ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-106

「肩の回転で腕を振るのではなく、腕を振る事で肩が回るのだ」...ボブ・トスキ。

ボブ・トスキは、判りやすい説明で人気となった、世界的レッスンプロ。

我々がゴルフを始めた時から、一番言われる言葉が「肩を回せ」だろう。
そして「手打ちじゃダメだ」とか言われたり、「ボディターンだ」とか言われたり。

確かにゴルフクラブを初めて振る人は、ひょいと手でクラブを担ぎ上げて、なんとか小さなボールに小さなヘッドを当てようとして手先だけで合わせて振ろうとする。
だから、レッスンプロや上級者は「左肩を顎の下迄回して、腕は大人しく使ってボディーを回転させて振れ」とか教える事になる。
まず、手だけで当てようとする意識を変えさせる必要があるから。

ここから先で、ボブ・トスキは面白い事を言っている。
初心者に「肩を回せ」という事を意識させすぎると、右手を使ったスイングになってしまう、というのだ。
肩を回そうとすると、両腕を肩と一緒に回そうとする。
すると、「腕」の主役は右腕になってしまう...意識が右腕にどうしてもいってしまって、「右手で上げて右手で振り下ろす」ような感覚になりやすいのだ。
そうすると、当然ダウンで右手が勝手に暴れ回って、プッシュスライス、ダフり、テンプラ、引っかけ、チョロの、ミスのオンパレードとなる。

だから、肩を回すより腕を振る意識を持て、と。
そして、大事な事は「両腕」と言っても、「主役は左手で、右手は左手に従わせろ」ということ。
左手が動きやすいように、右手を添える事がポイントだと言う。

こうして腕を主役に考えてスイングした時に、「腕の振りによって、肩が回されて行く」と感じる事が出来れば、正しい動きになっているのだと。
そう感じられない時は「腕の力が入りすぎている」ということらしい。
これを実際に感じるためには、両腕にそれぞれ重いものを持ってスイングしてみるとよく判ると言う。

スイングの感覚がマンネリ化してゴルフがスランプに陥っている、世間で言われている事は試してみたけどちっとも良くならない...なんて感じた時には、こうしたレッスンプロのちょっと変わったアドバイスを試してみるといい。

視点・注意点をちょっと変える事でスイングが劇的に変わるのが、我々レベルのゴルフの面白さ。
それまでの自分の感覚が狂っている事に気がついて、目の前に全く新しい道が開ける、なんてことがよくあるのだ。

悩んでいたら、ちょっとお試しを...


img_0-105

「19世紀の昔から、全てのゴルファーの最大の喜びは、力の限りの一撃でボールが遠くの砂丘を越えて行くのを見ることである」...レイドロウ・バービス。

レイドロウ・バービスは、ロイヤルセントジョージズ&サンドイッチゴルフコースの設計者。

ゴルファーって奴は...
19世紀の昔から、クラブもボールも、服装も、プレーする職業も年齢も関係なく、結局のところ「思い切りボールを引っ叩いて遠くに飛ばすこと」が最大の喜びであることに変わりはないってこと。

例えば、彼が言う「砂丘」。
彼の造ったコースには、本当に上手く飛ばせれば越えることが出来る「砂丘」があるらしい。
だから越えることが出来たゴルファーには、「いいコースだ」という評判になり、どうしても越えることが出来ないゴルファーには「ひでえコースだ」という評判になったと言う。

トータルスコア、つまりパー72を基準とする打数で優劣を比べるようになってから、「無謀な冒険」より「利口な刻み」の方が理にかなった攻め方として世間に認められるようになったが、ゴルファーって奴は本心の本心では「飛ばなくちゃつまらない」というのが正直な気持ちだろう。
それが証拠に、ゴルフクラブの変遷というものは...その目的の90パーセントは、「より遠くに飛ぶ道具」を求めてなんだから。

例えば、飛ばすためのゴルフクラブ...ウッドクラブに使われた木材を調べてみると、まず18世紀にはその材質は、サンザシ、シャクナゲ、リンゴ、ナシ、シデ、ハナミズキ、ブナ...と、殆どありとあらゆる木材を使ってどれがより飛ぶかを探し求めた記録がある。
19世紀に入ると、イチイ、リンゴ、ナシ、サンザシ、が主流となり、19世紀末になってやっと柿の木が使われ始めた。
そして20世紀になって、アメリカのミシシッピ川沿いにある樹齢200年を越えた柿の木が、ドライバーに最高の木材であると認められて、主流となって行く。

これはみんな飛ばすことが目的...しかし副産物として、よく乾燥されたパーシモンに糸巻きボールの打感の良さが、プラスされる最高の快感としてゴルファーを虜にしてしまう。

今でも使用に耐えるパーシモンドライバーは、良質のものはオイル漬けにされた後、しっかりと乾燥されて簡単に割れずに、打感も良くなり飛距離も出る。
さすがに、現代のツーピースボールやスリーピースボールで固めのボールでは、フルショットするとヘッドが破壊されてしまう可能性が高いが、女性用の極柔らかいコンプレッションのボールか、残っている糸巻きボールでかっての「飛ばしへの憧れ」の遺産を楽しむことが出来る。

パーシモンを使わなくてもいいから、現代のゴルフでもたまには本能に任せて「ぶっ叩く」ゴルフだってやってみるといい。
72の数字を気にするゴルフなら、「正確に刻む」利口なゴルフも「あり」だけど、たまには72の数字を気にしないで、コースとのマッチプレーのつもりで「力の限りの一撃」でぶっ叩いて戦ってみるのもいいんじゃないか?

これは18世紀、19世紀からずっと続いている、ゴルファーの「最大の喜びの追求」なんだから。


img_0-104

「インパクトの後は、ヘッドを低く出してボールを追え!」...バイロン・ネルソン。

バイロン・ネルソンは、ツアー52勝(うちメジャー5勝)を誇り、1945年には11連勝を含む年間18勝という記録を残した名ゴルファー。

「近代スイングの生みの親」とも言われるそのスイングの特徴が、これ。
そのためには、両膝の関節を柔らかく使う必要がある(いわゆるニーアクションというやつ)が、これは我々レベルには結構難しい。
普通のアベレージゴルファーにとっては、意識すると「左右にスウェーしっぱなし」にもなりかねないので、深く考えてもしょうがない。
逆に右膝や左膝がのび切っちゃあダメだ、ということなら意識できるけど。

何よりも我々に役に立つのは、インパクトの後すぐに「ヘッドを上げて行く」動きは絶対にダメということだろう。
アイアンのショットは当然ながら、ヘッドを低く出して行かなければ、ほとんどがミスショットになる。
ティーアップしたボールならたまに当たるかもしれないが、「すくいあげる打ち方」に未来はない。
意識は「下に向かって打つ」のが正しいという事に異論はないだろう。

問題は、ドライバーのティーショット。
よくレッスン書には「アッパー軌道」で打つ、と書かれている。
だから「遠くへ飛ばしたい」とか「高い軌道で打ちたい」とかいう意識があると、アベレージゴルファーは思いっきりアッパーにボールをカチ上げようとする。
するとほとんどのゴルファーは、右に重心を100パーセント残して終わる「明治の大砲」になったり、「左肘を曲げ右手ですくい上げる」窮屈スイングになったり、右肩を思い切り低くして左肩を伸び上がらせたり、シャフトが寝てしまったり...
結果、ダフり、天ぷら、チョロ、大スライス、ダグフック、果ては空振り迄もしてしまう。
偶然真っすぐ当たっても、ほとんど距離が出ない結果となる。

そんな時に、このバイロン・ネルソンの言葉を思い出してみよう。
インパクトの後、低くヘッドを出して、ボールをヘッドが追いかけるイメージを持つのだ。
こう考える事で、右肩が下がりすぎたり、シャフトが寝たり、左半身が伸び上がるのを防ぐ事が出来るはず。
インパクトゾーンが長くなり、方向性が良くなるだろう。

ただし、ボールを追おうとするあまり、飛球線に沿って真っすぐに「どこまでも」ヘッドを出して行こうとしてはいけない。
ヘッドはインパクトからボールを追いかけた後、左に振れて行くのだ。
このためには左肘を真っすぐ出し続けないで、インパクト後にたたんで行くイメージを持てばいい。

本当のバイロン・ネルソンのスイングは、素人には真似できるものではないけれど、ちょっとした時にこんなイメージが結構役に立つ。
一度、練習場でお試しを。

↑このページのトップヘ