ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-34

「ドライブはクローズド、ロングアイアンはスクエア、ショートアイアンはオープン」...トミー・アーマー。


どうだろう。
我々は近代スイングとやらの「常識」で、スタンスを固定しすぎてはいないだろうか?
「スクエア」が一番大事、「スクエア」にしなくちゃいけない。
ドローやフェードも、スクエアスタンスから打つ。
「目標迄レールが敷いてあるとイメージして」スクエアを意識する。
スタンスも膝のラインも腰も肩も、スクエアでなければならない。
...等々。

だけど、やってみれば判るけど、スクエアスタンスからドロー、フェードを打ち分けるなんて相当の上級者でなければ無理。
せいぜいシャフトが思い切り寝てしまったり、腰がダウンで引けたり右肩が出たり、でボールにろくに当たらないかとんでもない方向に行ってしまうのがオチだろう。

ノーマンやカプルスだって、持ち球以外の球筋のボールを打とうとするときは、思い切りスタンスの向きを変えるんだから。

で、この言葉だ。
目的のボールを打つクラブによってスタンスを変える...ロングドライブ用にはクローズド、正確な方向が必要なクラブではスクエア、上げたい止めたい引っ掛けたくない時にはオープン...その方が結果が良いと。

自分なりの解釈では、「何が何でもスクエアが一番なんて固定概念に縛られるな」、なんて意味だと思っている。
そして、こうして意識してスタンスを考えることによって、球筋のイメージが明確になってこないか?
「こうじゃなくてはいけない」ではなくて「こうしたいからこうする」、という能動的な姿勢になってこないか?
一番いけないのは、コースからのプレッシャーや自分の技術に対する不安から、無意識のうちに右を向いてしまったり左を向いてしまったりすること。
こういう受動的なスタンスの向きの変化は、当然ミスがどんどん多くなる結果を生む。

トミー・アーマーの本来言った意味とは違ってくるんだけれど、その場面場面でスタンスを変えて攻めてみるっていうのは、自分の選択の幅が広がり受け身のミスを減らすことになるんじゃないか。
コースにやられっぱなしのミスで打ち拉がれるより、こんな風に攻める意識でラウンドした方が気持ちよくラウンドできる気がする...たとえスコアが変わんなくてもね。

トミー・アーマーは「使うクラブによってスタンスは変わる」と言っている訳だけど、どうせなら「打ちたい球筋によってスタンスはどんどん積極的に変える」なんてのはどうだろう?
なんだかコース中暴れ回りそうな気もするけれど、コースと戦っている気がして気持ち良いような気もするだろ?
元気な人にお勧めです(笑)。

ただ、少しは練習しとかないと「逆球」が出るからね、気をつけてね(笑)。

img_0-33

「ゴルフは その人間の性格が 最善と最悪の形で表れる」 バーナード・ダーウィン

怖い言葉だ。
昔から、「車の運転を見れば、その人間の本当の性格が判る」、とか「麻雀をやると、その人間の本当の性格が判る」なんて言葉があったけど、今はこの言葉が一番真実なんじゃないかと思っている。

なんたって、ゴルフはほぼ一日かけて、18回の「旅」というか、「登山」というか、「挑戦」をするゲームだ。
それも創られたものとはいえ、自然の中で自分の持っている技術のみで進んで行かなくてはならない。
自分だけの責任で(なかには他人のせいにする人もいるけど)、審判もなく、助けてくれるのはキャディーのみで。

18ホール一緒にプレーしていると、否応でも様々な場面で隠していた性格が出てしまう。
ラッキーに感謝せずに、アンラッキーだけを何かのせいにして呪ってしまうとか、自分のミスショットに対する言い訳とか、他人のナイスショットに対する嫉妬、コースが悪いから、道具が悪いから...等々。

自分の場合は、ラウンド中何度も自分のなかにいる「最低の自分」が、隙あらば表面に出てこようとするのを抑えるのに大変な思いをする。
「最善の自分」なんてのは、思ったよりスコアが良いときには出てきやすいんだけれど、それ以外の時はどこかに隠れちまって全く所在不明だし。

つまり、ゴルフをプレーして「自然」と戦いながら、出てこようとする「最低の自分」とも同時に戦っているってこと...ホント、疲れる訳だ(笑)。

問題は、「良い人」と世間で評判だった人が、実は全く「最悪の人」だった場合。
逆の場合は、友人が増え、ゴルフ仲間が増えることで、問題はない(どころか大歓迎)のだけれど、「最悪」だった場合は...考えるのも恐ろしい。

我々は、自分が同伴したゴルファーにそう思われないように、精一杯気をつけなくちゃいけない。
と言う事は、ゴルフする度に「最低」「最悪」の自分との戦いもずっと続くってこと。

ホント、ゴルフは人生修行かよ...

大変だなあ...(それでもやるんだけれど、ね)。

img_0-32
「女性のロッカーとゴルフ理論はのぞいちゃいけねえ」...夏坂健「スコアは天使の匙加減」より。

夏坂健氏はこの言葉が、ジミー・ライトの父親の言葉として書いている。
元の意味は「天性のゴルファーは理論なんかを聞いちゃいけない」なんて意味なんだろうけど、天性のゴルファーなんかじゃあない我々にも耳に痛い言葉かと。

30代半ばで嫌々始めた自分もそうだけど、大人になって始めた人間程ゴルフと言うゲームの「人間の本能に逆らう」難しさを実感していることだろう。
そんな時に、どうにも上手く行かないボールと自分の身体の関係を合理的に理解する為に、いろんなゴルフの理論やら練習法やらの本を読んだことと思う。
そうして(きっとそれ迄の人生で一番本気で)苦労したあげく、やっと人並みにボールが言うことを聞くようになり、スコアもそこそこになって来たはずだ。
それが、少し時間が経つと「もっと上手くなろう」「もっといいスコアで上がろう」とかの理由で、最新のゴルフ理論に興味を示し、最強のゴルファーの技術解説に気を取られ、ああだこうだをやったあげくにそれ迄のゴルフがボロボロになる...

そうして、まるで人生の敗北者になったように落ち込んだあげくに、また血の滲む様な努力に努力を重ね、やっと這い上がってそれなりになって来る。
ところがまた、そこからもっと上を目指す気持ちが新しいゴルフ理論の餌食となってしまう。
どうだろう...そんな繰り返しはみんな経験していることと思う。

ゴルフのスイングで一番大事なことってのは、「再現性の高いスイング」をすることと言われている。
どんなフォームでもいいから、同じスイングを常に出来れば球筋の狂いも少なく、コース攻略さえ誤らなければ、大叩きをすることも無い。
そうすれば、体力・年齢・男女関係なく、殆どの人はシングルハンデになれるという。
周りを見ても、非常に個性的なスイングをするアマチュアの5下のシングルプレーヤーは沢山いる。
「もっと飛ばす」「もっと曲がらない」「もっと正確に」と誘惑は多いけれど、自分のスイングが固まったら、新しいゴルフ理論に浮気なんかしないことだ。
それは他人の理論...自分は自分の再現性の高いスイングを徹底する、そう思ったら必ず上手くなる...と古来から、心あるゴルファーが伝えてくれている。

男なら女性のロッカーに興味を持ってしまうのは判らないでも無い...が、それを覗いてしまうと手が後ろに回って人生を棒に振る事になっちまうぞ。
最新のゴルフ理論も、興味を持つのは真面目なゴルファーならやむを得ない事...しかし、大した覚悟も無く軽い気持ちで足を踏み入れてしまうと、あっという間に奈落の底に堕ちて行く可能性も高いんだ。
女性のロッカー覗くことと、新しい理論に浮気すること...どっちも危険な落とし穴、今迄積み上げて来たものを全てフイにして、暗闇の底で悔いることになるかもしれないぞって事...ご用心.ご用心。


さて、あなたはどうする?

↑このページのトップヘ