ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

カテゴリ: ゴルフの名言勝手に解釈

img_0-59


「怒りは、ゴルフの最大の敵である」...トミー・ボルト。

このトミー・ボルトというプロゴルファーは、別名「サンダーボルト」と言われたように短気で有名なプロゴルファーで、「怒り」にまつわる数々の伝説を残している。
クラブをへし折るのは当たり前で、特にパターを折ったことは数えきれないほどあったらしい。
その度に、ドライビングアイアンつまり1番アイアンでパットをしていたとか...

キャディーバッグを池に放り込んで帰ってしまった、という話もいくつか書かれて残っている。

あの全米オープンで、アプローチが何度も同じところに戻って来たのに頭に来て、動いたボールを打って棄権してしまったジョン・デイリーも真っ青なほどのショート・テンパーだったんだろう。

多分当時のプロゴルファー達も迷惑はしたんだろうが、なぜかトミー・ボルトに関して残されている記録には、彼が「愛すべきキャラクター」であるかのように書かれているのが不思議だ。
ジョン・デイリーなんかは、あの件だけで「天下の悪人」みたいな言われようだったんだから。

その理由の一つがこんな言葉を残すように、本人も「自分の怒りの感情が自分のゴルフの最大の敵である」と自覚していたからなんだろうな、と思える。
「怒っちゃいけねえ!」「怒ったら負けだ」「落ち着け!」とか思いながら...簡単に切れちゃう自分にどんな思いをしてたのやら...それがなんだか愛すべき人間に見えてくる理由かも。

我々ヘボゴルファーだって、「怒り」が敵なのは同じこと。
まあその怒りが「コース」やら「同伴競技者」やら「不運」やらに向かうのは、単なるバカヤローだから反省して我慢して押さえるのが当たり前なんだけど...
問題なのは自分に対する「怒り」の感情。
「情けねえ」「俺は馬鹿だ」「何やってるんだ俺は..」等々の「自虐の怒り」。
これは困る。
落ち込み、悲しみ、あげくの果てに絶望するまでの怒り。

これ、我々のゴルフの最大の敵...下手すればゴルフに絶望してやめてしまうことだってある。
どうすればいいのか。
...私は色々経験したあげく、我々に簡単で一番効果があり、それなりにゴルフを続けていける方法を見つけた。

それは「言い訳」をすること!
怒りの感情で、ゴルフが嫌になりプレーすることが苦痛になるような時には、思いっきり「言い訳をして自分を救え!」って。
ただし、その言い訳は同伴競技者やコースについては極力避ける。
なるべく(アマチュアなんだから)「自分の仕事」を優先した結果だと考える。
なるべく「安いもの(ボールとかティーとか)」の所為だと思い込む。

「だから俺は悪くない!」

どうだ?
少しは血圧下がるだろ?

...つまり、「ゴルフをやめたくなかったら、懸命に言い訳を考えろ!」(大叩き男)って訳だ。
あれ?
こっちの方が「名言」かな(笑)?

img_0-58

「緊張してると感じたら、まずグリップの力を抜け」...ボビー・ロック。

「緊張してる」と感じること...言い換えれば「あがっている」「力が入っている」「足が震えている」なんて状態...つまり自分が「普通の状態」じゃないって感じる時全てだろう。
こんな時にゴルファーは知らず知らずのうちに、グリップに力が入ってしまう。
これはプロまで含めて、全てのゴルファーに当てはまる状態だと思う。

そうなるとどうなるか。

腕の前側の筋肉に力が入り、スムーズなバックスイングがし難くなり、肩の筋肉にも影響が出て十分な捻転も難しくなり、ぎこちないトップから肩と腕に力が入ったままのダウンスイングが始まり、ヘッドは走らず、外から入りやすくなり、ボールもろくに飛ばずに曲がりやすい球筋となる。
特に一昔前のグリップ...「右手の親指と人差し指を締めて、その作るVの字が右肩を指す」なんてやり方をしていると、ますます前腕の筋肉に力が入って動きがぎくしゃくしてくる。
(...以前はこの「親指と人差し指を締めろ」とうるさく言っていたプロも、今は「出来るだけ緩めた方がいい」と言うようになっている。)

ゴルフ場に住む魔女は、様々な機会を捉えては常にプレッシャーをかけて無駄な力を入れさせようとする。
景色であれ、スコアであれ、同伴競技者であれ、直前の大叩きであれ、やっと取ったバーディーでさえプレッシャーの元になる。

じゃあ、どうしたらいいか。
自分が「普通の状態じゃない」「ビビってる」「熱くなっている」なんて感じたら、意識してグリップの力を緩めればいい。
簡単に言えば、クラブを握っている手の力を抜く...かろうじて手から落ちないでいるくらいに極端に力を抜いてみる。

どうしてもうまく力が抜けないような時には、右手の親指と人差し指を伸ばしてグリップさせないで振ってみるといい。
ジョン・デイリーなんかは、右手と親指と人差し指を緩く伸ばしたままであの飛距離を出している。
つまり、この2本の指はスイングにも飛距離にもそんなに関係ないのだ。
人の一番力の入りやすいこの2本の指がグリップの力の入り過ぎ(力の入り過ぎたスイング)の元となっているんだから、意識してこの2本を使わないようにしたらグリップに力は入らない...って訳。

「ん? 俺はなんか普通じゃない?」と感じたら
まず意識してグリップの力(右手の親指と人差し指の力)を緩めてみる。
他の場所を緩めようとすると、あちこちが緩んでただのデレデレ脱力スイングになりやすく、ろくに当たりもしなくなるから気をつけて。

指先だけでいいんだからね(笑)。

img_1-4



「だから18ホールあるのさ。」...ベン・ホーガン。

なにが、「だから」なんだろう。
勝手にイメージが思い浮かぶ。
18ホールある...つまり、9ホールや10ホールじゃあない。
18個もホールがあるんだ。

スタートホール、ついやってはいけないミスを連発しての大叩き。
「久しぶりのゴルフ」「楽しみしていたゴルフ」の緊張と興奮とで、アベレージゴルファーには本当に「よくある事」だ。
それで、「ああ、未だ1ホールなのに今日は終わった。」なんて思う奴がホントに多い。
ただそれだけで、残りのホールを愚痴と後悔とぼやきと投げやりなプレーで重ねていって、結局一日を無駄にする。

あるいはせっかく無難なスタートを切ったのに、思わぬアンラッキーの大叩きですっかりやる気を無くして、途中から集中力の切れたようなギャンブルプレーばかりをするようになってしまって、あとに苦い思いを残すだけの様なラウンドを消化する。

そうかと思えば、順調に来た9番ホールでスコアの計算をしたとたんに、イージーミスが重なってハーフのスコアをボロボロにしてしまい、午後のハーフはすっかりやる気が無くなって投げてしまう。

..ゴルフというものは、18ホールになったことに諸説あるけれど、やっぱり18ホールは絶妙のホール数と思う。
18個の違うシーンの物語は、波瀾万丈、起承転結、紆余曲折、喜怒哀楽...多くの人が「人生」に例えるくらいにそれぞれにドラマが起ち上がる。
18ホールの間には、幸運や不運が交互に、嫌らしいくらいに絶妙に訪れる。
...だから、18ホールある。

始まったばかりの大叩きや、順調にいっていた途中ホールでの大波乱なんて、ゴルフやっていれば普通にあること。
なんでそんなことでいい年をした大人が、いつまでもクサったり怒ったりを繰り返して、勿体ない時間を浪費する?
18ホールあるんだ、途中で投げ出すなんて人生を途中で投げ出すのと同じこと...どうせそんなに長い道のりじゃあないんだから、18番まで楽しまなくてはもったいない...どうしてそう考えない?

つらい人生だって、ほんの少しの事で笑える瞬間もある。
生きていりゃこそ感じる、素晴らしい瞬間がある。
投げて不貞腐れて、眼を瞑り、耳を塞いで、悪い考えばかりで満たされた頭でフェアウェイを歩くなんて、なんて傲慢でなんて勿体ない。

集中して18番が終わって、「ああ、もう終わりなのか」なんて思った時だって多いだろう。
スコアなんて、あとで数えりゃあいいことだ。

「だから、18ホールある。」
何回か失敗したって、ゴルフってのは18回も楽しむチャンスがある。
何回かのアンラッキーなんて、忘れてしまえ...些細な事だ。



...さて、大叩きばかりの俺の人生、あと何ホール残っていたんだっけ?


img_0-55


「アベレージゴルファーの進歩は一打ずつではなく、一気にやってくる。」...ハーヴィー・ペニック。

ハーヴィー・ペニックは、世界的に名の知れたレッスンプロ中のレッスンプロ。
その言葉だもの、信じるよなあ...

それにこれこそ我らアベレージ凡ゴルファーの希望であり、夢であり、大叩きのどつぼにはまったゴルファー達の蜘蛛の糸...これを信じてるから、叩き潰されても跳ね返されても血と汗と涙の跡も乾かないうちに練習に行き、また夢を見てゴルフに行けるんだよなあ。
雨の日だって晴れの日だって、寒くたって暑くたって、風が吹こうと霧になろうと、練習場であんなに思い詰めた顔で打ち込んでいる人が沢山いる理由だって、この言葉を信じているからに違いない。

今までは100を切れなくても、90を切れなくても、きっと奇跡の大ジャンプをしていきなりワンステージ上のゴルファーに変身出来る。
90を切れないから80台じゃあないよ...きっと75くらいのスコアでいきなり回れる日が来るのさ...なんて夢を見て。
叩けばきっと扉は開かれる。
今はまだ女神も魔女も俺のことに気がついていなくても、俺の大ジャンプする順番はすぐそこまで来ているに決まってる。
いつまでたっても90切れないからって笑って見ているのも今のうち、1打や2打少なくなるんじゃなくていきなり10ストロークは少なくなるさ...それがペニック先生の言っている「一気の進歩」ってやつだろう。
今はきっとその力を溜めている時間なのさ。
次のラウンド、いやその次のラウンドか...遅くても今度の夏頃か...一気の進歩って奴が俺にたどり着くのは。
楽しみだなあ。
最近もスコアはちっとも良くならないし、コンペでも上位には入らないし、握りはずっと負けてるし、みんな俺をカモだと思っているんだろうけど、それは変身前に餌を撒いているだけの話。

なんつったって、ペニック先生が言ってることだもの間違いはない「一気の進歩」。
楽しみだなあ...いきなり上手くなる日が来るなんて。
そろそろだよね、俺の番。

...あのさあ、先生はレッスンするのが商売だからって、この言葉「営業トーク」じゃないよねえ。
絶対に、一気に上手くなる日が来るんだよね?

信じていいんだよね? 

img_0-54


「トラブルショットこそ ゴルフの醍醐味」...ボビー・ジョーンズ。

そうだ!
ゴルフってのはトラブルショットこそ面白い!

真っ平らで絶好のライからグリーンに乗っけたって、ちっとも面白くないじゃない。
なんたってゴルフってのは自然の中で遊ぶゲームだからね。
せっかくの自然が周りにあるんだから、その中で遊ばない手はないよ。
右の崖の下からだって、左の池の中からだって、打てりゃあどこから打ったっていいんだし。

「打てる」と思うかが問題さ。
「打とう」と決めたら、あとはアイデアと発想の勝負。
レッスンプロなんかが教えるスイングフォームなんてあてにならないよ...どう振ったらボールにちゃんと当たるかなんて、全部自分のアイデアとセンスの問題さ。
上げる、転がす、曲げる、トップさせる、ダフらせる、トウで打つ、ヒールで打つ、左で打つ、後ろに打つ...ルールん中ならなんでもありだ。
クラブだって、距離なんか関係なくドラバーからパターまで14本の中から、使い放題の考え放題アイデア次第。
一番面白いのは、最悪と言われるトラブルからのグリーン狙い...これが決まった日にゃあ、他の奴らのバーディーもイーグルもかすんでしまうさ!
例え上がって8だった、でもね。

...例えばさ、150ヤードも林の奥から転がしてグリーンオンとか、90度以上ひん曲げてフックやスライスで乗せちまうとか、ドライバーで薮の中ぶち抜いて100ヤードを乗せちまう、とか漫画じゃないけど反対側の木にぶち当てて後ろ100ヤードのグリーンに...とか。
上手く行ったら、末代までの語り草...まあ、殆どは失敗しての笑い者になるけどね。
単なる脱出だって、そうさ。
アンプレヤブルにするかトラブルショットに挑戦するかは、みんな自分が決めること。
怪我したり、自然を傷つけるなんて心配がないなら、あとはスコアとボール代の問題だ。
「醍醐味」を楽しむもよし、安全に行くのもまたゴルフ。

でも、「トラブルだあ..最低..」なんて落ち込んでいるより、「すげえトラブル! こりゃあ面白い」ってトラブルショットになる度に頭使って挑戦する方がずうっとゴルフを楽しめる。
ボビー・ジョーンズだって言っているんだぜ...トラブルショットこそ!..って。
上手く行ったら、最高に気持ちいいぞ...失敗したって、命までとられる訳じゃなし。

(ただね、スコアには結びつかない可能性が大きいし、お馬鹿と言われるかもしれないし(笑)。
相手に寄っちゃあ軽蔑されたり、お説教されたりするかもしれないのは覚悟した方が良いかもね。)


さて、ボールを沢山持ってるんなら、今のうちによく考えて心を決めておくことだ。
どうせ次のホールだって、2打目からはトラブルショットになるんだからね。

img_1-3


「ゴルフに逆転ホームランは存在しない。自滅によって決着がつくだけである。」...ベーブ・ルース。

ゴルフに逆転ホームランは存在しない...なんて、数々の逆転ホームランでアメリカの野球史を彩ったベーブ・ルース以外の人間が言った言葉だったら、説得力はないだろう。
そのベーブ・ルースが「自滅」によって決着がつくだけ、と言っているのは...なんだか自分たちと同じように痛い目にさんざん合っているゴルファーの言葉として好感を持ってしまうなあ。

きっと、ベーブ・ルースも野球と同じように、ゴルフでも逆転ホームランを狙ったことがさんざんあったに違いない。
逆転ホームラン、それも満塁サヨナラ逆点大ホームラン、なんかをね。
でも、多分、全部失敗したんだ(笑)。
そして自嘲とともに、「自滅によって決着がつくだけだ」と腹の底から納得した...

我々アマチュアヘボゴルファーも、身に覚えがあるだろう。
つまんないダボやトリを打った後、「ショートカットして300ヤードワンオンしてイーグルをとってやる」とか、「池越えのツーオン狙ってイーグルだ」とか、「真上から落としてホールインワンだ」とか...
その結果、今度はダブルパーや2桁叩いてますます崩れて行く。
ボールは自分が打たなくては、普通はまず自分から動こうとはしないものだ...誰かが何かをするとか、敵が邪魔をするとかも...普通はない。
ボールに災難や事故や悲劇が起きるのは、全て自分がボールに何かをしたからだ。
つまり原因も責任も全て自分にある...だから結果を怒るのも呪うのも悪態つくのも、全部自分に対するしかない...こんな状態になることを「自滅」という(笑)。

他のスポーツやゲームやギャンブルには逆転ホームランはあるかもしれないが、ゴルフには...ない。
ただ「バーディーやイーグルで取り返す」ことが出来るような気がしてしまう。
これが普通のゴルファーにとっては、妄想・誤解・根拠の無い勘違いだってことに気がつかない。
そこで簡単に取り返すことが出来るのなら、既にトップアマやプロになっている、と知るべき。

...ゴルフの女神は気まぐれなもので、ゴルフにより深く引きずり込むためにほとんどのゴルファーに時々「触れなば落ちん」風情を見せる。
どんなに酷いラウンド中でも一度か二度(本当は凄い偶然とラッキーの賜物なのに)、いかにも自分の力でとれたような気がするご褒美、バーディーやイーグルの甘い果実を味合わせる。
でもね、ここで自分を失っちゃあおしまいなんだよ...そのうしろには、自滅への深い闇が控えているぞ。
(...って、うーーん、なんだかねえ...書いていてゴルフって奴が、性悪女の誘惑に耐えて、持てない自分を自覚して行く貧乏坊主の修行みたいに見えて来たぞ。)

ともかく、ベーブ・ルースでさえ悟った「ゴルフに逆転ホームランは無い」って言葉、これからゴルフやる度にキモに命じておこうじゃないですか。 

img_0-53


ゴルフ史に永遠に残る、時代を代表する二人の巨人からのアドバイスだ。

アーノルド・パーマー
「ロングアイアンに怯える事はない。
他のアイアンが打てるならロングアイアンだって打てる。
...一般のゴルファーがミスをする原因は、ロングアイアンでスイングする時に他のアイアンより強く打とうとするからだ。」

ジャック・ニクラス
「2番アイアンだって、7番アイアンと同じようなリズムとテンポでスイングすればいい。」

...そうなんだよな。
多分そうなんじゃないか、と理屈では判ってるんだけどなあ。

ずっと前に、マスターズであのニック・ファルドが、2番アイアンをまるでショートアイアンのようにスイングするのを見て感動した事があった。
本当に、まるで9番アイアンかピッチングでも打つように柔らかくゆっくりと振って...見事にロングホールで2オンさせていた。
「あれだ!」と喜んだ俺は、すぐに練習場に行ってやってみた...が、2番アイアンで9番のようにと思って打ったボールは、情けなくお辞儀して100ヤード辺りでバウンドして転がって行くだけ...

スイングというものの基本がちゃんと出来ていない人間にとって、「2番をショートアイアンのように振る」というイメージは、ただ大きなクラブを「緩んで小さく」振るという結果になりやすい。
プロのショートアイアンのスイングは、「ゆっくり」とか「力を抜いて」とか形容されるけれど、実はスイングの基本に則って「しっかり」とスイングしている。
そしてそのスイングで、体じゃなくクラブヘッドがちゃんと仕事をしているのだ。

我々ヘボゴルファーは、まずこの「しっかりとしたスイング」を身につけるためにショートアイアンをしっかり打てるようにならなくてはならない。
その事で、「ロングアイアンをショートアイアンのように振る」事が出来るようになる土台が出来る訳だ。

まず140ヤード以内からなら、8割以上グリーンオン出来るくらいにショートアイアンがちゃんと打てなければ、やっぱりロングアイアンは難しい...と思う。
そして、ショートアイアンがちゃんと打てないのにロングアイアンばかり練習すると、「ボールを上げよう」とか「捕まえに行く」という形になり、引っかけやチーピンが多発する事にもなる。

...それでも(苦労に苦労を重ねて)もし、パーマーやニクラスの言うようにロングアイアンが打てるようになったら、(スコアはともかく)ゴルフの楽しみと喜びは倍増するだろう。なんたって、ショートウッドのように「カッポーン!」と打って後は風任せ...なんてのより、ロングアイアンで打ったボールには「これでどうだ!」って気合いと意思と根性が乗っているような気がするもの(笑)。
...そう、ロングアイアンを使うゴルフには、「戦う意思」が見える気がしないか?

おまけに、今新しい考え方として「ショートアイアンと同じ感覚でロングアイアンも振れる」というMOIマッチングと言うものが確立して来た。
これは自分で体験するしかないが、今迄のマッチングシステムのように少なくともショートアイアンとは全く別物のロングアイアンを別なスイングで作り上げる事をしなくて済む。
スイングが出来ていない人には決して簡単に易しくなる訳ではないが、「ショートアイアンもロングアイアンも同じ感覚でスイングを出来る」という合理的な条件が提供される。
ロングアイアンを打ちたい人は試してみる価値があるだろう。

例え自他ともに認めるヘタレだって、たまにはロングアイアンを使って「ボールに自分の気持ちを乗せて、いざ戦うゴルフへ!」...ってのは、どうだ?

img_0-52


Next is Best. ...チャーリー・チャプリン。


チャプリンといえば、印象に残るのは後ろ姿。
いつも果てしない真っすぐな道をどこまでも歩いて去って行く、後ろ姿が頭に浮かぶ。
実際にはそんなシーンはいくつもなかったのに、だ。

あの山高帽と窮屈そうな上着、だぶだぶのズボンに大きすぎる革靴。
そしていつもステッキを持ってリズミカルに動いて...
貧乏をものともしないで、いつも陽気に困難に立ち向かって行く...映画の中ではいつもそんな風にエネルギッシュでありながら、どこか哀愁の漂う愛すべき存在。

そんなチャプリンが大叩きの挙げ句、「Next is Best.」なんて言いながら去って行き、再びゴルフをするために果てしない真っすぐな道を帰ってくるなんて、凄く面白いイメージだと思わない?

映画の中のチャプリンから想像するゴルフは、典型的ダッファーでプレーは早いだろうがオールトラブルショットで、そのトラブルショットは上手いだろう(笑)。
マナーからいえば...金持ちと握ってやる時は、なんでもやるだろうなあ(笑)。
インチキし放題の、手品もどきのテクニックし放題...でも、楽しんでやる時は、必死に取り組んで感情は喜怒哀楽出し放題(笑)...粘って耐えて、投げたり諦めたりは絶対にしないだろう...?

一緒にプレーしたいか、といえば...どうだろう?
普通の人は、元気が出るか疲れ切っちゃうか...楽しいだろうけど。
俺は大好きだけど...多分一緒になって騒いで、えらく顰蹙を買うだろうなあ...で、もう「出入り禁止」なんて言われたりして(笑)。

でもこの言葉自体は、ゴルフに惚れたゴルファーなら全員に覚えがあるはず...こう思わなかったゴルファーなんて一人もいないとも思う。
それで捻くれていじけて投げて終わりじゃ、人生つまんないだろうねえ。
「次にはなんとかしてやるさ」が、ヘボゴルファーの心意気。
例え二枚目や金持ちじゃなくっても、恋する情熱だけは誰にも負けやしねえ...そうでなくっちゃ、行きてる価値も無いって訳さ。

Next is Best.
次こそは。

どうせまた、きっと多分、ほとんど全く、ほぼ完全に上手く行く事なんかあり得ないと思ってもさ、「きっと次ぎこそは俺のベストを!」。

ね。



img_0-51

「スコアカードから顔を上げて,本物のゴルフを楽しみなさい。」...ハロルド・ヒルトン。
(久保田滋「ザ・ゴルフ」芸術出版社より。)
久保田氏はこの言葉の前に
「大空、雲、美しいアンジュレーションと白いバンカー。」という言葉を紹介している。
同じような意味の違う言葉を以前聞いた事があったのだが、誰の言葉か思い出せなかったために久保田氏の著書の言葉を引用させていただく。

実に面白く奥が深いゲームであるゴルフにも、誰もが陥りやすい重大な欠陥がある。
それは、ある程度ゴルフに慣れて、スコアも100を切るのが普通になって来た人の多くが、ゴルフの目的が「スコアカードに記す数字だけ」となってしまうことだ。
「どんなプレーを楽しんだか」より、ただ「いくつで回ったか」だけが大事。
どのホールが美しかったか、どのショットが気持ち良かったか、どんな攻め方でプレー出来たかより、最後のラッキーのロングパットが入ってしまってバーディーだったという数字だけを記憶に残す。
スコアカードの数字の大小だけに一喜一憂し、小さければ大いなる喜びを得る代わりに、大きな数字だとこの世の不幸を一気に背負ったような気持ちになってしまう。
数字で自分の能力を過大評価したり、過小評価したり、大叩きをした原因のたった一打の運不運で神の存在を肯定したり、否定したり...身に覚えがないだろうか?
こうして、スコアカードの上の数字だけがゴルフの全てになってしまうゴルファーばかりになってしまう、という訳だ。

...あなたはその日のゴルフで、空を見上げた事が何回あっただろうか?
その日の雲の様子を覚えているだろうか?
その日の風を覚えているだろうか?
そのホールで聞こえた鳥の鳴き声に気がついただろうか?
そのホールの傍らに咲く花に目を留めただろうか?
...この前にゴルフをした時との、季節の移ろいの様子を感じただろうか?
あるいは、流れ行く時の香りの変化に気がついただろうか?

都会に住む人間にとってゴルフコースに遊ぶ事は、人の手の入ったものとは言え「自然」の姿を感じる事の出来る数少ない機会。
数字ばかりに気を取られて、小さなスコアカードから抜け出せない意識を解放してあげよう。
そのためにはスコアカードから、ちょっと顔を上げればいい。

顔を上げれば、君のいる空が見える。
空を行く雲が見える。
振り返れば、移ろい行く季節と君が歩いて来たホールがある。
もう一度前を見ると、彼方には目指すグリーンと、ピンフラッグが風に揺れている。
風と光と匂いが君を包む。
君がいる場所はそういうところだ。
それのすべてが「ゴルフ」なのだ...そしてそれが本物のゴルフ。
けっしてスコアカード上の数字だけがゴルフじゃあないってこと。

さて、そんなゴルフが本物だと理解した上で...この前より小さい数字を目指すのもいい。
まず、美しいホールで、自分の望む様なショットを打てる様に努力する事。
そして、以前より少しは少ないショットで上がる事を諦めろという訳じゃ、決して無い。
ただ、やっぱり数字が多くなったって、それがゴルフの全てじゃないって事だ。

...まずは、「さあ顔を上げて!」


img_0-49

「責めるのは自分自身以外にはないんだ」とでも言うのかなあ...
原文は
The Player has no one to blame but himself.

スコットランドの古いゴルフにまつわる格言だと言う。
blameは辞書で調べると「〜を責める」とか言う意味。

自戒の言葉として覚えておかなくちゃあねえ...俺は他のもののせいにしたがるんだ、いつも。
例えば、「天候のせい」「昨日の寝不足のせい」「仕事のせい」「同伴競技者のせい」「クラブのせい」「ボールのせい」「コースのせい」「ライのせい」「酒のせい」「あの女のせい」「あの男のせい」「自分の周りのみんなのせい」...あげくの果ては「貧乏神のせい」やら「ゴルフの女神のせい」までいっちまう。
ねえ、はじめっからボールは動かずに、俺が打つまで待っていてくれてるんだよねえ。
それを、俺が無理矢理引っ叩いて...そんな場所に打ったのは俺しかいないじゃないの。
それを何をとちくるってか、他のもののせいにしてさ。
しまいにゃあ、飛んでいった場所の木や草のせいにまでしてしまう。
「こんなところに木なんか植えやがって」なんて、自分がそこにわざわざ打ったのを忘れてやがる。

まったく、ゴルフをするたびに自分が馬鹿な人間だってのを自覚するんだから、俺は馬鹿だ。
それなのに、また行く時にはそれを忘れて、また同じことをやるんだから、俺は大馬鹿だ。
馬鹿を自覚するやつあ馬鹿じゃないって言うけど、毎回同じ馬鹿に気がつくってのは学習能力のない飛びっきりの大馬鹿もんてことに間違いない。
ホント、俺の皮一枚下は「馬鹿」ばっかりがつまっていてさ、吐き出すものは「自己嫌悪」ばっかりだ。

...でも考えてみると、他のことでそんなに自覚することはないんだから、ゴルフって奴は自分の本当の姿を映し出してくれる魔法の鏡みたいなもんだよなあ。
「鏡よ鏡よ...世界で一番馬鹿なのは誰ですか...」みたいな。

本当に毎回少しでも良いゴルファーになろうと努力はしてるんだけどなあ...後
悔も人一倍、反省も人一倍、やる気も根気も人一倍、向上心だってあるつもりなんだ。
だからさ、女神さん。

今年は少しだけ多めに、俺に幸運を分けてくれないかい?
上手くいかなくても、絶対に女神さんのせいにしないからさ...

↑このページのトップヘ