ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-96

「ワッグルがクセになってはいけない、筋肉をほんの少しリラックス出来ればいいのだ」..,ベン・ホーガン。

スイングの準備運動、あるいは予備運動ともいわれる「ワッグル」。
これは本来緊張で強ばった筋肉をリラックスさせ、精神を集中させることが出来る、とされているけれど本当だろうか?

1回か2回、軽くクラブヘッドを動かす程度だったら、それは判る。
しかし、今まで沢山のアマチュアゴルファーを見て来た限りでは、長いワッグルをする人間に上手い人は居なかったし、そのスイングを成功させた人は極めて少なかった。

ティーグランドで、思っているより緊張してしまった筋肉をほぐして、スイングをスムーズにしたいなら、一度か二度ヘッドを動かすくらいで充分だろう。
それが2回3回4回とクラブを動かしていると、むしろ逆にどんどん腕に力が入って来て、ますます緊張してしまうんじゃないだろうか。
そうしてあげくの果てにミスショッットをして、次にはますますワッグルが長くなる...

こうしてワッグルが長く数が多くなったゴルファーは、気がつかないうちに「酷いスロープレーヤー」というレッテルが貼られてしまうだろう。
...それにただのスロープレーヤーというだけではなく、もっと悪い評判もつく。

先日のラウンドの時に、前の組で2サムで回っていたカップルの男がそういう酷いワッグルをしていた。
プレーが遅くて待ち待ちのラウンドだったので、どうしても前の組のショットを見る機会が多くなった。
その時にまずH氏が「あいつの打つのを見ていると気持ちが悪くなる。」と言い出した。
そのうちにY氏が「本当に見ていると気持ちが悪くなる」と言って、顔を背けるようになった。
見ると、その男はアドレスに入ってから、神経質にボールにヘッドを合わせてから何回もワッグルを繰り返している。
思わず回数を数える...1、2、3、4、5、6、7...まだ打たない...8、9、今度は少し大きくヘッドを動かしたので、「やっと打つか」と思ったらそれがフェイントで、また、1、2、3、4、5、一度止まってから目標方向を見て、また1、2、3、4、5...馬鹿らしくなって数えるのをやめようと思ったら...ひょい、とワッグルに関係ない軌道でクラブを振り上げて打った...スライスでボールは情けなく右に飛んで行った。
それを毎回繰り返す。
確かに見ていると、まずイライラと腹が立って来て、そのうちに気持ちが悪くなってくる...まるで吐き気を催すような感じだ。

前に「天下の暴論」で描いた「7秒ルール」を思い出して欲しい。
ワッグルは、クセになるほどやらなくていい。
やってもほんの1.2回...雑念が入る前にスイングを始めて打つべきだ。
それでなくてもアドレスに入って7秒以上経てば、頭には雑念が湧いて来て、身体には力が入って緊張し、ナイスショットの確率はどんどん落ちてくるんだから。

そうじゃないと、ただのスロープレーヤーでも嫌われるのに、その上「あいつのスイングは、見ると気持ちが悪い」なんて最低の言われようのゴルファーになってしまうぞ。

img_0-95

「肩を回したかったら、首を右にひねればいい」...ジャック・ニクラス。

有名なジャック・ニクラスの「チンバック」のことだけれど、ニクラス自身は「スイングの始動の『きっかけ』ともなり、これによって、肩が充分に回転出来る」としている。

この「チンバック」は、スイング開始の前に「あらかじめ首を右に回しておく」と言う動きだけれど、日本語では「首を回す」とか「首を引く」とか「首をひねる』とか表現されている。
要するにバックスイングで回転して行く左肩の邪魔にならないように、あらかじめ首を動かして左肩の通り道をあけておくわけだ。

よく言われている「ボールを見ろ!」とか、「ボールから目を離すな!」とか、「ヘッドアップするな」なんていう「スイングする時の注意事項」をしっかり守ろうとしていると、よっぽど首の長い人でもない限り左肩は回転途中で自分のあごにぶつかって止まってしまう。
それでは本当は肩は45度も回っていない。
ではどうするかというと、左肩を下に下げてもっと肩を回そうとするか、あごにぶつかった所で肩は止まって左肘を曲げる事によって「手だけ」が上がって行く。

欧米人の首の長い人ならボールを見ながらでも左肩は充分に回って行くかも知れないが、普通の日本人ならボールをしっかり見ながら肩を回すことは無理だということ。
それを防ぐには「ボールはぼんやり見えりゃあいい」なんて気持ちで、あごを上げて肩を通す道を作るか、ニクラスのように右に首を回しておいて肩を回りやすくしてやるしかない。

実際にアゴを右に動かしてみると、今迄よりも意外に簡単に左肩が回って行くのに驚く。
そして打ってみるといつもよりずっと「ボールがつかまる」感じを体験出来る。
ただ、多くの人は今迄よりもボールが「つかまり過ぎて、飛ぶんだけれど左に引っ掛けるボールばかり出やすい」状態になりやすい。
(こうなる人は普段から体を開いてインパクトしている人で、「体を開かないでインパクトする」イメージで振るとつかまって引っかからないボールが打てる様になる。)
この「つかまる」感じというのはゴルフスイングにとって大事な事だし、実に気持ちが良いものだ。
しかし、ある範囲にボールを打ち出す為には、やはり地味にしっかり練習してその感覚を自分のものにしなくてはならない。
...簡単な動きなんだけど深いのだ、これが。

しかし、このチンバックが誰にも簡単に役に立つワンポイントになる、って時がある。
それが、「寒い冬の厚着のゴルフ」の時。
普通のスイングをするにも、寒さ対策の厚着をし過ぎて身体が全然回らない、なんて感じる時だ。
ちょっと素振りをしてみて、「うわっ!バックスイングがあがらない」「体が回らない」なんて時に、バックスイングの最初にちょっと首を右にひねっておく。
すると、意外にあっさりと肩が回って手が上がるのに驚くはずだ。
勿論、「両目でボールをしっかり見る」なんて感覚は捨てて、「目の端っこにボールが見えてりゃあいい」っていう感じでスイングする。

ポイントは「右に体重移動」なんて考えないこと。
多分、ニクラスに感謝することになる。




img_0-94


「トップで右肘を身体から離している上手いゴルファーはいない」...ジーン・サラゼン。

今では古い化石のように思われている、聞き飽きたような名言だ。
「だって、ニクラウスのように明らかにトップで右肘が浮いていても、あれだけの実績を残したゴルファーがいるじゃないか。」
「今では、右肘は身体の前傾の角度と平行で良いと言われている。」
なんて反論が出るだろう。
確かに、ちょっと前までは右手は「出前持ちのように」なんてよく言われたけれど、今ではそんな事言う人もいない。

なぜそうなったかを考えてみると、この名言はパーシモンヘッドのドライバーの時代のもの。
...右肘を身体につけたトップだと、ダウンからインパクトにかけて手首のコックを使いやすい。
するとインパクトでヘッドスピードが上がり、かつインサイドから振りやすいので掴まったボールが打てる...つまりパーシモンで掴まった強いボールを打つには、最適の方法だった。
しかし、ヘッドが倍以上大きく、またシャフトの長さも長くなった今のチタンヘッドの時代には、このようにコックを使ってヘッドスピードを上げようとすれば、慣性モーメントが大き過ぎてインパクトゾーンでヘッドが素直にターンせずに、逆に球筋が乱れてしまう結果となりやすい。
今のドライバーに適したスイングは、コックを使わずに出来るだけ素直にインパクトゾーンを通過させる...ヘッドの無駄な挙動をさせずに振り切る事と言われている。

勿論フライングエルボーが良い訳ではなく、右肘を自由に暴れさせればクラブベッドはスイングプレーンから大きく外れて、とんでもないボールが出てしまう。
右肘を身体につけないで、しかし少し離した方がスムーズなスイングになるというわけだ。

ただ、今の大型ヘッドのドライバーを使っている方々、何時も良い球が打てているだろうか?
ちゃんと飛びも方向も、満足しているだろうか?

もし、「ボールが掴まらない」「振り切れない」なんて思っている人がいたら、騙されたと思ってこの名言のように右肘を身体につけたトップを作ってみよう。
(右の脇にハンカチを挟んでスイングしてみると良い)
右肘が身体から離れないような意識でスイング出来ると、意外にボールが掴まるのにビックリするだろう...スイングプレーンが小さくなったような気がするだろうけれど、左手を伸ばしていればスイングプレーンは変わらない。
スライサーはフックが打てるかもしれない...右肘が身体についたトップからだと、インサイドから振りやすくなるのだ。
飛距離が出るかもしれない...右肘を身体につけたトップからだと、タメが作りやすくなってヘッドスピードが上がるのだ。

これは、アイアンでも言える。
「ボールが掴まらない」という時には、まず意識してスイング中右肘を身体につけておくようなイメージで振ると、ボールが掴まるはずだ(特にロング、ミドルアイアン)。
ただし、左に行きやすくはなるけれど。

ポイントは右肘を身体につけても、左手は伸ばしておいて曲げない事(曲げない意識だけでもかなり違って来るぞ)。

確かに、化石のようなパーシモン時代の名言だけど、その理由を考えれば今の時代のスイングにだって、ケースによっては生かせる所はある、という話。

↑このページのトップヘ