img_0-5

「悪いショットはすぐに忘れろ 良いショットは繰り返し頭に入れておけ」 チャールズ・ムーア

ゴルフでは、大事な場面で大きなミスショットをした場合、また同じような場面に出くわしたときに同じようなミスをしてしまうことが多い。
ミスの記憶がミスを呼ぶというわけだが、我々誰もがこのことは思い当たるんじゃないか?

「ゴルファーは皆、自分の言葉に責任をとってしまう」、なんて言葉もある。
「なんだか池に入りそうだな..」とか、「引っかけてOBになりそうだ」とか、「右に行きそうだ」なんて口に出して呟いたとたんに、その言葉通りの結果になってしまう。
「いいライだけど、ダフるかも」とか、「こんなとこでシャンクなんかしたら大変だな」なんて言葉にした途端に、それが現実になる。
...思い当たる事ばかりだろう?
打つ前の不安、自信喪失、弱気、嫌な予感、なんてモノが頭を過ると、すぐにそれが現実のものとなる。
「ああ、やっぱり」
「そうなると思った」
「いつもそうだもんな」
「おれが上手く打てる訳無いんだ」
ミスした後、妙に納得して安心したりする。

それじゃあ、進歩は無い。
その場所にいつまでもいる事が楽しいし安心する、と言うならしょうがないが、少しでも「良いショットを打ちたい」とか「もっと上手くなりたい」、「同じミスを繰り返すのは嫌だ」なんて思っているなら、まず考え方を変える事だ。

悪いショットのイメージを記憶していいことは一つもないし、打ち終わってしまったショットを悔やんだって、絶対に元には戻らない。
だから、昔からの有名なゴルファーや評論家が口を揃えて言っている。
「悪いショットは、すぐに忘れろ!」って。
そのかわりに、良いショットのイメージを繰り返し頭の中に入れておいて強く記憶しておけば、自分本来の良いリズムで打つことが出来るし、余計なプレッシャーや恐怖感に襲われることもない、というわけだ。

ただ、ゴルフってのは真面目に取り組めば取り組むほど、「自分のプレーの責任は、全部自分にある」ということが判ってくるから、なんだか必要以上に自分を責めてしまうことが多いんだよね。
特に普段真面目で誠実で、何事にも真っ正直に取り組む「いいひと」は、一つの失敗をいつも繰り返し後悔し、反省し、次にはなんとかしたいと思っているから、結果的に悪い記憶ばかり増えてしまい、プレッシャーのかかる同じ様な場面に出くわすとそればかりが頭に浮かんで来てしまう。
俺は、ゴルファーの8割は「いいひと」で「悲観論者」じゃないかと思っている。

でも自分を責めてもスコアは良くならない。
反省しすぎても萎縮してしまうだけ。
気分転換は簡単じゃないけど、その時自分に出来るのは「次のショットを打つだけ」なんだよね。
そして、「次のショット」は、過去と関係ない新しい体験なんだ。
自分の記憶の底からひっくり返して、見つけて欲しい...良いショットの記憶を。
中には、とても自分が打ったとは思えないくらい「すんばらしいショット」だってあったはずだ。
「プロよりすげえや」なんてヤツだってあったかもしれない。
そういうショットだけ覚えておこう。
良いショット、凄いショットだけ頭に残しておけば良い。
次にショットを打つときは、まず上手く行ったショットを頭に浮かべる...それから打てば良い。
もし悪いショットの記憶が頭に浮かんだら、もう一度アドレスからやり直す。
そしてそれが浮かぶ前に打ってしまう。
それでいい。

もし失敗しても、その時に一応反省したら、すぐに忘れればいい。

案外、ゴルフのプレーの「ツボ」なんじゃないかな、この言葉。
俺みたいに、「悪いプレーは、なかったことにする」ってし過ぎるのも、問題かもしれないけど。