ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-93


「ゴルフは科学ではなく芸術である」...アーネスト・ジョーンズ。

アーネスト・ジョーンズは、戦争で片足を失いながらもゴルフの練習を初め、コースを72で回るようになり「Swinging into Golf」という本を出版したゴルファー。

「かってに解釈」だから書くんだけれど、ゴルフは芸術だろうか?
...現代のゴルフやゴルフスイングは「科学」で扱われている部分が殆どだろう。
いわく「合理的なスイング」、いわく「理にかなった動き」、いわく「人間の身体に無理をさせない動き」等々...
確かに、人間の身体の動きとクラブやボールの動きを分析して、「合理的」なスイングを見つけて練習をすれば進歩は速い。
研究熱心なゴルフコーチがいる学生ゴルフは、あっという間に皆同じような奇麗なスイングを身につけ、よく飛ばすようになり、わずかな時間でハンデ5下の腕になって行く。
そういう学生がアマチュアの試合を席巻し、やがてプロになって実績を残して行く。
プロの試合は、皆無駄のない機械的なスイングをするプロばかりになり、年齢の若い選手が中心になって優勝争いをするようになる。
テレビに映る選手は、服の色や体型や帽子で見分けられるだけ...スイングを見ても誰が誰だか判らない。
かくして、ゴルフは科学的なゴルフを実践して、機械的なスイングをするゴルファーの単なる競技会となって...

全然面白くなくなって行く。

以前の、体型の違いや体力の違いや、プレーしていたゴルフ場の違いや、収入のハンデを克服するためや、前にやっていたスポーツを生かすために...などで、独学で上達して行ったゴルファー達の個性溢れるスイングに比べて、まるで意志のないロボット達の競技会に見えてしまうのだ。

本当は、みんな科学的で合理的なスイングを身につければ、回り道をする事無く最短距離でゴルフが上達出来るのはよくわかっている。
でも自分は、悪戦苦闘して試行錯誤を繰り返し、遥か遠くを回り道しながらたどり着いた、個性溢れるスイングをするゴルファー達が好きなのだ。
特に、そんな風な背景が見えるようなスイングをするプロゴルファーを見つけると、つい自分を投影して応援してしまう。
そして、そんなプロのスイングに、自分は磨き上げた「芸術」を感じてしまう。

昔から、ゴルフのスイングは再現性が高いものが良い、と言われて来た。
だからその人にとって再現性の高いスイングならば、どんなに人から見て珍妙であってもその人の「アートとしてのスイング」は、「あり」だと思う。
ただ、絶対的な飛距離を求めようとすると、スイングというものは「科学」に頼らなければその人の最大値にはたどり着かないだろう。
つまり、道は二つある。
「飛ばし」も入れた「個人の最大能力」を追求する「科学としてのゴルフ」か、「最大値」を追求しないで、「技」と「気持ち」と「イメージ」で遊ぶ「芸術としてのゴルフ」。

それでは、自分のゴルフは「科学」と「芸術」のどっちを優先させるか?
考えるのは、最低限の「科学」
(どんなアーティスティックな変則スイングでも、ボールを正確に当てる為には科学的・合理的なインパクトゾーンのヘッドの動きが必要)をベースに、「情熱」と「妄想」と「快感」の追求を目指すスコア無視の変態アートお楽しみゴルフ。
現代道具でも、パーシモンでもヒッコリーでも、一球一球自分の芸術(アート)を追求して行って、終わったら「ああ、面白かった」「楽しかった」と言えるゴルフだ。



 

img_0-92


「バックスイングで体重が右足に移動するのは、「回転の結果」であって、「横に移動」するからではない・・・ディック・メイヤー。
(ディック・メイヤーは1957年の全米オープンチャンピオン、ツアー通算7勝。)

ゴルフのスイングというものが、「軸を中心とする回転運動」である、という事は常識として誰もが知っている事だろう。
どんなゴルフの教本にだって、そんな事は書いてある。
...しかし、以外と沢山の人々がろくに回転もせずに、力任せにボールを引っ叩いているのが現実だ。

ボールを前にすると「回転」するという動きは、「ボールから離れる」感覚になる。
それから、多分色々な人から貰っただろうアドバイス「ボールを良く見ろ」という言葉にも逆らうような気持ちになる...何しろ回転すると、ボールが見難くなるんだから。
身体を回転させると、妙に苦しくきつい体勢になり、「本当にこれでボールに当たるんだろうか?」という不安感も強くなる。
...で、どうなるか。
ボールをよく見るためには、顔をボールに向けたままにしておかなくてはいけない(と思い込む)。
ボールにヘッドを確実に当てるためには、なるべく打つ方向に「真っすぐ」にクラブヘッドを振らなくてはいけない(と思い込む)。
さらに、遠くに飛ばしたいがために、力を入れやすい動きをやろうとすれば、思い切り右に身体を揺すってから反動をつけてボールを叩きに行けばいい(と思い込む)。
すると、身体にそんなにきつい動きでなくても、ビュンビュン力を入れて振れてくる(ような気がする)。

そして、世の中には、ボールをじっと鬼のような顔で睨みつけたまま、ゆっくりと右に身体を揺さぶっておいて、さらに憤怒の鬼の形相で歯を食いしばり、額に青筋を浮かび上がらせて、まるでボールに強烈な殺意を抱いているように、クラブヘッドを叩き付けるゴルファーが沢山存在するようになる。
...だから、その一瞬後には、日本中のティーグランドの9割から、恋人を無くしたような悲しげな悲鳴と、自分を殺したいほど責める罵声と、一番嫌いな誰かを呪うようなおぞましい声が溢れる事になる...

ゴルフのスイングの面白い所は、「やりたい動き」だとか「動きやすい動き」だとか「気分が良い動き」だとか、普通の人が本能的にしてしまう自然な動きとは「逆の動き」が正しい事が多い所だ。
だけど、これを理解出来ると、パッと世界が開けるのも事実。
上手くなるという事は、それに気がつくという事でもあると思う。

スイングは「回転運動」...基本の基本なんだけれど、すぐに「気持ち良さ」に負けて忘れやすい。
「ボールを打つには身体を回転させる...平行移動はミスのもと」。

この基本、一応いつも頭に入れておこう。

img_0-91


「ゴルフでも、攻撃が最大の防御法である」...ヘンリー・ロングハースト。

ピンと来ないだろう。

例えば、最終18番のロングホール。
ボギーでも、トータルスコアで自己ベストの更新になる。
グリーン手前に池があるが、ドライバーでナイスショットが出来れば十分2オンの可能性がある。
さて、どう考えるか。

普通なら、3オンして3パットでも自己ベスト更新なんだから、「無理をしないでいい」と考えるだろう。
実際、そんな場面に出くわしたら大部分のゴルファーはそう考えるはずだ。
つまり「防御」を選ぶ。
ティーショットは無理しなくていいと、ドライバーで軽く打つか、フェアウェイウッドかユーティリティーで打つ。
軽く打ったつもりのドライバーは、スイングが緩んでチーピンやどスライスになりやすい...フェアウェイウッドやユーティリティークラブでのティーショットは、なぜか力が入ってミスしやすい。
それがまあまあ上手くいったとして、刻んで3打目の池越えアプローチ。
「守る」つもりのアプローチは、「大事に行こう」という思いが強過ぎるとダフりやすい。
「ピンを狙わなくても、3パットでもいい」と思って打つショットは、逃げ過ぎてピント逆サイドの難しい場所に乗りやすい。
なんとか3オンして、パット....「3パットでもいい」と思うパットは、ファーストパットがカップに対して優しい場所に打てない限り、3パット目に大きなプレッシャーがかかってくる事になる。
下りやサイドの50センチなんかを残すと、まず入らなくなるだろう。

対して、「攻めよう」と決めた場合。
自己ベストを1打更新じゃなくて、一気に2打でも3打でも更新してしまおう、と。
ティーショットはフルショット。
勿論OBを打ったんじゃあ問題外だけど、フェアウェイに行けば2オン狙い、曲がれば切り替えて3オン狙いで行こうと考える。
フェアウェイの場合、池越えの2オン狙い...たとえ池に入っても、ドロップして乗せれば4オン。
これなら2パットでもボギー。
やむを得ず3オン狙いの場合、ピンを狙って行く。
気持ちが逃げながらグリーンを狙うのと、攻めながらピンを狙うのは集中力の違いで、攻めた方がグリーンにオンする成功率は高いだろう。
パットも同じ...我々普通のクラスの実力では、明らかに「入れに行った」パットの方がカップに寄る。

これは勿論独断と偏見の見方ではあるが、「攻撃」した場合と「防御」に気持ちが行った場合とでの成功率は8対2くらいで攻撃した方が結果が上手くいく。
実体験での感想だけれど、攻撃する場合は力が多少無くても上手くいく場合が多い(結果オーライとも言う)のに対して、防御をイメージ通りにやり遂げるにはかなり上の実力が無くてはいけない。
普通のアベレージゴルファーの実力の場合、「ボギーで良い」と思った途端に「ダボになる」事の方が多くなる。
「パー」を狙いにいったから、やっと「ボギー」がとれるのだ。
攻めて結果を出すより、守って結果を残す方が数段難しいという事を知るべき。

ただし、「攻める」と言っても、「根拠の無い自信」と「単なる妄想のイメージ」による無謀な突撃が良い、と言っている訳ではないのであしからず。

↑このページのトップヘ