img_0-43


「まず打って、それから悩め!」...パティ・バーグ。

いろいろと「ショットの前に球筋をイメージ」、とか「最高のショットをイメージ」とか描いて来たけど、これはその正反対。
私なんか、こっちの方に大賛成(まあ、どうせ大した事悩んでないし)。

...この前一緒になったゴルファーは、ショットの前にナイスショットや球筋のイメージを、キチンと浮かべる人らしかった。
ティーグラウンドで、自分のボールをセットした後しばらく目を閉じて動かない。
もう一度、ボールのロゴと打つ方向を修正する。
おもむろにアドレスに入った後、何かのイメージを待っているらしくじっと動かない。
一秒、二秒、三秒...果てしない時間の後、ショットする。
その打った球がイメージ通りだったかどうかはわからないが、コースを隅々迄縦横に使ってプレーしている。
パットまでいいイメージを「待っている」らしくて、ロゴを合わせてフェースを合わせ、構えたあと後動かなくなる。

毎ショット毎ショットいいイメージを待っているらしいその仕草は、毎ショット毎ショット他の同伴競技者に逆に悪いイメージと苦痛を膨らませて行く。

そして遂には、善良で争いごとの嫌いなゴルファー達に、「いいから、早く打てよ!」なんて言葉を吐かせてしまう。

...パティ・バーグは「最高のショットのイメージや、打ちたい球筋がすぐに浮かばなくて悩んでいるなら、打つ前に悩まないで、さっさと打て!」と言っているんだと思う。
決断力のない人間に対して「打つ前にいいイメージを出せ」なんて言うのは、「スロープレーをしろ」と言っているのと同じこと。
ホールを見て、ボールをセットして...すぐに心が決まらないなら、待っていてもみんなの迷惑だから、とりあえず打ってそれから悩めばいい...きっと悩みの形がはっきりしてるだろうからさ。

...最近売り出し中のプロにも、パットは「ラインがはっきり決まるまで打たない」と言って、グリーン上でスロープレーが取りざたされている者が多いようだし、普通のアマチュアゴルファーの中にも、プロのまねをして何やら儀式が多くなっている人がいる。

でも、すべてのゴルファーの中で一番嫌われるのは「スロープレーのゴルファー」。
(インチキするゴルファーは、すぐにみんなに相手にされなくなるから論外)
ただ、不思議な事に評判の「スロープレーヤー」と言う人程、自分が遅いとは思っていない様に見える。
自分にとっては良いショットを打つ為に必要なルーティーンをやっているに過ぎない、と思っている。
その結果が殆ど良いショットではなかったとしても、だ。
これは最近の雑誌やテレビなどからの情報にも責任がある。
誰もなりたくてスロープレーヤーになっているのでは無いはずなんだから。

「少し遅いかも」と思ったら、とりあえず打っちまえ。
その後で、反省でも悩みでもすればいい...どうせ我々アベレージ前後のヘボゴルファー、少しくらい多く叩いたって「スロープレーな奴」と思われるよりずっといい。

それに、後でミスショットを酒の肴に「反省」するのも、ゴルフの大きな楽しみの一つだろ?