img_0-37


「ゴルフは一度で三回も楽しめる。
コースに行くまで、プレー中、プレー後、だ。
ただし、内容は
期待・絶望・後悔の順に変化する。」・・・・アーサー・バルフォア

アーサー・バルフォアは1800年代から1900年代にかけての人物、英国首相。

変わらないね。
100〜200年前のゴルファーも、現代のゴルファーも。
それにしても、毎回毎回同じことの繰り返し...なのに、どうしてみんなゴルフをやめないんだろうねえ。
ゴルフをやらない人にすれば、まだ日も上らない早朝に喜び勇んで出かけて行って、夜空に星が瞬く時間に命の半分を失ったほどに項垂れて帰ってくる、大きな荷物を抱えた人物は、理解不能の不審者にしか見えないだろう。

こんなに叩かれても叩かれても、不死鳥のように(ゾンビのように、とも言う)いつの間にか蘇って、また挑戦し続けるエネルギーをもっと生産的なものに向ければ、人はもっと人生に成功できるんじゃないか、なんてことさえ思う。
でも、何度でも同じことを繰り返すっていうのは、言い換えれば自分も含めてゴルファー(特にアベレージゴルファー)って奴は、基本的に学習能力に欠け、記憶力にも重大な欠陥がある人間ということでもある...まあ、社会生活の上では「ダメ人間」の部類だよな。

...考えてみれば、ラウンド後(どんなひどいラウンドの後でも)一週間も経つとだんだん湧いてくる、あの「根拠の無い希望」と「裏付けの無い自信」てのはいったいなんなんだろう。
「ああすれば良かったんだ。」
「これを使えば良かったんだ」
「今度は上手くいく」
「これでいいスコアが出る」
「今度は絶対に上手く行く」

この理由を探すと、以前の沢山のラウンドの中から何十回に一回の「自分が打ったスーパーショットの記憶」が基本にある...そういうショットをつなげて行けば「自分ができるはずのラウンド」が頭に思い浮かぶのだ。
自分にも打てた事があるんだから、こういうスコアが出るはずだ...自分には此処までできる能力があるって。

うん、できるだろう(その間の何十発のミスショットを考えなけりゃ)。
できないってことは無い(たった1発でも打てたんだから)。
体調と、天気と、道具と、コースと...何より、そこに住んでいる女神が自分を気に入ってくれたら、可能性はゼロって訳じゃない(ラッキーがひたすら続けば)。
そうだ、できる!(仕事が忙しくなけりゃ)
自分にはきっとできる!(....)


え? この前のラウンド?
さあ・・・いくつだったか忘れちゃったなあ。
ゴルフ行ったっけ?



...ああ、次のラウンドが待ち遠しい。