img_0-21

「ゴルフは言い訳で始まって、言い訳で終わるゲームだ」...ハーヴイー・ペニック。

ペニックは有名なレッスンプロ、というか、ベン・クレンショーやトム・カイトを育てた名コーチ。
言葉はそのままの意味。
要は、「だけど、あまり言い訳なんかするんじゃない」という意味だろう。
言い訳するのは見苦しい、言い訳はみっともない、男らしくない、情けない、かっこ悪い、傲慢である、なんて、心の内が透けて見えるようで聞き苦しいから「言い訳なんか言うものじゃない」。

確かに、いちいち言い訳を言うゴルファーとはあまり一緒に回りたくないし、言い訳を言う自分も好きじゃあない。

ただ俺はかなり以前に、頼まれて書いたエッセイで顰蹙を買ったことがあるんだけれど、「アマチュアゴルファーは『言っても良い言い訳』がある」と思っている。
...それは、『仕事』の言い訳。
トップアマと呼ばれる人の多くは、「アマチュア」とはいいながら実際には殆ど仕事をせずに、一週間に3日も4日もゴルフをしている。
それは、例えば練習場の経営者だとかゴルフショップ経営だとか、あるいは「飲食店経営』とか言いながら実際は他の人に店を任せて自分はゴルフ三昧なんて人達だ。
...それに比べて、普通のアマチュアゴルファーは一週間に5日以上仕事をしている。
みんな生活のために家族のために必死で働いて、残った時間と生活費以外の給料の残りを遣り繰りしてゴルフをしている。
毎日仕事をちゃんとやってこそのゴルフなのだ。

だから、ゴルフの予定や試合の予定が決まっていても、決してそれに合わせて優先的にスケジュールを調整するなんて事は出来ない。
当然、ゴルフの前日までに何とか仕事を終わらせようと、寝る時間を削ったり、徹夜したりして無理をしなくちゃいけない。
それでも、急な仕事が入ったりで、ラウンド当日に万全の状態でゴルフをやれるなんて事は滅多にない。
せっかく練習してたのに寝不足で身体が思うように動かなかったり、仕事で腰を痛めてしまったり、何週間も練習出来なかったり、言い訳や愚痴を言いたくなるのも当然だろう。
でも、それがアマチュアゴルファーの普通の姿なのだ。

(「道具が」とか、「運が」とか、「同伴競技者が」とか、「キャディーが」とかの言い訳は本当に見苦しい。
そんな言い訳をするヤツは軽蔑されて当然だ。)

ゴルフの女神さんも「仕事が忙しくって...」って言い訳ならば、きっと許してくれるはず。
「俺は家族の為にちゃんと仕事をやったんだ!」って言い切れるならね。



...それでも言い訳しない奴って、やっぱり格好いいけどね。