ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-62

ベン・ホーガンと言えば完璧主義者だとか、クールだとか、鉄人だとか、偏屈だとか...

あんまり人間的ではなかった人のようで、その実績・実力の割には現役当時は一般的な人気はなかった、と伝わっている。

しかし、ベン・ホーガンはスイングのメカニズムを徹底的に研究したプロでもあった。
そのベン・ホーガンの有名な言葉。
「完全なトップスイングの形というものはない。上半身がトップの形になる時には下半身は既にダウンスイングに入っている。」
ここの所はスイングの上で特に重要な部分として、ボビー・ジョーンズをはじめとする多くのプロがレッスン書に書いている。

この言葉をベン・ホーガンがをさらに詳しく言ったのが「ダウンスイングは、肩、腕、手などを『忘れて』、左の尻を左に回すことから始めよ」という言葉。
このように出来ると、腕や肩や手がまだ右に回転を続けているうちに、尻は左回転をし始める。
つまりこの時に上半身と下半身が逆の回転をする。
そうすると、実際にクラブヘッドが一番深い位置にたどり着いた時には、既に下半身はダウンスイングを始めて左に少し回った形になる。
これによって、ダウンスイングを上半身から始めてしまうことによって起こる、アベレージゴルファーのほとんどのミス...打ち急ぎ、引っ掛け、スライス、ダフリ.テンプラ.飛距離不足、等々を防ぐことが出来る。

「上半身からダウンスイングを始動するな」、ということはどんなレッスンプロでも教えてくれる基本中の基本ポイントなんだけど、実際に普通のアマチュアゴルファーのスイングを見ていると、上半身から動き始める人は実に多い。
その大きな原因の一つが「トップで一度止まれ」「チャー・シュー・メン」のリズムが良い、とされているようなゴルフスイングの常識。

もちろん浅いバックスイングからの打ち急ぎを防ぐには、「トップで一度落ち着く」的な「間」をとるタイミングは有効で、そこから下半身を先に動かして行ければ問題ない...が、トップで一拍置いた時に、気合いや気迫が燃え上がってしまったら...
ゴルフクラブというのは、腕力だけで引っ叩けてしまう程十分軽いので...腕が先に動くか、上半身と下半身が一緒に動き始めてしまう場合がほとんど。
後はお決まりの、「悲哀」と「嘆き」と「怒り」と「絶望」の悲鳴が上がることになる。

そこで、ベン・ホーガンの言葉。
そろそろトップだと思ったら、「上半身を忘れる」。
それから、あえて極端に言うなら、野球の1本足打法のイメージ...上半身を残して下半身から行けばいい。
ただし、普通のアベレージのゴルファーじゃ小さな止まっているゴルフボールを打つのに、1本足打法程動いたらボールに当たりやしないから、「左の尻を左に回す」事で充分な訳だ。

スイングの基本中の基本だけれど、「チャー・シュー・メン」、「1・2の・3!」の打法ではなくて、「イ~チ・ニッ!」くらいのリズムで「上半身を忘れて、左の尻から」のベン・ホーガン打法、スイングの時間差やタメが作れない人はやってみたらどうだろう。

img_0-61



「キャディーバッグに入っているクラブの中で、大事なのは1にドライバー、2にパター、3にウェッジ」...ベン・ホーガン。

ベン・ホーガンと言えば、クール、冷徹、完全主義者などの人物評価と、メジャー9勝、もちろんグランドスラム達成...なのに1953年にはマスターズ、全米オープン、全英オープンを勝ったのに全米プロには出場しない、という変わった行動が知られている。
その間、1949年には自動車の正面衝突事故を起こして重傷を負い、再起不能と医者に見放されながらも11ヶ月後に奇跡の復活を果たす、という「鉄人」ぶりも知られている。

そんな完全主義者のホーガンの言葉、我々アベレージ凡ゴルファーにも十分通用する。
彼のほかの名言が、ちょっと上(遥か上か?)から見下ろすような言葉で、なんだか突き放したような冷たいニュアンスがある中で、この言葉は本当の本音のように聞こえる。

プロレベルの話は我々には関係ないので、自分たちの場合を考えてみると...ゴルフというのは100を切る頃からは、この言葉の通りが真実だと思えてくる。
100を切れるようになると、スコアを一番崩す要因が殆どの場合ティーショットなのだから。
セカンドをなんとか打てる場所にティーショットを打てさえすれば、次はグリーンに乗らなくても近くにはいく。
そうすれば、ピンに寄せるのは難しくてもグリーンには乗せられるし、2回に一回は2パットでボギーにはなるだろう...

でも、ティーショットがOBや池、林の奥や谷の底、なんて事になったら、グリーンに乗る迄に何打費やすことになるか判りやしない。
100切り前後から、アベレージ、シングルハンデだって、大叩きのビッグイニングを作る原因は99パーセント、ティーショットのミスなのだ。

ということで、まず我々はドライバーが2打目を打てる所に飛ぶように練習しなくてはいけない。
レッスンプロや上級者が、「ドライバーばかり練習するんじゃない」と教えてくれても、ともかくOBや林の奥に打ち込まない程度になる迄は練習しなくてはいけない。

...それからだ、パターの練習をしたり、ウェッジの練習をするのは。
そんなこと言うと、殆どの人は練習場でドライバーの練習しか出来ない事になるかもしれないけど...やるしかないでしょ(笑)。
ドライバーの練習に疲れたら、練習グリーンに行ってパターの練習をする。
練習グリーンがなかったら、ウェッジを打つ...フルショットやコントロールショット。

ほかのアイアンやウッドの練習がしたかったら、まずドライバーを安定させること。

...そんなに力の限りに振り回すのをやめたら、曲がり幅はホールの幅で収まるんじゃない?
飛ばしっこで負けたくないのは判るけどさ。


img_0-60


「スコアの70パーセントは、120ヤード以内で打たれている。」

ジャック・ニクラス

確かにそうだ、と言えるだろうか?
サム・スニードは「スコアの60パーセントは、125ヤード以内で打たれている」と言っている。
納得出来る?

この二人とも、希代の名手...ゴルフの名人中の名人の言葉なのだ。
多少一般のゴルファーの腕を考慮して言ったとしても、まだ甘すぎると思う。
私自身の経験で言えば、アマチュアゴルファーのスコアの8割以上は100ヤード以内で打たれている、だ。

普通の運動神経の人が2ー3年もゴルフをすれば、大体全員ボギーオンは出来るようになるものだ。
パー4なら、2打目で乗せることは出来なくても、100ヤード以内には必ずボールは行く。
2打目で100ヤード以内にボールがないとしたら、私のように力任せにボールを引っ叩いてOBを連発するとか、ティーショットが酷く曲がって林の中や池にぶち込んでいる人の場合だ。
例えばちょっと長い400ヤードのパー4だって、150ヤードを2回打てれば3打目は100ヤード。
550ヤードのパー5だって、150ヤードを3回打てれば、4打目は100ヤード。
パー3のホールなら、グリーンの近くに行きさえすれば2オンは出来るはず。
それが乗せることが出来て2パットなら、ボギーですむ。
誰でも、90では回れるということだ。
でもアベレージゴルファーにとって、いつも90を切ることは結構難しい。

ニクラスやスニードの言葉の意味は、「だから、スコアを良くするには120ヤード以内のショットの練習をしろ」ということだが、普通のダッファーには120ヤードを必ず乗せるって言うことはかなりハードルが高い。
それより、「グリーン周りやパットの練習をもっとしろ」という意味に取った方がいいだろうと思う。

実際に自分がこの前のラウンドで叩いた二つのトリは、いずれもパー4で2打目はグリーン近くまで行っていた。
一つはそこからザックリ、トップ、ピンオーバー3パット。
一つは、バンカー越えでバンカー、ピンオーバー、3パットでいずれも7とした。
つまりアプローチの失敗と、パットの失敗。
2打の普通のショットに対して、100ヤード以内(というよりグリーン周りから)で5打!
これが我々レベルのゴルフの「普通によくある」姿だろう。
グリーンの状態や、ハザードの状態によっては、ここで8だって9だって普通にある。

我々は、本当にアプローチとパットの練習をすれば、スコアは縮まる。
普通のショットの練習より、ハーフショットやアプローチのコントロールショット、転がしやピッチエンドランの練習に練習時間の7割・8割を割いたら、確実にスコアは良くなるだろう。

問題は、そんな練習はつまらないからすぐに飽きてしまって、練習自体をやらなくなったり、練習場の環境では実際にはあまり役に立たないかもしれないということ。
練習場のマットの上ではソールが滑るためにアプローチショットでのミスが判り難く、本コースでのグリーン周りの芝から打つのは練習場よりずっと難しい。
特にサンドやアプローチウェッジではザックリやトップが出やすい。
それにコースでのグリーン周りでザックリなどは、それだけで平常心を失いパニックを起こしてしまい、ミスが連続することになりやすい。

もし「スコア」というものを重視するなら、そういう人は禁止されている訳ではないのだから、ジガーやチッパーと言った「アプローチ専用クラブ」の使用を考えてみてもいいと思う。
「使うのが恥ずかしい」と思っている人が多いクラブだけれど、練習環境に恵まれない人がそれでピンに寄るなら、ザックリトップを繰り返すよりずっといい。
ユーティリティークラブが既に一般に認知されているんだから、ジガーもチッパーも堂々と使えばいい。

我々は120ヤードなんて贅沢は言わない....60ヤード以内は、なんとか3打以内で収めたいよなあ...

↑このページのトップヘ