさはまさに美術工芸品と感じる事だろう。
そして、それを自分のものとして飾ってみたい、撫で回してみたい、なんて思ったとしたら、もうあなたは「狂気の世界の中の狂気の世界に嵌り込んでしまった」という訳だ。
アイアンも同じ...性能的には今のアイアンの製品管理の方が行き届いているのは当たり前。
しかし、クラシックアイアンはその材質や「無駄」としか思われない装飾にも、単なる道具以上の「何か」を感じさせるものがある。

...そんな道具に興味を持って、一つでも手に入れてしまうと...もうその病気からは逃げられなくなる。
と言っても、本人にとってはそのコレクションは趣味の世界を広げ、独りの時間を充実させ、仕事や実生活がたとえ順調ではなくても心の平安を得る事の出来る、実に有意義なものなんだけど...

道具の次に多いコレクターは、「本」...つまりゴルフ関係の「古書」を集める人達。
でも、これは日本にではあまり価値あるものは多くないので、どうしても本場英国やアメリカの「古書」集めになる...つまり、英語をある程度自由に出来ない人には敷居が高い。
他に多いコレクションは、切手、古画、スコアカード、人形、マーカー、著名ゴルファーのサイン...等々。

残念なのは、この趣味に対する理解者が少ない事。
特に家庭に置いては、資金面でも場所の面でも同居人の理解及び許可を得る事は至難の業となる。
酷い妨害に会う事さえ多々ある...個人の趣味、特に「コレクター」と言う種類の人々は他人には理解され難いものなのだ。 

面白いのは何人か知っているこういう人達、それほど上手い人は多くない。
ラウンド数だって決して多くは無く、せいぜい月1がやっとのゴルファーが多い。
腕だって、上手い人でせいぜいハンデは8〜9、一番多いのは15〜23くらいのアベレージクラス。
なんかコレクションに情熱を向けた結果、技術を上達させる方向にはあまり情熱がなくなってしまったみたいに見える。
...まあ、普通の稼ぎの人の場合は、「小遣いをコレクションに回してしまった結果ラウンドする資金がない」というだけなんだけどね。


でも、幸せそうなゴルファーばっかりだ(笑)。


img_0-79


「優柔不断な人はプレーが遅い、卑怯な人は言い訳が多い、教養のない人はスコアをごまかす」...ウィリー・パーク・ジュニア。

厳しい言葉だ。
極極少数の優秀なゴルファー以外は、少しはこの言葉に思い当たるところがあるだろう。

スロープレーヤーは、自分ではそう思っていない人が案外多い。
実際にスロープレーと評判の人に聞いてみると、自分がプレーが遅いと思っている人は殆どいないのに驚く。
クラブの月例などで、あからさまに「あの人と同じ組になりたくない」なんて嫌われている、評判のスロープレーヤーが「自分のプレーは遅くない」と思っていた、なんて事は何度も経験がある。
考えてみれば、自分で「自分はプレーが遅いかも..」なんて思っている人は、プレーを速くしようと思うのが普通だから、スロープレーヤーというのは「自分の遅さにも気がつけない、鈍感で優柔不断な、だらしない無自覚な人」だと言える。
...気がつくと前の組と間が空き、後ろの組が待っている、なんて状況が結構あるという人...「君はスロープレーヤーかなのだ」、気をつけよう。

言い訳が多い...これは自分も思い当たる。
大体「事情を説明する」なんて事を普通にやってしまうのは、これ全て「言い訳」と言えるし、プレーを振り返ればみんな言い訳になりかねない。
場を柔らかくするためにとか言って、あれこれ説明するのも結局「言い訳」の一つに間違いない。
俺は思い当たる事が結構ある...つまり、自分は「卑怯者」なのだ...反省しなくちゃ。
せめて、言い訳じゃあなくて「自分を笑う」という芸風にしなくちゃね。
...気をつけよう、自分!

スコアをごまかす...これは論外だろう。
実際に「普通にスコアをごまかす」なんて話は、「会社の接待ゴルフで、相手の偉いさんがそうだった」とか、「会社のコンペでいつもスコアをごまかす上役がいる」なんて事を聞いた事があるけれど。
そういう話もよく聞いてみると、単に「オーケーです」と言われたパットを数え忘れていたり、ワンペナとツーペナとを間違えていたりという事で、悪意や不正をしている気持ちがなかったのが殆どだろう。
たまに「あの人は林に打ち込んで、木に当てたりしていても必ずダボ以下のスコアを言う」なんて評判の人がいるけど...こういう人は、もうみんなに「インチキやる人」と知れ渡っていて、「学歴はあっても教養のない人」だと認知されているから構わなければいい。
こんな奴は、近いうちに誰も一緒にプレーする人がいなくなるから、ゴルフも続けられなくなる。
問題は、自分でうっかり数え間違いをしてしまう場合...くれぐれも少なく言わないように気をつけなければいけない。
沢山打ってしまったOB、池やロストがらみのホール、出なかったバンカー、お先にを外したりカップに蹴られてくるくる回ったグリーン、念には念を入れて数えてわからなかったら他人に聞き、それでも「自信がなかったら多めに言って置く事」、だ。



う〜〜ん、俺は元々いい人間じゃないから、いいゴルファーになるってのは本当に大変だ、やっぱり(笑)。

img_0-78


「年をとったら『打ち』にいってはいけない しっかり大きく『振り抜く』だけだ」...サム・スニード

サム・スニードは「ナチュラルスィンガー」と言われた天性のスウィンガーだったけれど、年をとってもその飛距離が落ちないゴルファーでもあった。
その秘訣とでも言うものが、こんな言葉になったんだろうと思う。

若い頃は全てのパワーをインパクトに集中するスウィングで、十分に飛ばせるかもしれない。
それは下半身のパワーも腕から上半身の筋肉も、背筋腹筋に所謂「コア」の筋肉も全ての筋肉の瞬発力をインパクトの瞬間に解放出来る...運動神経も体力もそれに耐えられるからだ。
しかし、年をとることでの下半身の衰えや運動神経の衰えは、インパクトの瞬間に解放出来る力を若い頃より段違いに少なくさせてしまう。

だから年をとるごとに急速に飛ばなくなった、と感じる人はインパクト重視の「打つ」スウィングの人である事が多い。
騙されたと思って、(インパクトを忘れて)大きく振り抜く事だけを考えてスィングしてみるといい。
そのまま、ボールの事なんか気にしないで大きく振り抜いて打ってみるといい...ボールを意識するとどうしても打つスウィングになるから、ボールを見ないで。
ちゃんとボールに当たった時には、「打つ気」でスウィングしたときよりも「いい球」になっていないだろうか?
「打つスウィング」の人はボールを見ないと不安になるだろうけれど、ゴルフを長年やってりゃボールなんか見る気がなくても結構フェースに当たるもんだから大丈夫。

考える事は「振り抜け!」「振り抜け!」だけ。
ただ、年をとると若い事のように完全に肩が回りきったフィニッシュなんて取れなくなっているんだから、奇麗なフィニッシュなんかを考えなくてもいいと思う。
ただ、「ボールのあるところを通り過ぎるように大きく振り抜け!」だ。

道具、ドライバーも本当は「振り抜きやすい」ドライバーにした方がいい。
インパクトでガッツンと「打つ」ためのスペックと、スパッと振り抜くためのスペックは当然違ってくるだろうし、「打つ」気をなくして「振り抜く」気にさせてくれるスペックというのも当然あるだろう。
それはそれぞれ個人の体力と好みに合わせて、ともかく「振り抜ける」ように,,...

そうして、50才になっても60才になっても、70才になったって「若い者より飛ばしてやる!」なんて気になりゃ面白い。
なんたって「飛ばしっこ」は男の本能、子供の頃のおしっこの飛ばしっこ以来負けりゃ口惜しい男のサガなんだから。

さあ、諦めるのは死んでから。
ドラコン目指して、入れ歯が外れるくらい振り抜いてやろうじゃないの...俺、入れ歯ないけどね(笑)。

img_0-76

「レッスン書が増えるたびに 窒息するゴルファーが増えて行く」...ボブ・マーチン。

薄々感じてる人も多いだろう。
ゴルフスイングの新しい理論や、練習法や、チェックポイントなどの「評判になる」レッスン書が発売される度に、なんだかゴルフってものが複雑になって行くように思えてくること。

確かに「新しい」レッスン書には、「おおっ!」と思えるような内容が含まれている。
思わず「そうだったのか...」と、目の前が開けたような気にもなるだろう...
だが殆どの場合、しばらく実践していると「あれ?」と気がつく事が色々と出てくる。
「これは、前に呼んだあの本と同じ事じゃないか?」「これは、今まで練習して来た事と全く逆の事言ってるけど、これでいいんだろうか?」

ゴルフってゲームは、そもそも「地面に転がっているボールを、棒切れで遠くへ正確に飛ばそう」っていうゲーム。
こんな動きは人間の本来の身体の作りや自然な動きに逆らうものなのだ...だから、自分の本能のままに動くと、まずろくにボールに当たらないのが当たり前。
おまけになんとかボールに当たるようになると、今度は「本能的な動き」「自然な動き」は「行って欲しくない方向」へボールを打つ結果になると言う、ゴルフスイング最大の問題に直面する事になる(右の池を嫌がると右へ飛び、左のOBを嫌がると左にボールが行くと言う現象)。
だから動きに制限を加える。
例えば「頭を動かさない」「スエーしない」「肩を上下動させない」「脚をばたつかせない」等々...これらは、実は地面にあるものをなんとかしようと思った時に自然に出る動きを止める事でもある。
それに、普通の反応として「行って欲しくない方向から身体を背ける」なんて事も、結果として気持ちと反対の方向へボールを打つ事になる不思議を理解する等々。
...つまり、古来人類が育んできた自然な動きに反する「不自由な動き」こそが結果として正解、そしてそれがゴルフのスイングだと言う事を理解しなくてはいけない。

そんな不自由な動きを身体に覚えさせてボールを打って遊ぶには、まず大事なのが何度でも同じ動きが出来るように「再現性の高い動きを身につける事」。
これが一番大事だという事は古のゴルファーにも判っていたために、昔からゴルファー達はその習得に努力した。
結果、それぞれ自分の身体や心の特性に応じて、個性的だけど自分には再現性の高いスイングを時間をかけて身につけて行った。
で、その努力の過程をなるべく省いて、合理的で再現性の高いスイングを短い時間で身につけさせようというのが現代の世に数あるレッスン書の目的だ。

だが、多過ぎる。
どれも最終目標は同じはずなのだが...例えば「フッカー」と「スライサー」は逆の動きをしている。
例えば、身体の硬い人、柔らかい人、太った人と痩せた人、力持ちとひ弱な人、背の高い人や低い人...そのそれぞれが違う悩みがあるのを、どのレッスン書が救えるか?
世に出ている膨大な数のレッスン書の海から、まずは自分に必要なレッスン書を選ぶためのレッスン書が必要なんじゃないか...と思えるくらい正解を探すのは大変だ。
探しまわっているうちに、ゴルフそのものに窒息してしまう人も出て来るだろう。

窒息しない為には、新しい情報に流され過ぎない事、近道を狙っての浮気を繰り返さない事、簡単に上達する方法は無いと知る事、長く遊ぶ為には時間と金がかかると割り切る余裕を持つ事。
そしてこんな試行錯誤の全てが、「ゴルフの楽しみのうち」と心底思うこと。


貴方が良いゴルフ人生を送れるかどうかと言うのは、レッスン書とは全然関係ない事なんだから。


img_0-75

「私はアイアンを力一杯打たない事によって 成功したのだ」...ボビー・ジョーンズ。

アイアンを力一杯打たない。
つまり、アイアンをフルスィングしない、という事だろうと思う。

ゴルフを始めた頃に、ある先輩ゴルファーに言われた事がある。
「アイアンを打ち終わった後に、フィニッシュでよろけるようなスィングはしちゃあいけない」
…同じ事だろう。
よく言われるアイアンショットの名言に、「アイアンは八分ショットがいい」とか「長いクラブを軽く振れ」なんて言葉がある。
これは、わかりやすい言葉なんだけど、実践するのは結構難しい。

「八分ショット」?...これがハーフショットだから、これくらいか?...いやあ、これじゃあ九分ショット?
結局、その度に飛び過ぎたり、ショートしたり...距離が定まらない。

「長いクラブを軽く振る?」...軽く振ろうとすると、ちゃんとボールに当たらない。
スウィング自体が緩んでしまって、きちんとフェースに当てる事さえ難しくなる。

ボビー・ジョーンズが言う「力一杯打たない」という言葉は、やはり「フィニッシュでよろけるほど力を入れない」ってことだろうと思う。
ショートホールでのアベレージゴルファーのスィングを見ていると、殆どの人が小さめのクラブを思い切り振っている。
その結果、フィニッシュで右によろめいたり左によろめいたり...明治の大砲になって後ろに下がる人もいれば、勢い余って前に2〜3歩動いてしまう人もいる。
勿論その結果、彼らはグリーンを外す事が多くなる。

そのかわり、明らかに上級者は、打ち終わった後その場でクラブを立てたまま球の行方を追っているような人が多い。

ボビー・ジョーンズほどのゴルファーがこんな言葉をわざわざ残すくらいなんだから、これに気がつく前には彼だって力一杯打って様々な失敗を経験したんだろう。
この「力一杯」ではないスィングの加減だけれど、ものの本によると「素振りくらいの力」でとも言うらしい...確かに、アイアンの素振りでフィニッシュでよろけるほど振る人は滅多にいない。
アイアンを打つ前には、ちょっとこの言葉を思い出して、大きめのクラブで素振りのような強さで打ってみるといいだろう。

そういえば、アイアン、特にロングアイアンでも軽く素振りのように振るプロのウィングに憧れたなあ。
ニック・ファルド、フレッド・カプルス、アーニー・エルス...あのコーリー・ペイビンでさえ、アイアンをフルショットしているようには見えなかった...
アイアンは「決まった距離」を打つクラブ、いわば「狙い撃ち」をするクラブなんだから、「力一杯」のスウィングなんて必要ないんだ、というボビー・ジョーンズの言葉...決して古くはない。

img_0-74


日常の感動はひと眠りで忘れてしまうが、「完璧に打てたボールがイメージ通りに飛んで、ピンの根本にぴたりとついた」そんな瞬間は生涯忘れない...ピーター・アリス。

まあ、本物のゴルフ狂の言葉だろう。
ゴルフをやらない人には、とても理解出来ない言葉だ。
それなのに...年齢も行って知識も教養も、ついでに地位まであるような大人達が、こんな言葉に「うんうん」とか「あるある、そんなこと」なんてうなずいてしまうのがゴルフ。

普通なら「日常生活の中の感動こそ人生の喜びだ」とか「どこにでも感動することはあるし、ひと眠りで忘れるなんて事は無い」「そんなひと眠りで忘れてしまうような「日常」を送っている人間は不幸な奴」...なんていうのが当たり前だろう。
それなのに、「たかが遊び」の「たかがゴルフ」で、こんな事が「生涯忘れない」感動だなんて納得する「ゴルファー」なんて人種は、絶対に普通じゃない。

それが、ゴルフを始めて90を切るくらいになると、この言葉が実感として判ってくる。
ゴルフというものを始めると、始めは誰でもその「飛距離の魅力」に熱中する。
人間がやるスポーツで、人の力で「ゴルフより遠くに飛ばす」スポーツはないのだ。
誰でもが、その「飛んで行くボールの浮遊感」に酔ってしまう。
どうやったらもっと飛ばせるか、もっと美しく、もっと遠くに、あるいはもっと高く、あるいはこんな風な弾道で...結果が分かりやすく努力の成果も納得しやすい、「飛距離追求の道」だ。
勿論、そのまんま「飛距離=命」で、死ぬまで飛距離の追求を続けるゴルファーも多いんだけど、多くのゴルファーはやがてもう一つのゴルフの魅力に出会い「新たな感動」の追求を始める。
それが、「ピンに絡む球の感動」の追求。
どんな場所、どんなライからでも、青空を切り裂いて緑のグリーンに向かう白い球筋...難しいグリーンの難しいピンの位置に対して、デッドに打ち込んでぴったりとつけバーディーを奪う...
当然、そんなショットなんて極稀に(あるいはまぐれで)しか打てないもんだから、打てたら感動するし(スコアそっちのけでね)、忘れない。
少なく無い割合のビギナーを脱したゴルファー達は、そんなピンに向かっていく白い弾道を、イメージ通りに宙を飛ぶボールを夢にまで見るようになる。

実際自分もゴルフを始めてしばらくは、パーシモンドライバーのペーパーファイバーのインサートにドンピシャで当たった糸巻きバラタボールの打撃音と、低く出て宙を3段ロケットで駆け上がる白いボールの弾道の夢を見ていたんだけど...
すぐにゴルフの夢は、イメージ通りに宙を飛んでピンに絡むショットの夢に変わっていった。
勿論今でもゴルフで見る夢は「ピンに絡む白いボール」。


...つまりゴルフって奴は、こんな普通じゃない言葉に納得するくらい「日常生活の感動を薄くさせる程のレベルの」強い感動を与えてくれるゲーム、というわけなんだ。
そして、こんな瞬間はゴルフのレベルにあまり関係なく、ただゴルフの女神の悪戯心で体験させてくれる事も多い。

そんな感動の瞬間をまだ体験した事のないゴルファーは、ゴルフをやめるなら今のうちだ。
これを体験してしまうと、もう生涯ゴルフの夢から覚める事が出来なくなるから。 

↑このページのトップヘ