img_0-54


「トラブルショットこそ ゴルフの醍醐味」...ボビー・ジョーンズ。

そうだ!
ゴルフってのはトラブルショットこそ面白い!

真っ平らで絶好のライからグリーンに乗っけたって、ちっとも面白くないじゃない。
なんたってゴルフってのは自然の中で遊ぶゲームだからね。
せっかくの自然が周りにあるんだから、その中で遊ばない手はないよ。
右の崖の下からだって、左の池の中からだって、打てりゃあどこから打ったっていいんだし。

「打てる」と思うかが問題さ。
「打とう」と決めたら、あとはアイデアと発想の勝負。
レッスンプロなんかが教えるスイングフォームなんてあてにならないよ...どう振ったらボールにちゃんと当たるかなんて、全部自分のアイデアとセンスの問題さ。
上げる、転がす、曲げる、トップさせる、ダフらせる、トウで打つ、ヒールで打つ、左で打つ、後ろに打つ...ルールん中ならなんでもありだ。
クラブだって、距離なんか関係なくドラバーからパターまで14本の中から、使い放題の考え放題アイデア次第。
一番面白いのは、最悪と言われるトラブルからのグリーン狙い...これが決まった日にゃあ、他の奴らのバーディーもイーグルもかすんでしまうさ!
例え上がって8だった、でもね。

...例えばさ、150ヤードも林の奥から転がしてグリーンオンとか、90度以上ひん曲げてフックやスライスで乗せちまうとか、ドライバーで薮の中ぶち抜いて100ヤードを乗せちまう、とか漫画じゃないけど反対側の木にぶち当てて後ろ100ヤードのグリーンに...とか。
上手く行ったら、末代までの語り草...まあ、殆どは失敗しての笑い者になるけどね。
単なる脱出だって、そうさ。
アンプレヤブルにするかトラブルショットに挑戦するかは、みんな自分が決めること。
怪我したり、自然を傷つけるなんて心配がないなら、あとはスコアとボール代の問題だ。
「醍醐味」を楽しむもよし、安全に行くのもまたゴルフ。

でも、「トラブルだあ..最低..」なんて落ち込んでいるより、「すげえトラブル! こりゃあ面白い」ってトラブルショットになる度に頭使って挑戦する方がずうっとゴルフを楽しめる。
ボビー・ジョーンズだって言っているんだぜ...トラブルショットこそ!..って。
上手く行ったら、最高に気持ちいいぞ...失敗したって、命までとられる訳じゃなし。

(ただね、スコアには結びつかない可能性が大きいし、お馬鹿と言われるかもしれないし(笑)。
相手に寄っちゃあ軽蔑されたり、お説教されたりするかもしれないのは覚悟した方が良いかもね。)


さて、ボールを沢山持ってるんなら、今のうちによく考えて心を決めておくことだ。
どうせ次のホールだって、2打目からはトラブルショットになるんだからね。