ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-103

「真っすぐにボールが飛んだのは、ただの偶然だ。」...ベン・ホーガン。

ゴルフというゲームは、人間が自分の手で一番遠く迄ボールを飛ばすスポーツだ。
飛ばす人で300ヤード以上...300メートルもボールは飛んで行く。
普通の人だって、200ヤード以上...つまり200メートル前後は飛ばす事が出来る。

100ヤード以上飛ばせば、ほぼホームランとなる「野球」に比べて、倍以上の距離をほとんどの人が飛ばせるのだ。
それこそゴルフの一番の魅力でもあり、そのボールが飛んで行く「浮遊感」に人は惹き付けられる。

ただし、そこがゴルフの魅力でもあり一番の悩みでもある部分。
「飛ばせば飛ばす程、ボールは曲がりやすくなる」のだ。
100ヤードだったら1ヤードの曲がりだったものが、200ヤードでは10ヤードも20ヤードも曲がる事になる...科学的な問題だけでなく、「飛ばしたい」という欲がもっとたくさんの曲がりを生む。
当然、ゴルフに熱中した人は「曲がらないよう」に練習する。
毎日毎日沢山の球を打ち、いろいろな教本でスイングを勉強し、「曲がりにくいクラブ」や「曲がりにくいボール」を探し続ける。

そこに、このベン・ホーガンは「間違いがある」、と言っている。
真っすぐ飛んだのは偶然だ...つまりボールは曲がるものだ、と。
ベン・ホーガンの時代、ドライバーはパーシモン。
フェースにはロールとバルジがあり、ボールは柔らかいバラタボール...確かに真っすぐに飛ばすなんて無理だとも思える。
それに比べると、今の時代はドライバーのヘッドは大きくなり慣性モーメントが増し、ボールも回転数をおさえたものもあり、「真っすぐに」飛ばし易くはなっている。
...だからと言って、200ヤード以上の距離を曲がる(つまりボールに横回転をかけずに)事無く、真っすぐに飛ばすなんて事は、常識で考えれば、ほぼ無理。

ではどうすればいいか?
「曲がる方向を決めた球を打つ練習をしろ!」と、ベン・ホーガンは言う。
つまり、自分の「曲がる」持ち球を練習で鍛え上げるのが一番いい、と。
右回転のスライス、左回転のフック、どちらかを自分の持ち球にして、それを練習で完全に自分のものにする...そのほうが「真っすぐな球を打つ」よりずっと易しいし、スコアアップの一番の近道になるということだ。
そういう自分の持ち球を作るという事は、「絶対に左に行かない」とか「絶対に右には行かない」という自信を持つ事になる。
それはコース攻略で、大変な武器となる...だから、「曲がる球」を打つ練習をしろ、と。

真っすぐな球を打つ練習ばかりしていると、コースでは必ず右にも左にも曲がる球が出る。
偶然にしか出ない「真っすぐな球」を追い求めている限り、練習場シングルにはなれてもコースで良いスコアは出せる訳が無い、と覚えておこう。

どうせほとんどの人がへそ曲がりなくせに、ゴルフにだけ「真っすぐ」を求めるなんて...チャンちゃら可笑しくて、へそで湯を沸かせるわ! って(ベン・ホーガンは言ってないけど)、思わない?
へそ曲がりはへそ曲がりらしく、曲がるボールの練習、だ(笑)。


img_0-102


「知りたいのはホール迄の距離だけだ。右や左に何があるのかは関係ない。」...アーノルド・パーマー。
「Hit it Hard!」と「Go for it!」を合い言葉に、その攻撃ゴルフで一世を風靡したアーノルド・パーマーらしい言葉だ。

ある程度ゴルフをして来た人には、こんな経験があるはずだ。
本格的な「難しい」という評判のコースで、「初めてラウンドした時は結構いいスコアだったんだけど、何回もラウンドするごとにスコアが悪くなって来た。」なんて事。

これは、初めてそのコースに行った時には、見える範囲の情報だけでプレーする事しか出来ず、結果的にピンに対する集中力が増して、自分の実力の上限に近いものが出せたため。
これが回数を重ねるごとに、「ここにこんなハザードがあったんだ」とか、「ここでティーショットを右側に打ったら、次のショットは難しくなる」とか、「ここのグリーンは左に外したら、寄せるのが難しい」とか「このグリーンはここに乗せたら、パットが難しい」とか感じるようになる。
こうして、ラウンドするごとに「〜したらダメ」「〜すると難しい」なんて「マイナス情報」が積み重なってしまうと、その情報が自分のスイングにプレッシャーを与える事になる。
打つ前に「あそこはダメ」とか「ここはダメ」なんて考えると、腕は縮み、上半身と下半身のバランスは崩れ、無駄にグリップに力が入り...ゴルフの「呪い」の法則通り「行って欲しくない方向ばかりにボールが行く」事になってしまう。

情報は知っていて良い事もあるけれど、知らない方が良い事も多い。
ある程度練習などで「ボールがつかまっている」状態だと思ったなら、いっそ余計な危険情報など聞かずに、「ピンだけ」に集中した情報の方がショットが安定する可能性が高い。
ハザードなどの情報によって引き起こされる「恐れ」や「不安」は、アーノルド・パーマーのようなスーパープロフェッショナルゴルファーにとってさえ、好ましいものではないというのだから。

我々のゴルフだって、そのショットの前に「親切」なキャディーさんによる「事細かな、見えない難しいハザードの情報」なんかを聞いてしまった後では、大体説明通りのハザードの犠牲になってしまうことが多い。
「だから、言ったのに」じゃなくて「わざわざ言われたからだ」なんて、ついキャディーに文句を言いたくなるような...

ショットが不安でほとんど自信がない、なんていう人はキャディーさんの言うハザードは徹底的に避けて、安全なルートを行くのが良いだろう。
だが、その日「当たっている」と感じていたなら、キャディーさんからの情報は「ピン迄の距離」だけにして、他の事は言わないでもらった方が良いだろう。

ただし、ミスヒットして聞かなかったハザードに入ってしまったとしても、完全に自己責任という事で決して言わなかったキャディーさんのせいにはしない事。
自分のその日の状態で、キャディーさんにはあらかじめそう言っておいた方が良いかもしれない。

「ピン迄の距離だけ」か「あらゆるコース情報」か。
「Go for it!」か「逃げまくる」か。

どっちも、恥ずかしい事なんてない。
真剣にプレーすれば、どっちにしたってゴルフは面白いんだから。

img_0-101

「ショットを狂わせるのは、スイングのメカニズムではなくて、スイングのリズムである」...デビッド・グラハム。

デビッド・グラハムは、オーストラリアのプロゴルファーで、日本でも活躍した後、1979年全米プロで優勝した。
アイアンの設計なども手がける、理論派である。

この言葉が当てはまるのは、おおむね100を切れるようになったゴルファーだろう。
それ以上叩くようなゴルファーの場合は、やはりスイングのメカニズムをレッスンプロにでも教えてもらった方がいいと思うんだけど..。

100を切れるようになったゴルファーには、覚えがあると思う。
ミスした時に、「何となくいつもの打ち方と違ってしまった」なんて事。
こんな時には、「これはテークバックが浅かったから」とか「トップで力んでオーバースイングになってしまった」とか「右を向いていたから悪いんだ」とか、自分のスイングの分析をするのが普通だろう。

デビッド・グラハムは、「そうじゃない!」と言う。
ミスショットなるようなスイングのミスは、そのスイングのメカニズムの狂いではなく、リズムが狂ったのだ、と。

思い当たる事があるだろう。
ほとんどのゴルファーは自分でミスをした時に、「ちょっと早かった」とか「いつもより遅かった」とか感じているはずだ。
それはインパクト迄の時間であったり、トップでの時間であったり、バックスイング全体の時間であったり、フォローやフィニッシュ迄の時間であったり。
それが「スイングのリズムの狂い」という訳だ。

以前、私がゴルフを始めた頃に「サイバービジョン」という、「見ているだけで」ゴルフが上手くなる、がうたい文句のビデオを売っていた(今でもあるかもしれない)。
これをもらって、半信半疑でぼーっと見ていた事がある。
それはドライバーやアイアンやアプローチなどを、プロが打つシーンを繰り返し繰り返し流し続けるものなのだが...見ていて眠くなるような代物ではあった。

しかしある夜、酒を飲みながらそれを何となく見続けていた結果、次の日のラウンドで自分はその当時のベストスコアを更新してしまった。
不思議なもので、何をどう打っていたかなんて映像は頭に残っていなかったのに、その繰り返しの映像についてくる「ヒュッ、バシッ」という音が頭に残っていたのだ。
自分が打とうとする時に、何となく頭に響いている昨夜の映像の音「ヒュッ、バシュッ」にスイングを合わせるとナイスショッットになるのだ。
ドライバーもアイアンも、アプローチからパット迄その音がついて回る。

つまり今思えば、そのスイングリズムが自分の頭に刻み込まれ、それに合わせる事で全てのスイングが同じリズムで出来るようになったと言う事らしい。
ただ、初めて見たと言う事での、その新鮮な刺激だから劇的な結果を生んだようで、その後はそのビデオを見ていると単調過ぎて眠くなってしまって...いつの間にかビデオもどこかに行ってしまったけど。

話はそれてしまったが、ミスのスイングメカニズムを追求して、なおかつそれを修正しようなんてのは、よっぽどの情熱と時間がない限り凡ゴルファーには上手く行きそうもない話。
それより、自分の一番いいスイングの時のリズムを、気合いが入った時も、不安でしょうがない時も、気の抜けた時も、同じように変えないで行けるように訓練したほうが簡単だと思う。

まあ、それはそれで、どんな場面でも心の動揺と興奮をクールに収めなくちゃいけない、なんて言う別な難しさがあるにはあるんだけれど...

自分のリズム、やり通してみない?

↑このページのトップヘ