img_0-57


「ゴルフは下手ほど見栄っぱり 短い番手で打ちたがる」...ウォルター・ヘーゲン。

確かに。
特にパー3のホールなんかじゃあ、相手が何番で打ったかが気になる。
そして、相手が使った番手より長いアイアンで乗せるってことが、「恥ずかしい」なんて気になってしまう。
相手の方がピンに近くても、一番手短いアイアンで打ってグリーンに乗っていれば、勝った気分になってグリーンに向かえる。
酷い時には、手前にグリーンオンした相手より、同じ番手でグリーンオーバーした人の方が胸を張って態度が大きくなることだってある。
時には2番手も短いアイアンで乗せられたりすると、ちゃんとピン近くに乗せていても肩身が狭い思いでボールをマークする時だってある。
...本当は、今の時代のアイアンの番手なんて全く参考にならないのに。
同じメーカーの同じ種類のアイアンでもない限り、ソールに着いている番号の比較は全く無意味。
メーカーが違えば、同じ番号でも1番手から2番手以上ロフトが違うなんてことは普通にあるんだから。

それよりも、このウォルター・ヘーゲンの時代は、どのメーカーも基本的なアイアンのロフトは同じだったはず。
その時代には、この言葉は今より「プライド」がかかったもっと強い意味があったんだろう。
ただしこの言葉、ヘーゲンは「アンダークラビングしたがる」と言っている。
アンダークラビングというのは、フルスイングでギリギリ届くようなクラブを選ぶこと。
その反対がオーバークラビング...その通りの少し大きいクラブを使うこと。

つまり、「見栄なんか捨てて、アンダークラビングよりオーバークラビングする方がいい」...同じことを、ボビー・ジョーンズは「アイアンを力一杯打たないようにしてから、強くなれた」と言い、ヘイル・アーウィンは「アイアンは8分ショットで打つようにしてから、もっと強くなった」と言っている。

短い番手で乗せることを自慢するより、見栄を捨てて大きめの番手で楽に乗せることが大事だ...そういう意味でもある。


...ただね、「下手」にとってはオーバークラビングをして「8分ショット」を打つ...これが結構難しい。
 自分の力(飛距離)を過信しているものだから、大きな番手のクラブを持つと「八分ショット」のつもりがただの力の抜けた「緩んだ」スイングになっちまって、大体ミスになる。
そうすると、「やっぱり短いクラブでしっかりフルショットした方がミスにならない」なんて考えて、また短い番手のクラブをブンブンフルスイングする見栄っ張りのヘタクソに戻ってしまう。 

「力一杯打たない」・「8分ショットを打つ」って事をきちんと出来るようになるには、やっぱりそう言う練習をしなければいけないって事。
練習場でもしっかりそう言うショットの練習をしなければ、コースでいきなり上手くは行かないって事をキモに命じておく事だ。