img_0-74


日常の感動はひと眠りで忘れてしまうが、「完璧に打てたボールがイメージ通りに飛んで、ピンの根本にぴたりとついた」そんな瞬間は生涯忘れない...ピーター・アリス。

まあ、本物のゴルフ狂の言葉だろう。
ゴルフをやらない人には、とても理解出来ない言葉だ。
それなのに...年齢も行って知識も教養も、ついでに地位まであるような大人達が、こんな言葉に「うんうん」とか「あるある、そんなこと」なんてうなずいてしまうのがゴルフ。

普通なら「日常生活の中の感動こそ人生の喜びだ」とか「どこにでも感動することはあるし、ひと眠りで忘れるなんて事は無い」「そんなひと眠りで忘れてしまうような「日常」を送っている人間は不幸な奴」...なんていうのが当たり前だろう。
それなのに、「たかが遊び」の「たかがゴルフ」で、こんな事が「生涯忘れない」感動だなんて納得する「ゴルファー」なんて人種は、絶対に普通じゃない。

それが、ゴルフを始めて90を切るくらいになると、この言葉が実感として判ってくる。
ゴルフというものを始めると、始めは誰でもその「飛距離の魅力」に熱中する。
人間がやるスポーツで、人の力で「ゴルフより遠くに飛ばす」スポーツはないのだ。
誰でもが、その「飛んで行くボールの浮遊感」に酔ってしまう。
どうやったらもっと飛ばせるか、もっと美しく、もっと遠くに、あるいはもっと高く、あるいはこんな風な弾道で...結果が分かりやすく努力の成果も納得しやすい、「飛距離追求の道」だ。
勿論、そのまんま「飛距離=命」で、死ぬまで飛距離の追求を続けるゴルファーも多いんだけど、多くのゴルファーはやがてもう一つのゴルフの魅力に出会い「新たな感動」の追求を始める。
それが、「ピンに絡む球の感動」の追求。
どんな場所、どんなライからでも、青空を切り裂いて緑のグリーンに向かう白い球筋...難しいグリーンの難しいピンの位置に対して、デッドに打ち込んでぴったりとつけバーディーを奪う...
当然、そんなショットなんて極稀に(あるいはまぐれで)しか打てないもんだから、打てたら感動するし(スコアそっちのけでね)、忘れない。
少なく無い割合のビギナーを脱したゴルファー達は、そんなピンに向かっていく白い弾道を、イメージ通りに宙を飛ぶボールを夢にまで見るようになる。

実際自分もゴルフを始めてしばらくは、パーシモンドライバーのペーパーファイバーのインサートにドンピシャで当たった糸巻きバラタボールの打撃音と、低く出て宙を3段ロケットで駆け上がる白いボールの弾道の夢を見ていたんだけど...
すぐにゴルフの夢は、イメージ通りに宙を飛んでピンに絡むショットの夢に変わっていった。
勿論今でもゴルフで見る夢は「ピンに絡む白いボール」。


...つまりゴルフって奴は、こんな普通じゃない言葉に納得するくらい「日常生活の感動を薄くさせる程のレベルの」強い感動を与えてくれるゲーム、というわけなんだ。
そして、こんな瞬間はゴルフのレベルにあまり関係なく、ただゴルフの女神の悪戯心で体験させてくれる事も多い。

そんな感動の瞬間をまだ体験した事のないゴルファーは、ゴルフをやめるなら今のうちだ。
これを体験してしまうと、もう生涯ゴルフの夢から覚める事が出来なくなるから。