img_0-61


「風を嫌ってはならない。風はゴルファーの長所と欠点をはっきり教えてくれる。」...ハリー・バードン。

本当にそう思う。
個人的には、雨というのは面倒が多くなるばっかりで、素人にとってはスイングとやる気との両方を壊すものでしかないと思う。
おまけにグリップが滑ったりして、自分も他人にも怪我をさせかねない...だから雨の日のゴルフは大っ嫌い。

でも風の日のゴルフは違う。
よく「自分の持ち球はフェードボールだ」とか「自分はドローボールが持ち球だ」なんて言う人がいるけれど、風の強く吹く日にゴルフをすればそれが本当か勘違いかすぐ判る。
自分でそう言う人達のほとんどは、「フェードボールヒッター」や「ドローボールヒッター」ではなく、ただの「スライス打ち」か「フック打ち」なのだ。
...本当の「フェードボール」や「ドローボール」は、不思議になほど風に翻弄されないもの。
対してスライスボールやフックボールは、笑ってしまうほど風にもてあそばれてとんでもないところに行ってしまう。
これは、本物のフェードやドローのボールというのは、サイドスピンの横に曲がる力より直進する力が強い為に、意外なほど風の影響を受けないという事らしい。
これについては、ボビー・ジョーンズが「ダウン・ザ・フェアウェイ」の中で、「正しく打たれたボールは驚くほど風の影響を受けない」とも書いているくらい。

それが、フェードもどきのスライスボールや、ドローもどきのフックボールは横回転が強いために、思っている何倍も風に影響されてしまうのだ。
風の中でゴルフをプレーして、いつもの何倍も曲がったり飛ばなかったりというのは、風が「お前の打っているのはサイドスピンの多いスライスやフックだよ」と教えてくれている訳だ。

ボールの弾道や飛距離もそう。
北風と太陽ではないけれど、なんとしても風に負けまいとすればするほどボールは風に負けて吹き上がる...力を入れれば入れるほど、ボールが飛ばなくなる。
そうして風との格闘に疲れ果てた時に、フッと優しくボールを運んでやるようなつもりでスイングすると意外にボールが伸びて飛んで行く、なんて事を経験した事は誰でも一度はあると思う。
しかし、たいていの人は何かの間違いか気のせいかと思って、それを続けようとはしない...
それこそ、その時のスイングが君の一番いいスイングだ、って風が教えてくれているのに。

そして、心構えも必要だ。決して「追い風が同じ数あるはずだ」、なんて思ってはいけない。
追い風や都合の良い風を願ってはいけない。
「風が吹くときは必ず向かい風」と、覚悟してゴルフをする事だ。


これは、理屈じゃない。
ゴルフも人生も、そういうものだと決まっているんだから。