img_0-51

「スコアカードから顔を上げて,本物のゴルフを楽しみなさい。」...ハロルド・ヒルトン。
(久保田滋「ザ・ゴルフ」芸術出版社より。)
久保田氏はこの言葉の前に
「大空、雲、美しいアンジュレーションと白いバンカー。」という言葉を紹介している。
同じような意味の違う言葉を以前聞いた事があったのだが、誰の言葉か思い出せなかったために久保田氏の著書の言葉を引用させていただく。

実に面白く奥が深いゲームであるゴルフにも、誰もが陥りやすい重大な欠陥がある。
それは、ある程度ゴルフに慣れて、スコアも100を切るのが普通になって来た人の多くが、ゴルフの目的が「スコアカードに記す数字だけ」となってしまうことだ。
「どんなプレーを楽しんだか」より、ただ「いくつで回ったか」だけが大事。
どのホールが美しかったか、どのショットが気持ち良かったか、どんな攻め方でプレー出来たかより、最後のラッキーのロングパットが入ってしまってバーディーだったという数字だけを記憶に残す。
スコアカードの数字の大小だけに一喜一憂し、小さければ大いなる喜びを得る代わりに、大きな数字だとこの世の不幸を一気に背負ったような気持ちになってしまう。
数字で自分の能力を過大評価したり、過小評価したり、大叩きをした原因のたった一打の運不運で神の存在を肯定したり、否定したり...身に覚えがないだろうか?
こうして、スコアカードの上の数字だけがゴルフの全てになってしまうゴルファーばかりになってしまう、という訳だ。

...あなたはその日のゴルフで、空を見上げた事が何回あっただろうか?
その日の雲の様子を覚えているだろうか?
その日の風を覚えているだろうか?
そのホールで聞こえた鳥の鳴き声に気がついただろうか?
そのホールの傍らに咲く花に目を留めただろうか?
...この前にゴルフをした時との、季節の移ろいの様子を感じただろうか?
あるいは、流れ行く時の香りの変化に気がついただろうか?

都会に住む人間にとってゴルフコースに遊ぶ事は、人の手の入ったものとは言え「自然」の姿を感じる事の出来る数少ない機会。
数字ばかりに気を取られて、小さなスコアカードから抜け出せない意識を解放してあげよう。
そのためにはスコアカードから、ちょっと顔を上げればいい。

顔を上げれば、君のいる空が見える。
空を行く雲が見える。
振り返れば、移ろい行く季節と君が歩いて来たホールがある。
もう一度前を見ると、彼方には目指すグリーンと、ピンフラッグが風に揺れている。
風と光と匂いが君を包む。
君がいる場所はそういうところだ。
それのすべてが「ゴルフ」なのだ...そしてそれが本物のゴルフ。
けっしてスコアカード上の数字だけがゴルフじゃあないってこと。

さて、そんなゴルフが本物だと理解した上で...この前より小さい数字を目指すのもいい。
まず、美しいホールで、自分の望む様なショットを打てる様に努力する事。
そして、以前より少しは少ないショットで上がる事を諦めろという訳じゃ、決して無い。
ただ、やっぱり数字が多くなったって、それがゴルフの全てじゃないって事だ。

...まずは、「さあ顔を上げて!」