img_0-72

「ゴルフで大事なのは、力を抜くこと、ゆっくり振ること。 あなたの両腕には力が入り過ぎている」
...グレナ・コレット。

グレナ・コレットは1920〜30年代の、ゴルフ史上に残る美人ゴルファーとして有名な女性。

ゴルフの格言で「力を抜け」という言葉は、本当に沢山出てくる。
だが、この「力を抜け」ということは実に難しい。
勿論力を入れ過ぎて、体中がガチガチになってしまうのが悪いなんて事はみんな判っていることだろう。
しかし、そこで意識して「力を抜こう」と意識してスイングしても、いい結果になる事は殆ど無い...力を抜く加減も場所も、やり方がわからないのだ。
しかし、グレナ・コレットという美人ゴルファーは身長も160センチあまりで、残された写真を見ても女性として逞しいなんて言葉とは全く無縁な人のように見える。
そんな女性が『力を抜け』と言っている訳だから、我々が「普通に」スイングしようとしているつもりの力加減では、まだ強すぎるのだろう。

両腕もグリップも力を抜く...バイロン・ネルソンがこんな言葉を残している。
「スイングで本当に力が必要なのは、使ったクラブをバッグに戻す時だけだ」

使ったクラブをバッグに戻す時の力...思い当たるだろうか?
勿論、タイガー・ウッズがミスした後のクラブの戻し方を思い出してはいけない。
彼は虎を槍で刺し殺すくらいの勢いで、バッグにクラブをぶち込むんだから。

...普通に穏やかにクラブをバッグに戻す...あの力が最大だと言う。
それならグレナ・コレットが「あなたの両腕には力が入り過ぎている」というのも、意味が分かるだろう。

まあしかし、実際にやってみると難しい(笑)。
腕とグリップ、上半身と下半身、バックスイングとダウンスイング...バラバラに意識して考えると、とても出来たもんじゃない。
普通の人は力を抜いたつもりで振ると、いろいろな関節が緩んだだけの「タコ踊りスイング」になる。
飛ばないし曲るし気持ち悪いし格好悪い...スイングにリズムも締まりも全く無くなってしまう。
他に、力を抜いたつもりが単なるスローモーションスイングになってる人も多い。
力を抜いたら全然飛ばない、という人がこれ。

...正しく力を抜ければ、ゴルフの大事な何かをつかめる。
ポイントは身体の力を抜く目的が、「結果ヘッドに仕事をさせるため」と言う事。
つまり、練習で「身体の力を抜いてもヘッドスピードが上がり再現性も上がる動き」を追求するしかないんじゃないだろうか。
とりあえず、両腕の力を抜く事からはじめて。


毎回、練習場でボールを思い切り引っ叩いて気持ち良くなっていても、単なる欲求不満の解消にしかならないぞ。