img_0-29
「バンカーはけっして欲張ってはいけない。出すだけで満足せよ.」...ハリー・バードン。

プロのバンカーショットはカッコいい。
スパッと砂を薄く切り取って、「大きい!」と思わせてバックスピンでカップ近くに戻す。
「これは寄せるなんて無理だろう」なんていうバンカーから、ピタッと止まる球を打つ。
あるいは遠いピンに対して、トロトロと転がる足の長い球を打つ。

それは凄いことだし、羨ましいことだけど、自分でそれをやろうとしちゃあいけない。
我々がそれをイメージしてやろうとすると、
まず「薄く砂をとってスピンを」なんて思ったら、間違いなくホームランかトップしてバンカーの土手を直撃するだろう。
「止まる球を」なんて思ったって、ボールが勝手にブレーキをかけてくれない限り無理な話。
「良く転がる足の長い球を」なんてイメージした日には、ダフリダフリでバンカーから出やしないだろう。

だからハリー・バードンは、「出すだけで満足せよ」と言っている。
まずグリーンに乗せることを考えるのだ。
ピンの位置は関係なく、バンカーから脱出できてグリーンに乗せることが出来たらそれで満足せよ、と。
...プロは毎日バンカーの練習をしている。
それに比べて我々普通のアマチュアは、バンカー...砂のあるところで練習することなんて殆どないだろう...公園の砂場なんかでやって警官に注意されたり、海水浴場でクラブを振って怒られてる人は見かけるけれど。
そんな我々がプロと同じバンカーショットをやろうなんてのは無理も無理、うまくいったように見えるものだってただの偶然に過ぎない。

バンカーショットは次に「パター使える」ことが出来ればが大成功なのだ。
次にパター使うことが出来れば、あとはパットの勝負となる。
うまくいって1パットなら、サンドセーブ。
スーパーバンカーショットを打ったのと同じだ。
そして普通なら、2パットでカップイン出来るだろう...グリーン上だもの。
それは、「バンカーに入れた」ということで「一つペナルティー」を払うのはしょうがないことだ...自分が入れたんだし。
3パットしたりするのは,バンカーショットではなくパットが下手なため...反省すべきはパットの下手さ加減ということ。

どうだろう,そう考えると「バンカーからグリーンに乗せる」だけなら難しくはないだろう。
ピンに向かわず、グリーンの広い方に「出す」ことだ。

思い出してみようぜ...普通我々のバンカーショットは「ピンが近いとオーバーし,ピンが遠いとショートする」。
それって、殆どピンの位置に関係なく、「結果的に」グリーンのセンター近くに「出しちゃってる」んじゃない?

それって、本当は正しいバンカーの脱出法だったんだ!
自信を持とうぜ、ご同輩。