img_0-76

「レッスン書が増えるたびに 窒息するゴルファーが増えて行く」...ボブ・マーチン。

薄々感じてる人も多いだろう。
ゴルフスイングの新しい理論や、練習法や、チェックポイントなどの「評判になる」レッスン書が発売される度に、なんだかゴルフってものが複雑になって行くように思えてくること。

確かに「新しい」レッスン書には、「おおっ!」と思えるような内容が含まれている。
思わず「そうだったのか...」と、目の前が開けたような気にもなるだろう...
だが殆どの場合、しばらく実践していると「あれ?」と気がつく事が色々と出てくる。
「これは、前に呼んだあの本と同じ事じゃないか?」「これは、今まで練習して来た事と全く逆の事言ってるけど、これでいいんだろうか?」

ゴルフってゲームは、そもそも「地面に転がっているボールを、棒切れで遠くへ正確に飛ばそう」っていうゲーム。
こんな動きは人間の本来の身体の作りや自然な動きに逆らうものなのだ...だから、自分の本能のままに動くと、まずろくにボールに当たらないのが当たり前。
おまけになんとかボールに当たるようになると、今度は「本能的な動き」「自然な動き」は「行って欲しくない方向」へボールを打つ結果になると言う、ゴルフスイング最大の問題に直面する事になる(右の池を嫌がると右へ飛び、左のOBを嫌がると左にボールが行くと言う現象)。
だから動きに制限を加える。
例えば「頭を動かさない」「スエーしない」「肩を上下動させない」「脚をばたつかせない」等々...これらは、実は地面にあるものをなんとかしようと思った時に自然に出る動きを止める事でもある。
それに、普通の反応として「行って欲しくない方向から身体を背ける」なんて事も、結果として気持ちと反対の方向へボールを打つ事になる不思議を理解する等々。
...つまり、古来人類が育んできた自然な動きに反する「不自由な動き」こそが結果として正解、そしてそれがゴルフのスイングだと言う事を理解しなくてはいけない。

そんな不自由な動きを身体に覚えさせてボールを打って遊ぶには、まず大事なのが何度でも同じ動きが出来るように「再現性の高い動きを身につける事」。
これが一番大事だという事は古のゴルファーにも判っていたために、昔からゴルファー達はその習得に努力した。
結果、それぞれ自分の身体や心の特性に応じて、個性的だけど自分には再現性の高いスイングを時間をかけて身につけて行った。
で、その努力の過程をなるべく省いて、合理的で再現性の高いスイングを短い時間で身につけさせようというのが現代の世に数あるレッスン書の目的だ。

だが、多過ぎる。
どれも最終目標は同じはずなのだが...例えば「フッカー」と「スライサー」は逆の動きをしている。
例えば、身体の硬い人、柔らかい人、太った人と痩せた人、力持ちとひ弱な人、背の高い人や低い人...そのそれぞれが違う悩みがあるのを、どのレッスン書が救えるか?
世に出ている膨大な数のレッスン書の海から、まずは自分に必要なレッスン書を選ぶためのレッスン書が必要なんじゃないか...と思えるくらい正解を探すのは大変だ。
探しまわっているうちに、ゴルフそのものに窒息してしまう人も出て来るだろう。

窒息しない為には、新しい情報に流され過ぎない事、近道を狙っての浮気を繰り返さない事、簡単に上達する方法は無いと知る事、長く遊ぶ為には時間と金がかかると割り切る余裕を持つ事。
そしてこんな試行錯誤の全てが、「ゴルフの楽しみのうち」と心底思うこと。


貴方が良いゴルフ人生を送れるかどうかと言うのは、レッスン書とは全然関係ない事なんだから。