img_0-73


「ゴルフというのは、150ヤード飛ばそうと思って打てば50ヤードしか飛ばず、50ヤード打とうと思って打てば150ヤード飛ぶものだ」...作者不詳。

古来からいわれているゴルフの「名言」の一つで、ゴルフの上達の重要なポイント...スイングの「ツボ」、「コツ」だという。

思い当たるのは、我々殆どの凡ゴルファーでも経験したことがあるだろう...「刻もうと思って打ったアイアンは良く飛ぶ」ということ。

「池まで150ヤードです」
「じゃあ140ヤード打つなら大丈夫だね。140ヤードは8番だけど、念のために130ヤードしか飛ばない9番で刻むよ。」
なんて選んだ9番アイアン。
どうせ刻みなんだからと、軽い気持ちでビュンと振る。
いい手応えで、池の手前...のはずが行ってみるとボールが無い。
なんといつもの7番の距離を9番で打ってしまった、ということになる。
「そういえば、あんなに軽く良い感触のショットって、普段のアイアンのショットじゃあ経験したこと無かったな。」
...普通のアイアンのショットでは、練習場で確かめた(つもりの)自分の番手の飛距離を必死に打つんだけれど、殆どの場合ショートする。
自分では7番が150ヤードのはずなのに、その距離をきっちり打ったことなんて殆ど無い。
...150ヤード打つつもりで、大ダフリで50ヤードなんてのは結構あったりするのに。

しかし、9番で150ヤードなんて練習場でも打ったことが無いのに、こんな気楽な刻みの時にその飛距離が出てしまう。
自分が打ったのに、自分の飛距離が信じられない...なんかの間違いなんじゃないのか?

9番で150ヤード...事実が教えてくれているのだ、これが自分が一番良いスイングを出来た時の最大飛距離なのだと。
これは「無駄な身体の力が抜け」て「ヘッドを走らせた」結果、ちゃんと「ヘッドが仕事をした」自分の最高のスイングが出来たということ。
これはスイングの「極意」だ。
この実際に自分が打てたスイングをいつでも再現出来るようになれば、ゴルフがガラリと変わるはず。
こんな時こそ、そのスイングの感触を身体が覚えているうちに、絶対に自分のモノにするように練習するべき。
(そのスイングを2回に一回でも再現出来るようになったとき、ゴルフの実力は数段上のクラスに進化したとも言える。)

でもね、150ヤード打とうとして50ヤードしか飛ばないのはわかるけど、スッと無心で振ったスイングが意外に飛距離が出るというのもわかるけど...50ヤード打とうとして150ヤードは飛ばないんじゃないかい?
名人達は、いつも150ヤードを「50ヤード打つつもり」で打っていたのかね?

古来のゴルフの名人さん達に聞きたいんだ...俺はどうやっても50ヤード打つつもりで150ヤードも飛ばないんだけれど、スイングに欠陥があるのか...心にやましいことがあるからなのか?

50ヤードでいい、50ヤードでいい、って言い聞かせて打つと...
本当に50ヤードしか飛ばないんだもの。