ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-67

「この世でもっとも不愉快なもの、それは蛇と教え魔」....ホリス・ステイシー。

ホリス・ステイシーという名が、この言葉を言ったものとして出て来たけれど、実際にはいろんな人がいろんな時代に言っている事だ。

「蛇」はともかく「教え魔」に捕まるという事は、女性ゴルファーで一人で練習場などに行った事がある人なら、大多数の人が経験している事。
特に若くて魅力的な女性なら、複数の教え魔の犠牲になる事、ほぼ間違いない。
ごくごく稀に、女性に本当に感謝される事があるかもしれないけれど、ほぼ100パーセントこれは本人にとって迷惑である事を「教え魔」達は知るべきであろう。

一番の問題は、普通こういう時に寄って来る教え魔達は、「本当のゴルフを知らない」人が殆どだという事。
言い換えると「半端にゴルフを知った人ほど、ゴルフを人に教えたがる」という事。

特に「教え魔」はハンデでいうと15〜6くらいの人と、やっとシングルになった9前後の人達に多い。
15〜6のハンデの人は、ほぼ毎回100を切れるようになって、自分では「ゴルフの初心者の壁を越えた」と思っている...だから、このコツを右も左もわからない初心者に教えてあげたい、なんて言う素朴な好意があったりする。
そして、やっとシングルになったくらいの9〜8の人は、「もう自分はアマチュアのゴルファーとしては、上級者になったと認められたんだ」と思い込んでいる。
それで、練習場などで見かける「ド下手」な人を導いてやる資格がある、なんて考えている。

そこに魅力的な女性がいる...上手くないのが、見ていてわかる...他に連れもいないようだ...じゃあ、俺が教えてやろう...(勿論スケベ心つき?)。

可哀想なのは、こんな教え魔に捕まった犠牲者だ。
親切心からやってくる脂ぎった男に、無下に「教えてくれなくても結構です!」とは言いづらい。
で、やむを得ず、聞く振りをする...でも男はつけあがって、あれやこれや、と...

本当にゴルフを知っている上手い人は、人に教えるなんて事はなるべくしない。
ゴルフの奥深さや、恐ろしさを知っているが故に、初対面の人に自分からああしろこうしろなんてまず言わない。「教えてくれ」なんて言われても、その責任を考えたら「レッスンプロにちゃんと教わった方がいいよ」というのが普通だろう。

まして、教え魔の教える事なんて、自分が聞いた事や今週読んだ週刊誌やレッスン書の受け売りがほとんどで、実は本質の理由なんてわかっていない。

他の格言に
「ハンデ20に教わった人は、19にはなれない」なんてのもある。
教え魔の言う事は聞いちゃいけない。
教えてもらうのはプロか、最低でも5下のシングルに教えてもらうようにしなければ、未来は開けて来ないぞ。
ついでに言えば、教えてもらう人の浮気もしちゃいけない。
いろんなプロに聞けば、正しい事であっても道は多数在り、どの道を行けば良いのか判らなくなって迷子になる事が多いから。

そして、練習場に生息する「教え魔」諸君、君らは「蛇」並に嫌われているんだって事を自覚するように。
自分のガールフレンドや奥さんに教えるんならいいけれど、見知らぬ「カモ」に「トンでも理論」を教えている姿、見られたもんじゃないぞ。

img_0-66


「調子が悪いと感じたら、ボールの位置を変えてみろ」...ボビー・ジョーンズ。

これは効く。
コースに出て、「どうも当たらない」「コスリ球ばかりだ」「ダフる」「トップする」「右にばかり出る」「引っかけばかりだ」「距離が出ない」...等々の落ち込んだときの光明だ。

どんなケースであっても、ラウンド中に簡単に修正出来る「特効薬」になる!...事もある(笑)。
意外だろうけれど、ボビー・ジョーンズほどのゴルファーが言っているんだ。
「ボールの位置」というのはそれほど微妙なもので、相当な名手であってもその狂いに気付き難いもの。
ましてアベレージゴルファーなんて、ボールの位置がボール一個分や二個分変わったって気にもしないし、気付きもしない。

でも、「どうもスイングが何時もより窮屈だ」なんて時には、ほとんどの場合ボール一個分は中に入れている。
逆に「気持ち良く振れているのにボールがスライスする」なんて時には、ボール一個分は左に置いている。
女性に多いのは、だんだんスタンスが右を向いて行き、そのためにボールの位置が結果として中に入ってしまう...右に向いていながら、フェアウェイのセンターに打とうとするから、無理矢理右に置いたボールを左に引っ張り込むような打ち方しか出来なくなる。
そのためにスイングが窮屈になって、左肘を引いて手だけで打ちにいき...大体チョロやゴロや弱々しいスライスや引っかけボールにしかならない。

ある程度の上級者だって、ドローボールヒッターはボールを中に入れやすくなって何時もより強いフックボールに悩んだり、フェード打ちはボールを左に置き過ぎて捕まらないスライスに首を傾げたりする...それはこのクラスになると、ボール一つ分のズレも無くても狂ってしまうから、気が付き難いのだ。
いきなりボール一つ分位置を変えれば、誰でもすぐに気がつくだろうけれど、少しずつズレてくるのはボビー・ジョーンズほどのゴルファーでも気付かないで悩むものなんだから。

本当は他に一杯理由があるのかもしれないけれど、とりあえずラウンドに入って「どうもちゃんとフェースに当たらない」とか、「ボールが捕まらない」「ボールが捕まり過ぎる」なんて感じがあったら。ボールの位置を変えてみると良い。
ラウンド中に他の部分を修正しようとすると、全てがボロボロになってしまう事が多いけれど、「ボールの位置を変える」だけならさほど悪い影響は出ない。
多くの場合「おっ! 良くなった!」となると思うよ。

ただし、多くの特効薬がそうであるように「やり過ぎ(overdo)」には、よ〜くご用心!

img_0-65


「殆どのゴルファーはゴルフをプレーしようとして、コースをプレーするのを忘れている」...トミー・アーマー。

深いような深くないような...いや、これは深い!
解釈も一杯ありそうな言葉だけれど、ここは勝手に私の解釈を。

「ゴルフをプレーする」というのは、ゴルフにおけるスイングや決まり、ルール、マナーなども含めて「コースじゃなくても練習や勉強で習得出来る」事柄全てを言っているんじゃないかと思う。
雑誌やテレビ他のプロの参考写真、解説書の写真、そして自分で撮った自分のスイング映像での研究。
色々な方法を伝える市販の本の練習法や、昔から大量に販売されている「ゴルフの技術書」類での学習と実践。
一般の「ゴルファー」のなかには、それらの研究と練習場での試行錯誤自体が「自分のゴルフ」の中心、或いは目的になっている人が結構いる。
時間さえとれれば毎日でも練習する、練習したい、という人も多いだろう。

そういう人達が、「待ちに待った」ラウンドのスタート。
スタートホールで...第1打の心構えとか、緊張しない方法とか、ストレッチは十分やったかとか、朝の練習場での当たりはどうだったか...とか。
セカンド...このアイアンは自信がないとか、ダフったらどうしようとか、パーオンしなかったらアプローチに自信が無いとか、ティーショットで肩の入りが浅かったからしっかり入れて...とか。

気がついたらもう7番、あと3ホールでアウトは終わりだ...

なんて経験あるんじゃないか?

そこでトミー・アーマーは、「コース」をプレーするのを忘れている、と言う。
スイングの細々とした技術や、自分の出来なんかを忘れて「目を上げて、コースを楽しめ」って言っているんじゃないかと思う。
もうコースに出るまでに「ゴルフ」は楽しんだ。
コースに出たら「コース」を楽しもう、と。

結果が失敗が多いというのは、ゴルフの魅力の一つじゃないか。
練習したりした事がみんなすぐに出来てしまったら、ゴルフなんて絶対にすぐに飽きるって!
上手くいかないから、みんなあんなに熱中するのさ。

さあ、顔を上げて、コースを見て、自分なりの攻め方を楽しめ。
周りを見てみろ...こんなに広い空間はなかなか体験出来ないんだぞ...空を見上げてみろ...空は高く風が吹き、雲があり太陽がいる...鳥や小動物や、季節の花や、緑の変化が周りに満ちているのに気がついているか?
谷越え? 池越え? ショートカット? いいじゃない...無くすものはボールとスコアだけだよ。
命や誇りまでなくなるもんじゃない。

コースには18回のチャンスがある。
そのそれぞれを全力で挑戦して行けば良い...それこそ、コースじゃなくては出来ない事なんだから。
「ゴルフ」は後で反省すれば良い、今は「コース」のプレーを楽しもう。

そんな事言っているような気がするんだけどね...アーマーさん。

でもまあ、多分こんな考えではスコアは良くならない。
常に前回よりいいスコアで上がりたい、なんて人にはコースの景色なんて邪魔でしかないものだから。
池やOB、クリークやバンカー...見えれば恐怖や不安や緊張で、行きたくないと思う程そっちにボールが飛んで行くのがゴルフ。
ゴルフの上達本にだって「景色に左右されない為に、景色を見るな」とか「危ない景色は頭から消せ」なんて、よく書いてあるし。

...でも、その「見える景色」がある事こそ「コースをプレーする」って事。
恐怖や不安や緊張感なんて、コースに出なくちゃ味わえない。
そして、それがあるからゴルフは深くて面白い大人のゲームなんだと、俺は思う。 

↑このページのトップヘ