img_0-69

「練習の最後の一球は、いい球を打って終れ。」...トム・ドーセル。

最後の一球てのは、記憶に残ってしまうんだそうだ。
...多分誰でも覚えがあるだろう?

長い時間練習して、沢山のボールを打って、そろそろ練習を切り上げようなんて思った、残りの一球。
「最後だからドライバー」とか「今日の仕上げだからウェッジでアプローチ」とか「今日やった練習の仕上げだ」なんて気持ちで臨む最後の一球。

それがまあまあのショットならいい。
ところが、ドライバーで打ったら、思ってもみなかった逆球が出た。
ウェッジで打ったらシャンクした。
仕上げのつもりが大ダフリ...

もうボールが無い。
どうするか?

ここでやめると、「逆球が出た」「シャンクした」「ダフった」とか言う事が、それまでの沢山の時間と数多くのボールを打った記憶を押しのけて、一番強く記憶に残ってしまう。
そして、例えば次のラウンドのスタートホールでのティーショット...必ずあの「逆球」が頭に浮かぶ。
あのシャンクや、あのダフリが頭に浮かぶ。

だから、「最後の一球はいい球を打って練習を終わらせなければいけない」、という訳だ。
ある人はもうワンコインとかもう10球打ってみる、ある人はこっそり使わないコースボールを打って悪い記憶を消すとか、ある人は連れのボールを借りていい球を打つとか...色々な人が色々な事をやっている。
なんにしたって、絶対に最後は悪い記憶や不安を残さないで練習を終わらせなくてはいけない。

自分にも覚えがある。
...最後の一球のアプローチがシャンクした...もうワンコイン打つのも面倒で、ついそのままやめてしまった。
そして、その嫌な記憶が残ったままの次のラウンドで、その不安なアプローチが本当にシャンクした...あとはもうボロボロ。

だから、必ず練習はいいボールを打って、いい記憶を残して切り上げる事。
最後の一球がミスショットで終わると、練習の結果に不安しか残らない。


...でもねえ、そうすると練習が永遠に終わらないような気もしてくるんだよねえ...
俺みたいに小心な男だと、「最後の一球」だと思うと緊張して 必ずミスしそうな気がするもの。