ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

2017年05月

img_1-3


「ゴルフに逆転ホームランは存在しない。自滅によって決着がつくだけである。」...ベーブ・ルース。

ゴルフに逆転ホームランは存在しない...なんて、数々の逆転ホームランでアメリカの野球史を彩ったベーブ・ルース以外の人間が言った言葉だったら、説得力はないだろう。
そのベーブ・ルースが「自滅」によって決着がつくだけ、と言っているのは...なんだか自分たちと同じように痛い目にさんざん合っているゴルファーの言葉として好感を持ってしまうなあ。

きっと、ベーブ・ルースも野球と同じように、ゴルフでも逆転ホームランを狙ったことがさんざんあったに違いない。
逆転ホームラン、それも満塁サヨナラ逆点大ホームラン、なんかをね。
でも、多分、全部失敗したんだ(笑)。
そして自嘲とともに、「自滅によって決着がつくだけだ」と腹の底から納得した...

我々アマチュアヘボゴルファーも、身に覚えがあるだろう。
つまんないダボやトリを打った後、「ショートカットして300ヤードワンオンしてイーグルをとってやる」とか、「池越えのツーオン狙ってイーグルだ」とか、「真上から落としてホールインワンだ」とか...
その結果、今度はダブルパーや2桁叩いてますます崩れて行く。
ボールは自分が打たなくては、普通はまず自分から動こうとはしないものだ...誰かが何かをするとか、敵が邪魔をするとかも...普通はない。
ボールに災難や事故や悲劇が起きるのは、全て自分がボールに何かをしたからだ。
つまり原因も責任も全て自分にある...だから結果を怒るのも呪うのも悪態つくのも、全部自分に対するしかない...こんな状態になることを「自滅」という(笑)。

他のスポーツやゲームやギャンブルには逆転ホームランはあるかもしれないが、ゴルフには...ない。
ただ「バーディーやイーグルで取り返す」ことが出来るような気がしてしまう。
これが普通のゴルファーにとっては、妄想・誤解・根拠の無い勘違いだってことに気がつかない。
そこで簡単に取り返すことが出来るのなら、既にトップアマやプロになっている、と知るべき。

...ゴルフの女神は気まぐれなもので、ゴルフにより深く引きずり込むためにほとんどのゴルファーに時々「触れなば落ちん」風情を見せる。
どんなに酷いラウンド中でも一度か二度(本当は凄い偶然とラッキーの賜物なのに)、いかにも自分の力でとれたような気がするご褒美、バーディーやイーグルの甘い果実を味合わせる。
でもね、ここで自分を失っちゃあおしまいなんだよ...そのうしろには、自滅への深い闇が控えているぞ。
(...って、うーーん、なんだかねえ...書いていてゴルフって奴が、性悪女の誘惑に耐えて、持てない自分を自覚して行く貧乏坊主の修行みたいに見えて来たぞ。)

ともかく、ベーブ・ルースでさえ悟った「ゴルフに逆転ホームランは無い」って言葉、これからゴルフやる度にキモに命じておこうじゃないですか。 

img_0-53


ゴルフ史に永遠に残る、時代を代表する二人の巨人からのアドバイスだ。

アーノルド・パーマー
「ロングアイアンに怯える事はない。
他のアイアンが打てるならロングアイアンだって打てる。
...一般のゴルファーがミスをする原因は、ロングアイアンでスイングする時に他のアイアンより強く打とうとするからだ。」

ジャック・ニクラス
「2番アイアンだって、7番アイアンと同じようなリズムとテンポでスイングすればいい。」

...そうなんだよな。
多分そうなんじゃないか、と理屈では判ってるんだけどなあ。

ずっと前に、マスターズであのニック・ファルドが、2番アイアンをまるでショートアイアンのようにスイングするのを見て感動した事があった。
本当に、まるで9番アイアンかピッチングでも打つように柔らかくゆっくりと振って...見事にロングホールで2オンさせていた。
「あれだ!」と喜んだ俺は、すぐに練習場に行ってやってみた...が、2番アイアンで9番のようにと思って打ったボールは、情けなくお辞儀して100ヤード辺りでバウンドして転がって行くだけ...

スイングというものの基本がちゃんと出来ていない人間にとって、「2番をショートアイアンのように振る」というイメージは、ただ大きなクラブを「緩んで小さく」振るという結果になりやすい。
プロのショートアイアンのスイングは、「ゆっくり」とか「力を抜いて」とか形容されるけれど、実はスイングの基本に則って「しっかり」とスイングしている。
そしてそのスイングで、体じゃなくクラブヘッドがちゃんと仕事をしているのだ。

我々ヘボゴルファーは、まずこの「しっかりとしたスイング」を身につけるためにショートアイアンをしっかり打てるようにならなくてはならない。
その事で、「ロングアイアンをショートアイアンのように振る」事が出来るようになる土台が出来る訳だ。

まず140ヤード以内からなら、8割以上グリーンオン出来るくらいにショートアイアンがちゃんと打てなければ、やっぱりロングアイアンは難しい...と思う。
そして、ショートアイアンがちゃんと打てないのにロングアイアンばかり練習すると、「ボールを上げよう」とか「捕まえに行く」という形になり、引っかけやチーピンが多発する事にもなる。

...それでも(苦労に苦労を重ねて)もし、パーマーやニクラスの言うようにロングアイアンが打てるようになったら、(スコアはともかく)ゴルフの楽しみと喜びは倍増するだろう。なんたって、ショートウッドのように「カッポーン!」と打って後は風任せ...なんてのより、ロングアイアンで打ったボールには「これでどうだ!」って気合いと意思と根性が乗っているような気がするもの(笑)。
...そう、ロングアイアンを使うゴルフには、「戦う意思」が見える気がしないか?

おまけに、今新しい考え方として「ショートアイアンと同じ感覚でロングアイアンも振れる」というMOIマッチングと言うものが確立して来た。
これは自分で体験するしかないが、今迄のマッチングシステムのように少なくともショートアイアンとは全く別物のロングアイアンを別なスイングで作り上げる事をしなくて済む。
スイングが出来ていない人には決して簡単に易しくなる訳ではないが、「ショートアイアンもロングアイアンも同じ感覚でスイングを出来る」という合理的な条件が提供される。
ロングアイアンを打ちたい人は試してみる価値があるだろう。

例え自他ともに認めるヘタレだって、たまにはロングアイアンを使って「ボールに自分の気持ちを乗せて、いざ戦うゴルフへ!」...ってのは、どうだ?

img_0-52


Next is Best. ...チャーリー・チャプリン。


チャプリンといえば、印象に残るのは後ろ姿。
いつも果てしない真っすぐな道をどこまでも歩いて去って行く、後ろ姿が頭に浮かぶ。
実際にはそんなシーンはいくつもなかったのに、だ。

あの山高帽と窮屈そうな上着、だぶだぶのズボンに大きすぎる革靴。
そしていつもステッキを持ってリズミカルに動いて...
貧乏をものともしないで、いつも陽気に困難に立ち向かって行く...映画の中ではいつもそんな風にエネルギッシュでありながら、どこか哀愁の漂う愛すべき存在。

そんなチャプリンが大叩きの挙げ句、「Next is Best.」なんて言いながら去って行き、再びゴルフをするために果てしない真っすぐな道を帰ってくるなんて、凄く面白いイメージだと思わない?

映画の中のチャプリンから想像するゴルフは、典型的ダッファーでプレーは早いだろうがオールトラブルショットで、そのトラブルショットは上手いだろう(笑)。
マナーからいえば...金持ちと握ってやる時は、なんでもやるだろうなあ(笑)。
インチキし放題の、手品もどきのテクニックし放題...でも、楽しんでやる時は、必死に取り組んで感情は喜怒哀楽出し放題(笑)...粘って耐えて、投げたり諦めたりは絶対にしないだろう...?

一緒にプレーしたいか、といえば...どうだろう?
普通の人は、元気が出るか疲れ切っちゃうか...楽しいだろうけど。
俺は大好きだけど...多分一緒になって騒いで、えらく顰蹙を買うだろうなあ...で、もう「出入り禁止」なんて言われたりして(笑)。

でもこの言葉自体は、ゴルフに惚れたゴルファーなら全員に覚えがあるはず...こう思わなかったゴルファーなんて一人もいないとも思う。
それで捻くれていじけて投げて終わりじゃ、人生つまんないだろうねえ。
「次にはなんとかしてやるさ」が、ヘボゴルファーの心意気。
例え二枚目や金持ちじゃなくっても、恋する情熱だけは誰にも負けやしねえ...そうでなくっちゃ、行きてる価値も無いって訳さ。

Next is Best.
次こそは。

どうせまた、きっと多分、ほとんど全く、ほぼ完全に上手く行く事なんかあり得ないと思ってもさ、「きっと次ぎこそは俺のベストを!」。

ね。



img_0-51

「スコアカードから顔を上げて,本物のゴルフを楽しみなさい。」...ハロルド・ヒルトン。
(久保田滋「ザ・ゴルフ」芸術出版社より。)
久保田氏はこの言葉の前に
「大空、雲、美しいアンジュレーションと白いバンカー。」という言葉を紹介している。
同じような意味の違う言葉を以前聞いた事があったのだが、誰の言葉か思い出せなかったために久保田氏の著書の言葉を引用させていただく。

実に面白く奥が深いゲームであるゴルフにも、誰もが陥りやすい重大な欠陥がある。
それは、ある程度ゴルフに慣れて、スコアも100を切るのが普通になって来た人の多くが、ゴルフの目的が「スコアカードに記す数字だけ」となってしまうことだ。
「どんなプレーを楽しんだか」より、ただ「いくつで回ったか」だけが大事。
どのホールが美しかったか、どのショットが気持ち良かったか、どんな攻め方でプレー出来たかより、最後のラッキーのロングパットが入ってしまってバーディーだったという数字だけを記憶に残す。
スコアカードの数字の大小だけに一喜一憂し、小さければ大いなる喜びを得る代わりに、大きな数字だとこの世の不幸を一気に背負ったような気持ちになってしまう。
数字で自分の能力を過大評価したり、過小評価したり、大叩きをした原因のたった一打の運不運で神の存在を肯定したり、否定したり...身に覚えがないだろうか?
こうして、スコアカードの上の数字だけがゴルフの全てになってしまうゴルファーばかりになってしまう、という訳だ。

...あなたはその日のゴルフで、空を見上げた事が何回あっただろうか?
その日の雲の様子を覚えているだろうか?
その日の風を覚えているだろうか?
そのホールで聞こえた鳥の鳴き声に気がついただろうか?
そのホールの傍らに咲く花に目を留めただろうか?
...この前にゴルフをした時との、季節の移ろいの様子を感じただろうか?
あるいは、流れ行く時の香りの変化に気がついただろうか?

都会に住む人間にとってゴルフコースに遊ぶ事は、人の手の入ったものとは言え「自然」の姿を感じる事の出来る数少ない機会。
数字ばかりに気を取られて、小さなスコアカードから抜け出せない意識を解放してあげよう。
そのためにはスコアカードから、ちょっと顔を上げればいい。

顔を上げれば、君のいる空が見える。
空を行く雲が見える。
振り返れば、移ろい行く季節と君が歩いて来たホールがある。
もう一度前を見ると、彼方には目指すグリーンと、ピンフラッグが風に揺れている。
風と光と匂いが君を包む。
君がいる場所はそういうところだ。
それのすべてが「ゴルフ」なのだ...そしてそれが本物のゴルフ。
けっしてスコアカード上の数字だけがゴルフじゃあないってこと。

さて、そんなゴルフが本物だと理解した上で...この前より小さい数字を目指すのもいい。
まず、美しいホールで、自分の望む様なショットを打てる様に努力する事。
そして、以前より少しは少ないショットで上がる事を諦めろという訳じゃ、決して無い。
ただ、やっぱり数字が多くなったって、それがゴルフの全てじゃないって事だ。

...まずは、「さあ顔を上げて!」


img_0-50


「紳士のスポーツがゴルフなのではない。ゴルフが紳士を作るのだ。」...バーナード・ショー

これは昔ゴルフを始めた頃に聞いてメモしていた言葉だが、改めて調べてみると、久保田滋氏の編集した「ザ・ゴルフ」(出版芸術社)に
「ゴルフが紳士淑女のスポーツだとする意見には反対だ。ゴルフをやる事で、紳士淑女になるというなら賛成だ。」...バーナード・ショー
という言葉があった。
多分原文はこういった意味だったのではないかと思う。

自分がなぜ30代半ばまでゴルフをやらなかったかというと、当時知り合いにゴルフをやっている人がいなかったためと、テレビや新聞等で見かける「ゴルフ」のイメージが酷く悪かったからだ。
テレビでは、レッスン番組みたいなもので「ゴルフ」を見かけたが、どこぞの社長やら重役やらのお年寄りが、何とも珍妙な格好でボールを打ち、力なく飛んでいくボールを「ナイスショット!」とか言ってプロもおべっかを言う...それはなんだか、「功なり名遂げた成功者達」が散歩気分で「紳士ごっこ」を遊ぶ球遊びか、みたいな印象だった。
そして、テレビなどニュースでよく「緑の待ち合い」とか言われていた。
政治家なんかがゴルフをしながら、誰にも聞かれずに「密約」をしたり「共謀」を測ったりする場...それに加えてその「待ち合い」なんて言葉には、淫靡で何やら怪しげな印象があったし...

それが、実際にプレーしてみると...これは「さすがイギリス発祥」の凄いゲームでありスポーツだった!
それは山登りやロッククライミングに似ていて、「日々同じ条件のない自然を相手に、自分の持てる限りの技術と情熱と頭脳で、最善の攻略ルートを見つけ出し、どんなに不運とアクシデントに見舞われようとも、決して諦めずに耐えて目的地にたどり着く!」...
おまけにその凄さの極めつけは、「審判がいない!」。
いくらでもインチキもズルもし放題...どこの場面でも堕落への誘惑の手が伸びてくるのだ!

こんなものは他にはない。
これに惚れ込んで熱中するものが、外見はともあれ「心は立派な紳士」にならないはずがない。
だからこの言葉が心に響く。

...ただ、これに耐えた上でも「悪魔」は誘惑の手を緩めない。
スコア..つまり数字の誘惑だ。
ゴルフはあくまでスポーツでありゲームであるのだから、最終的に数字で優劣あるいは順位を競う宿命がある。
そして熱中するあまりに数字にすべてを賭けるようになると、いろいろなものを逆に失う事になる。
数字にだけ拘るとゴルフというのは、鈍感で残酷で冷酷、打算と卑怯さ、自分勝手で唯我独尊、力と自然破壊、「数字さえ少なければ、誰よりも偉い」「より少ない数字で回る事が出来れば、なにをやっても良い」と言う醜い存在を生み出す事になる。

...我々はゴルフを楽しんで「心の紳士」になりたいと願う。
己自身の弱さと醜さ、自己嫌悪と後悔と反省と懺悔の気持ちに打ちひしがれながらも、精一杯の痩せ我慢と空を見上げて胸を張り、緑のフェアウェイを歩きたいと思う。
見た目はボロボロでも、「俺はお天道さんに顔向けて歩いて行けるぜ」ってね。


くれぐれもスコアの誘惑に負けて、努力した結果「嫌な奴ほどゴルフが上手い」なんて忌み嫌われるような存在にならないようにね。

img_0-49

「責めるのは自分自身以外にはないんだ」とでも言うのかなあ...
原文は
The Player has no one to blame but himself.

スコットランドの古いゴルフにまつわる格言だと言う。
blameは辞書で調べると「〜を責める」とか言う意味。

自戒の言葉として覚えておかなくちゃあねえ...俺は他のもののせいにしたがるんだ、いつも。
例えば、「天候のせい」「昨日の寝不足のせい」「仕事のせい」「同伴競技者のせい」「クラブのせい」「ボールのせい」「コースのせい」「ライのせい」「酒のせい」「あの女のせい」「あの男のせい」「自分の周りのみんなのせい」...あげくの果ては「貧乏神のせい」やら「ゴルフの女神のせい」までいっちまう。
ねえ、はじめっからボールは動かずに、俺が打つまで待っていてくれてるんだよねえ。
それを、俺が無理矢理引っ叩いて...そんな場所に打ったのは俺しかいないじゃないの。
それを何をとちくるってか、他のもののせいにしてさ。
しまいにゃあ、飛んでいった場所の木や草のせいにまでしてしまう。
「こんなところに木なんか植えやがって」なんて、自分がそこにわざわざ打ったのを忘れてやがる。

まったく、ゴルフをするたびに自分が馬鹿な人間だってのを自覚するんだから、俺は馬鹿だ。
それなのに、また行く時にはそれを忘れて、また同じことをやるんだから、俺は大馬鹿だ。
馬鹿を自覚するやつあ馬鹿じゃないって言うけど、毎回同じ馬鹿に気がつくってのは学習能力のない飛びっきりの大馬鹿もんてことに間違いない。
ホント、俺の皮一枚下は「馬鹿」ばっかりがつまっていてさ、吐き出すものは「自己嫌悪」ばっかりだ。

...でも考えてみると、他のことでそんなに自覚することはないんだから、ゴルフって奴は自分の本当の姿を映し出してくれる魔法の鏡みたいなもんだよなあ。
「鏡よ鏡よ...世界で一番馬鹿なのは誰ですか...」みたいな。

本当に毎回少しでも良いゴルファーになろうと努力はしてるんだけどなあ...後
悔も人一倍、反省も人一倍、やる気も根気も人一倍、向上心だってあるつもりなんだ。
だからさ、女神さん。

今年は少しだけ多めに、俺に幸運を分けてくれないかい?
上手くいかなくても、絶対に女神さんのせいにしないからさ...

img_0-48

「ルールは二つ知っていればいい。 あるがままにプレーすること。自分に有利に判断しないこと。」...ハリー・バードン。

ゴルフに対する基本的な向かい方を言っている言葉だ。

「あるがままにプレーすること」
これはゴルフの一番の基本で、あるがままの状態のボールをプレーするからこそ「ゴルフ」なのだ。
「6インチプレス」なんて言って、常にどんなライからでもボールを動かして芝の上から打つなんてのはゴルフじゃあない。
それなら練習場で打ってればいいし、変なライが嫌だったらゲートボールでもやってればいい。
ただし、スコアをつけずに、ただ自然の中でボールを打つことだけを楽しみにして散歩のようにコースを回る為に、打ちやすいライにボールを動かすというのは「あり」かもしれない。
ただし、これは「ゴルフ」ではなく「ゴルフのようなもの」「散歩のついでの球遊び」なんだけど。
ボールを悪いライから動かして、それでスコアをつけるなんていうのは「嘘つき」「詐欺師」と同じで、「ゴルフを知らない人」ということを証明しているだけだ。

「自分に有利に判断しないこと」
これは、基本的な精神のことだと思う。
いつもそう判断していれば、「不正」や「卑怯」や「人間性の卑しさ」からは遠いゴルファーになれる、と。
ただし、この言葉の通りの判断であってもルール違反になることもあるから、要注意!
つまり、絶対に自分に不利に判断しても、ペナルティーが付くことがある...だから、やっぱりルールブックは読んでいた方がいい、という話になるんだが。
...恥ずかしい話だが、自分にもこんな経験があった。
まだゴルフを始めていくらも経ってない頃、とある競技の予選でのこと...ティーショットを引っ掛けて左サイドのブッシュに打ち込んでしまった。
そこは運良く修理地の杭が立っていて、無罰でドロップできることに...ピンと結んだラインの後方線上を見ると、植えられたばかりの花壇で奇麗に花が咲いている。
その花壇はなぜか修理地の杭の外で、ルール通りに処置しようとするとそこにドロップしなければならない...で、自分に不利になるのだからいいだろうと、花壇のさらに後方に(3メートルくらい)下がってドロップしてプレーを続けた。
で、ラウンド後に「誤所からのプレーで失格」。
正直、その頃はあまりルールブックを読んでいなかったために、自分に有利にならなければいいだろうくらいにしか思っていなかった(恥)。
(でも、今なら花壇の中にドロップしてプレーするかと言われれば...やっぱりしないで、更にアンプレヤブル処置をして花壇を避ける方法をとるかな。元々そこに打ち込んだ自分が悪いんだし。)

「6インチプレース」をする人や、自分に不利にならないようにしか考えない人は、それでスコアカードに書く数字が少なくなりさえすれば、ほかはどうでもいいんだろう。
そんなゴルファーモドキの「インチキゴルフ」は、常に意地汚くコソコソしていて、他人の失敗をひたすら祈り、隙有ればその足を引っ張ろうとする、もの凄く醜いモノになりやすい。

「あるがままにプレーする」「自分に有利に判断しない」
こんな気持ちを常に持ち続けている人たちと、俺は一緒にプレーをしたい。
スコアはどうなるかわからないけれど、プレー後は絶対に気持ちがいいだろう。
「ああ、今日はいいゴルファーと出会えた」
「スコアはともかく、楽しいゴルフが出来た」って。


↑このページのトップヘ