img_0-44


「ダウンヒルでも、アップヒルでも ボールは常に高い方の足の近く」...ジャック・バーク。

たまには、名人達の技術的なアドバイスも。
ゴルフ理論てのは、ちゃんと打てる名人が後から理屈を付けたものが多くて、読んで理解するには非常に判りにくいものが多い。
そして、我々大人になって(年をとって)ゴルフを始めたアマチュアは、そんな小難しい理論を懸命に覚えても頭の理解通りに体が動くはずもなく、いざボールを打つ瞬間にはそんなことはなんの役にも立ちやしない。
なにせ、殆どのゴルファーはインパクトの瞬間には記憶喪失になっているらしいから。
「ああ、そう言えば...」なんて勉強した結果を思い出すのは、失敗したショットを反省と後悔とともに見送った後ばっかりだ。

だけど技術的な事でも、こんなシンプルな一言なら結構忘れないで覚えているかもしれない。
曰く「斜面では、左足上がりでも下がりでも、ボールは高い足の方」ってね。
面白いことに、こうしてボールの位置を変えると斜面に対して打ちやすい立ち方になる。
これだけで、最小限のミスショットで済む確率が高くなる。
そして大事な事は、斜面では基本フルショットはダメという事...プロみたいなスーパーショットは絶対に夢見ちゃいけない。

同じようなことで、以前レッスンの取材をしたプロが、「つま先上がりやつま先下がりは、ボールの位置は真ん中でいい」なんてこと言っていたなあ...
そして(そんなところにボールを打った自分がいけないんだから)、「傾斜地からのショットは、トラブルから脱出する為であって、そこから番手なりの飛距離の普通のショットを望んじゃいけない」、ってことも言ってたっけ。

「斜面での打ち方」についての余計な難しい理屈は置いといて、こんなことだけでも覚えていると結構プレーに思い切りがでてくる。
「どう打ちゃいいんだ?」なんて迷いが無くなり、その上謙虚な気持ちでショットすれば、斜面の傾斜あるスタンスでのショットもそう大したミスにはならないだろう。
やっちゃいけないのはミスがもっと酷いミスになるショット...ミスを取り返そうと言う欲と迷いが更にミスを呼び、結果ビッグスコアを叩き出して、せっかくの楽しみなラウンドの一日を台無しにしてしまう。

ボールの位置を定めて、より大きなミスを呼び込まないように、「そこそこ」のショットで傾斜からの脱出を目指すだけでいい。
それで、一日の楽しみが先に続く。
そして、次のショットで「グッショッ!」なんて言えたらいい(笑)。