img_0-34

「ドライブはクローズド、ロングアイアンはスクエア、ショートアイアンはオープン」...トミー・アーマー。


どうだろう。
我々は近代スイングとやらの「常識」で、スタンスを固定しすぎてはいないだろうか?
「スクエア」が一番大事、「スクエア」にしなくちゃいけない。
ドローやフェードも、スクエアスタンスから打つ。
「目標迄レールが敷いてあるとイメージして」スクエアを意識する。
スタンスも膝のラインも腰も肩も、スクエアでなければならない。
...等々。

だけど、やってみれば判るけど、スクエアスタンスからドロー、フェードを打ち分けるなんて相当の上級者でなければ無理。
せいぜいシャフトが思い切り寝てしまったり、腰がダウンで引けたり右肩が出たり、でボールにろくに当たらないかとんでもない方向に行ってしまうのがオチだろう。

ノーマンやカプルスだって、持ち球以外の球筋のボールを打とうとするときは、思い切りスタンスの向きを変えるんだから。

で、この言葉だ。
目的のボールを打つクラブによってスタンスを変える...ロングドライブ用にはクローズド、正確な方向が必要なクラブではスクエア、上げたい止めたい引っ掛けたくない時にはオープン...その方が結果が良いと。

自分なりの解釈では、「何が何でもスクエアが一番なんて固定概念に縛られるな」、なんて意味だと思っている。
そして、こうして意識してスタンスを考えることによって、球筋のイメージが明確になってこないか?
「こうじゃなくてはいけない」ではなくて「こうしたいからこうする」、という能動的な姿勢になってこないか?
一番いけないのは、コースからのプレッシャーや自分の技術に対する不安から、無意識のうちに右を向いてしまったり左を向いてしまったりすること。
こういう受動的なスタンスの向きの変化は、当然ミスがどんどん多くなる結果を生む。

トミー・アーマーの本来言った意味とは違ってくるんだけれど、その場面場面でスタンスを変えて攻めてみるっていうのは、自分の選択の幅が広がり受け身のミスを減らすことになるんじゃないか。
コースにやられっぱなしのミスで打ち拉がれるより、こんな風に攻める意識でラウンドした方が気持ちよくラウンドできる気がする...たとえスコアが変わんなくてもね。

トミー・アーマーは「使うクラブによってスタンスは変わる」と言っている訳だけど、どうせなら「打ちたい球筋によってスタンスはどんどん積極的に変える」なんてのはどうだろう?
なんだかコース中暴れ回りそうな気もするけれど、コースと戦っている気がして気持ち良いような気もするだろ?
元気な人にお勧めです(笑)。

ただ、少しは練習しとかないと「逆球」が出るからね、気をつけてね(笑)。