ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-61


「風を嫌ってはならない。風はゴルファーの長所と欠点をはっきり教えてくれる。」...ハリー・バードン。

本当にそう思う。
個人的には、雨というのは面倒が多くなるばっかりで、素人にとってはスイングとやる気との両方を壊すものでしかないと思う。
おまけにグリップが滑ったりして、自分も他人にも怪我をさせかねない...だから雨の日のゴルフは大っ嫌い。

でも風の日のゴルフは違う。
よく「自分の持ち球はフェードボールだ」とか「自分はドローボールが持ち球だ」なんて言う人がいるけれど、風の強く吹く日にゴルフをすればそれが本当か勘違いかすぐ判る。
自分でそう言う人達のほとんどは、「フェードボールヒッター」や「ドローボールヒッター」ではなく、ただの「スライス打ち」か「フック打ち」なのだ。
...本当の「フェードボール」や「ドローボール」は、不思議になほど風に翻弄されないもの。
対してスライスボールやフックボールは、笑ってしまうほど風にもてあそばれてとんでもないところに行ってしまう。
これは、本物のフェードやドローのボールというのは、サイドスピンの横に曲がる力より直進する力が強い為に、意外なほど風の影響を受けないという事らしい。
これについては、ボビー・ジョーンズが「ダウン・ザ・フェアウェイ」の中で、「正しく打たれたボールは驚くほど風の影響を受けない」とも書いているくらい。

それが、フェードもどきのスライスボールや、ドローもどきのフックボールは横回転が強いために、思っている何倍も風に影響されてしまうのだ。
風の中でゴルフをプレーして、いつもの何倍も曲がったり飛ばなかったりというのは、風が「お前の打っているのはサイドスピンの多いスライスやフックだよ」と教えてくれている訳だ。

ボールの弾道や飛距離もそう。
北風と太陽ではないけれど、なんとしても風に負けまいとすればするほどボールは風に負けて吹き上がる...力を入れれば入れるほど、ボールが飛ばなくなる。
そうして風との格闘に疲れ果てた時に、フッと優しくボールを運んでやるようなつもりでスイングすると意外にボールが伸びて飛んで行く、なんて事を経験した事は誰でも一度はあると思う。
しかし、たいていの人は何かの間違いか気のせいかと思って、それを続けようとはしない...
それこそ、その時のスイングが君の一番いいスイングだ、って風が教えてくれているのに。

そして、心構えも必要だ。決して「追い風が同じ数あるはずだ」、なんて思ってはいけない。
追い風や都合の良い風を願ってはいけない。
「風が吹くときは必ず向かい風」と、覚悟してゴルフをする事だ。


これは、理屈じゃない。
ゴルフも人生も、そういうものだと決まっているんだから。

img_0-60


「40歳、50際、60歳の頃を『もう?』と考えるか、『まだ?』と考えるか」...中島常幸。

たまたま、実際にこういう事を言った人物として中島常幸プロの名前が出て来たけれど、何回もいろいろな人の言葉として聞いた事がある。
中島プロにとっては、シニアの年齢になる50歳の時の感想で「まだシニアでやれる」どころか「まだレギュラーでもやれる」とさえ思った事だろう...実際にその後両ツアーで実績を残しているし。

この「もう?」と「まだ?」、誰しもが感じる事だと思う。
その年齢の「大台に乗ってしまった」という感慨だ。
でも自分の経験から言うと、その時にはあれほど高く聳えるように見えた「年齢の壁」が、次の年齢の壁の時には本当に大した事のない低い小さな「柵』に過ぎなかった事に気がつくものだ。

40の壁の時には、「若者」の終わりを感じた...もう馬鹿な事は出来ない、「若気の至り」で許される時代は終わった。
昔の人は「不惑」とまで言って、もう迷いも無く「大人」としての無く風格まで持たなくてはいけない年齢になってしまった、と。
...とんでもない!
40過ぎたって、気持ちはガキのまんまで、道は迷いっぱなし、考えは浅はかで何処に大人の味なんかが出るものか....
今にして思えば「もう?」なんてとんでもない!
「まだ、まだ、まだ!」って事間違い無し(笑)。

50の壁...「青春」の終わりを感じた。
昔見たハリウッド映画で、「人魚」の幻を見る男の話が印象に強い。
その男にしか見えない人魚の存在は、「青春」の終わりを痛感する男の心が生み出したものだったと言う...もう50歳なのだから完全に自分の青春は終わるんだと言う「淋しさ」から。
だけど、後から思うと「50歳なんてまだ洟垂れの若造だ!」って事がしみじみ判る。
だって、悟りなんか全然無縁のもので、俗物煩悩何ら変わりはなかったし(笑)。
人生「まだ、まだ!」だって。

さて60の壁。
困ったものだ...だって、俗物のまんまだもの。
考えてみれば歴史上の人物なんて、ほとんどが60前に死んでいる...昔の時代なら普通は寿命がもう来ている訳だ...ああ、それなのにそれなのに。
客観的にもう「ジジイ」なのに、どうしよう。
「もう?」と思っているのに、「まだ」ってどこかから声がする。
あるコンペで八十過ぎの老ゴルファーに、「60歳なんて、俺から言わせたらまだまだ若造よ!」と鼻で笑われたのが記憶に残る。


いっそこのまま、死ぬまで「まだ?」と言うのもいいかもしれない。
だって、「もう?」と考えて、いい事一つも無いじゃない。
70歳でも80歳でも、いっそ90歳でも「まだ?」...てか(笑)。

「まだ、まだ」人生、なんにも判らん事ばかりだし。

img_0-59


「怒りは、ゴルフの最大の敵である」...トミー・ボルト。

このトミー・ボルトというプロゴルファーは、別名「サンダーボルト」と言われたように短気で有名なプロゴルファーで、「怒り」にまつわる数々の伝説を残している。
クラブをへし折るのは当たり前で、特にパターを折ったことは数えきれないほどあったらしい。
その度に、ドライビングアイアンつまり1番アイアンでパットをしていたとか...

キャディーバッグを池に放り込んで帰ってしまった、という話もいくつか書かれて残っている。

あの全米オープンで、アプローチが何度も同じところに戻って来たのに頭に来て、動いたボールを打って棄権してしまったジョン・デイリーも真っ青なほどのショート・テンパーだったんだろう。

多分当時のプロゴルファー達も迷惑はしたんだろうが、なぜかトミー・ボルトに関して残されている記録には、彼が「愛すべきキャラクター」であるかのように書かれているのが不思議だ。
ジョン・デイリーなんかは、あの件だけで「天下の悪人」みたいな言われようだったんだから。

その理由の一つがこんな言葉を残すように、本人も「自分の怒りの感情が自分のゴルフの最大の敵である」と自覚していたからなんだろうな、と思える。
「怒っちゃいけねえ!」「怒ったら負けだ」「落ち着け!」とか思いながら...簡単に切れちゃう自分にどんな思いをしてたのやら...それがなんだか愛すべき人間に見えてくる理由かも。

我々ヘボゴルファーだって、「怒り」が敵なのは同じこと。
まあその怒りが「コース」やら「同伴競技者」やら「不運」やらに向かうのは、単なるバカヤローだから反省して我慢して押さえるのが当たり前なんだけど...
問題なのは自分に対する「怒り」の感情。
「情けねえ」「俺は馬鹿だ」「何やってるんだ俺は..」等々の「自虐の怒り」。
これは困る。
落ち込み、悲しみ、あげくの果てに絶望するまでの怒り。

これ、我々のゴルフの最大の敵...下手すればゴルフに絶望してやめてしまうことだってある。
どうすればいいのか。
...私は色々経験したあげく、我々に簡単で一番効果があり、それなりにゴルフを続けていける方法を見つけた。

それは「言い訳」をすること!
怒りの感情で、ゴルフが嫌になりプレーすることが苦痛になるような時には、思いっきり「言い訳をして自分を救え!」って。
ただし、その言い訳は同伴競技者やコースについては極力避ける。
なるべく(アマチュアなんだから)「自分の仕事」を優先した結果だと考える。
なるべく「安いもの(ボールとかティーとか)」の所為だと思い込む。

「だから俺は悪くない!」

どうだ?
少しは血圧下がるだろ?

...つまり、「ゴルフをやめたくなかったら、懸命に言い訳を考えろ!」(大叩き男)って訳だ。
あれ?
こっちの方が「名言」かな(笑)?

↑このページのトップヘ