ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-84


「練習場では、あなたを気持ち良くさせるクラブではなく、あなたを苦しめるクラブを使え。」...
ハリー・バードン。

つまり、「練習所では得意なクラブを練習するんじゃなくて、苦手なクラブを練習しろ」というわけだ。
確かにその通り。
ろくに当たらない、使えばミスばっかりなんてクラブを練習して使えるようになれば、絶対に上達する。

それなのにどうしてこんな言葉を言われるほど、みんなは苦手なクラブを練習しないんだろう。
...答えは、「楽しくないから。」
得意なクラブなら、勿論ミスは出るにしても上手くいく確率が高いから、手応えは気持ちのよい感触が残るし、飛んで行くボールの浮遊感を楽しみながらうっとりと余韻に浸る事も出来る。
「快感」とも、「恍惚感」とも言う、普段の生活では滅多にお目にかかれない「幸福感」を味わえる。
上手く打てる確率の高いクラブだから、打てば打つほど幸せになって楽しくなってくる。

...それが苦手なクラブの練習ならどうだ。
長いのが苦手な人は、打つ度に手に「当たり損ね」の嫌な振動が伝わる。
ボールは思いもしない方向に、ねじくれ曲がって飛んで行く、気の狂ったように転がって行く。
例えばアプローチの苦手な人は、理屈なんて百も承知なのにフェースに上手く乗せる事が出来ない。
ダフる、トップする、シャンクする...狙って打つ方が難しいような現象が、呪いのようにつきまとって離れない...練習より「お祓い」の方が必要だ、なんて気さえしてくる。
...打てば打つだけ、言う事を聞かないボールに馬鹿にされているような気がして来て、気持ちは落ち込み、荒み、自信喪失、自己否定、自己卑下の世界に嵌り込んで行く。

勿論、練習してしすぐに上手くなればそんな事になる事もないんだけれど、一度「苦手」意識が植え付けられたクラブはそう簡単に許してくれはしない。
ウェッジのアプローチが苦手で、あらゆる有名コーチに就いて教わったけれど、とうとう治る事はなかったという人を複数知っている。

だからこの名言の意味は判っているんだけれど、どうせ遊び(真面目だけれど)のゴルフじゃないか、苦手なクラブの練習して気が滅入って暗い気持ちになるよりも、練習場は気持ち良くなった方が良い...なんて思ったりするのもしょうがない。
あまりに真剣過ぎて真面目過ぎて取り組む人は、「我慢」と「耐える」の繰り返しで立派な「どM」になってしまいそうな気がするし。
それに、そんな我慢を続けて行ってやっと上手くなった人達が、その結果立派なゴルファー・立派な人間になったかって言うと...これは個人の偏見だけど、「嫌なヤツ程ゴルフが上手い」なんてのが結構多い。
こりゃやっぱり偏見だけど、苦手を持ってるゴルファーの方が性格的に善良な人が多いって感想も持っている。

我々普通の凡ゴルファーは、バードンさんの言う事も理解出来るけどさ、「上達一番」じゃなくって「楽しいが一番」で練習してもいいんじゃない。

苦手なクラブ、どうしてもダメだったら「道具を変える」っていう手もあるし。
そんなクラブは使わない、なんて手もあるし。

img_0-83


「Dying ball」なら、4つのドアから入る。・・・ボビー・ジョーンズ。

Dying ballというのは、カップにぎりぎりで届くボールの事。
所謂「デッド・イン」するボールだ。

この言葉は、あまりにも「never up, never in」が言われ過ぎて、極端にでもオーバーしなければ意味がないように思い込んでしまっているゴルファーに対する警鐘としてボビー・ジョーンズが言った言葉だ。

曰く「強く打ち過ぎたボールは、正面のドアを通ってカップの向こう側の土手に当てて入る道しかない。」
「しかし、カップにギリギリ届くように打たれたボールは、正面と右、左のドア、それに後ろ側のドアを通ってもカップに入る可能性がある。」

...その通りだと思う。
4つのドアを使えるなら、カップぎりぎりの距離で打つ方が絶対に良いのは間違いない。
でも、この球聖と言われた名ゴルファーの言葉には、大事な事が抜けている。
それは、我々普通のヘボゴルファーの一番のパットの悩みなんだけれど、球聖にとっては当たり前に出来ている事...そもそもコースでカップに「デッド・イン」するようなボールを打てる距離感があれば、惨めにチャンスで大ショートしたり、打ち過ぎて3パット4パットなんてしたりしないって!

そもそも、カップぴったりの距離を打つ事というのは、パッティングで一番難しいんじゃないか?
傾斜や、芝目、芝の状態...それらを感じて、カップまでのタッチを決めてボールを打つ。
そして、ラインに乗せて転がっていったボールが最後のひと転がりでカップの中に落ちて行く。
そんな風にパッティング出来る人は、そもそも「届かなければ入らない」なんて格言を気にする事もないだろう。

ただ、自分の打ち過ぎた失敗ノーカンパットの言い訳に、「ネバーアップ、ネバーインだからね」なんて言うのはカッコ悪い。
あまりにも強過ぎるパットでは、正面のドアでさえボールが通れないほど狭くなっているだろう。
...自分でも、さすがに1メートルオーバーすると「やっちまった!」と思う。
やっぱり、カップから30ー40センチオーバーくらいが一番気持ちがよい。
この強さだと、さすがに4つのドアは使えないだろうけれど、正面と、左右のドアは使えそうな気がするし。

ボビー・ジョーンズさんのお言葉ではあるけれど、見た目も「デッドイン」させるようなパットは、心臓によろしくないのでは(笑)...

img_0-82


「ロングパットが入る時は、「強く打ち過ぎた」と思う時だ。臆病なパットにチャンスはない。」...アーノルド・パーマー。

パーマーと言えば「go for break!」を合い言葉に、所謂「パーマー・チャージ」でコースを攻めまくって絶大な人気を博して、今の世界的ゴルフブームの礎を作った名ゴルファー。
そんな人物だからこそ、せっかくのチャンスにも関わらず「届かない」パットをするゴルファーが気になってしょうがなかったんだろう。
...「臆病なパットにチャンスはない」は、厳しい言葉だ。
この考え方は、かの老雄トム・モリスの「never up,never in」「届かなければ入らない」の言葉と同じ、パットはともかくカップまで届くように打て、というのが基にある。

確かに、せっかくいいショットやアプローチを打ちながら、カップに届かないパットを打つゴルファーを見ていると他人事ながら苛つく事がある。
「ショートして入らないパットも、通り過ぎて入らないパットも同じだろう?」
「命までかかっている訳じゃあるまいし、なんでもっと強く打てない?」なんて...
必要以上のビビりパットなんて見た日には、ゴルファーの人間性にまで疑問を持ってしまう。
(自分でショートした場合なんて、自分の人間性に疑問を持っちまって困ってしうまう)
そんな事を先輩ゴルファー達も感じて来たからこそ、以前に書いた「バーディーパットをショートするような人間と友達になるな!」なんて言葉が伝えられて来たりしたんだろう。

しかし、最近面白いと思うのはオープンコンペで一緒になるようなカップルの人達を見ていて、夫婦、恋人、友達関係、いずれの年代、職業に関係なく、女性の方がカップに届く強気のパットを打つ事。
総じて、男の方がショートする事が多い。
とんでもないノーカンパットは別として、きっちり30センチ以上オーバーする「男前」のパットをするのは、老若関係なく女性が多い。

何とも潔くパットを打って来て、返しを平気で入れる「男前」の女達!
それに引き換え、1メートルのパットでさえビビってショートして、それをまた外す男達!

世に言う「草食系」の男と、「肉食系」の女達ってことか?

...おーい、苦労してるのは判ってるけどさ、ショートする男達(俺も含めて)...一度「強く打ち過ぎた」と思うほど打ってみろよ、そのパット。
アーノルド・パーマーばりの、強気のパットだ。
多分そんなつもりで必死に打ったパットだって、やっとカップに届くくらいなんだろうけどさ。

...情けないぞ男達、女達にばかり「男前」のパットを打たせているのは。

↑このページのトップヘ