img_0-41


「バンカーショットは教科書通り。あと必要なのは勇気だけだ。」...ジーン・サラゼン。

まあ、ゴルフを初めて一年もすれば、誰でも「バンカーの打ち方」というのは知っているはず。
どんなレッスン書にも、初心者用の入門書にも絶対に書いてあることだ。
多少のニュアンスの違いはあっても、「バンカーショット」なるものの基本は同じはずだ。

...一応、バンスの効いた「サンドウェッジ」を使うものとしての話だけれど。
俺がゴルフを始める遥か以前、ジーン・サラゼンがサンドウェッジを発明するまでは、バンカーショットというものはえらく技術のいる技だったらしい。
それがサンドウェッジというクラブのおかげで、勇気さえあれば誰でもバンカーから出せるんだ、と彼は言っているわけ。

バンカーショットの打ち方...一般的な教科書に載っているのは「スタンスはオープン、グリップはオープン、コックを使いボールの下をスタンス通りに振り抜く」なんてことだろう。
あとは「ハンドファーストに構えない」とか「左足重心」だとかも書かれている...

「勇気が必要」とはどういうことかというと、「今までの失敗の記憶を忘れろ」ということ。
勇気がなくて、失敗の記憶に負けてビビりながら打つと、腕が縮んでボールに直接当たってホームランになったり、振り抜けずにただのダフりになったりしやすい。
つまり、せっかくのバンスを使えないショットになって失敗する事が多くなる。

...面白いのはこれを書いたジーン・サラゼンでさえ、バンカーショットの失敗の記憶があまりに強く、それを克服するために練習を重ねたあげくサンドウェッジを発明した、なんて言うエピソードが残っている。
そんな彼がバンカーショットの名手と言われるようになるには、実際に練習とクラブの発明と「勇気」が必要だったんだって。

当然、やっとグリーン近くまで来たのに、バンカーのおかげで数えきれないくらいの「地獄」を経験してしまった我々には(グリーン近くでの失敗の記憶は傷が深いのだ)、そんな記憶を消して勇気を出すなんて至難の業。
こんな時に当たり前に書かれた教科書なんて(その失敗経験から)、全く信じていないのが普通のアベレージゴルファー。
...本当は教科書通りになんて出来たことないのに、教科書に書いてあることを信じたからバンカーで失敗したとまで思い込んでいる被害妄想のゴルファーたち。

認めるのは「教科書通りに出来なかったから、失敗した」ので、「教科書通りにやったから失敗した」なんて思わないこと。

さあ、辛い記憶の数々と被害妄想の思い込みを頭から振り捨てて、「教科書通り」に「勇気」を振り絞ってショットしてみよう。
きっと出る(と思う)...簡単に出る(はず)。
間違いなく出る(といいんだけど)。

フェースを少しオープンにしてグリップ、スタンスは目標方向にややオープン、左足に重心をかけて、ヘッドを少し前の感じで構えて、早めにコックして、ボールの下の砂を振り抜く!

...出なかったら、勇気が足りなかったんだよ、きっと。