ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-23

「ゴルフコースは女と似ている。扱い方を間違えなければ楽しいが、間違えれば手に負えないことになる」...トミー・アーマー。


女性から見たら、「失礼な!」とか、「侮辱している!」とか、「セクハラだ!」とか...非難囂々となりそうな言葉だが...言っているのはトミー・アーマーだから。

(それに彼に限らず、こんな意味の言葉は本当に昔から色々な人が言っている。)


でも、「女」をよく知っている男はもちろん、女にもてない男でも(いや、もてないから尚更か)「女の扱いが難しい」って事には多いに共感するもんだから、この言葉が長く沢山伝わっているんだろう。


ゴルフっていうゲームは、昔から「人生」や「女」に例えられることが多い。

人生に例えられる場合は、そのゲームの「運」「不運」の絶妙なバランスが、自分の生きてきた人生に照らし合わせて、主に自虐的に共感することが多い。

懸命な努力が報われない絶望感。

もう少しでの成功がほんの少しのミスによって台無しになる挫折感。

幸運は自分の方には全然来ないで、他の人ばかりに行くと感じる嫉妬・不公平感。

「一体自分が何をしたって言うんだ」と泣きたくなるような「不運」は、大事なときに何時もやってくる...その「ああ、やっぱり」という「堕ちて行く」感覚にはマゾヒスティックな快感さえ感じてしまう。

だが、ゴルフと言うのは実の人生と違って、ラウンド後にいつの間にか生まれる「妄想による希望」と「根拠のない自信」によって、次のラウンドではまた新たな再生のスタートを切ることが出来る。


女に例えられる場合、ゴルファーはコースに対して強引に「押しの一手」で対したり、あるいは卑屈に「引いて引いて」刻んで回り道をして、何とか自分の思う通りに回ろうとする、その姿勢がその人の女性に対する態度に重なると言う事。

それぞれが精一杯の拙い手練手管で、なんとか憧れの女性を「落とそう」とする報われそうも無い努力が共通しているって訳だ。

まかり間違って上手く行った場合の達成感は、他では決して得られないくらいの「喜び」があるはずなんだけどね。


しかしどっちにしたって、そう簡単に気難しいコースがいい思いをさせてくれるはずもなく、口説いても口説いても素敵な女性がこちらを向いてくれる訳も無い。

それでも根が善良で真面目なゴルファーは、「自分のやり方(口説き方)が間違っていたのか」と反省し、次のラウンドでは違う方向から違う攻め方や、違うクラブで再び懸命にアプローチする。


しかし、そんなことを繰り返しているうちに機嫌を損ねたコースに往復ビンタを浴びて、「ああ、ワーストスコア更新だ..」なんて泣きを見ることになる。

まあ、そこで諦めないのが「女」と「コース」の違うところだけど。

女性には3回誘ってダメなら完全に諦めた方が良い。

それ以上しつこく誘ったら、「ストーカー」として警察に捉まるかもしれないから。


でも、それがゴルフとなると、ストーカーとなってもしょうがない。

嫌われても、嫌がられても、引っぱたかれても、蹴っ飛ばされても、締め落とされても、気がつけばまたゴルフコースに向かう自分がいる。

そんなに嫌いなら、ずっとこっちを向いてくれなければいいのに、何故かゴルフコースはどんなラウンドでも一回は自分に向かってゴルフの女神様が「微笑んで」くれて、素晴らしいプレゼントをくれるものだから。

たった一発の「会心のショット」、絶望の闇に光が差す「バーディー」、ふとした事で掴む「ああ、これだ!」の感覚、ふと振り返った時の空の美しさ、涙ぐむ顔に触れて通り過ぎた気持ちの良い風...

ああ、根が単純なゴルファーってのはそれだけで報われた気持ちになっちまう。


調子に乗るとぶん殴られて、諦めようと思いかけるとちょっとプレゼント...結局、ゴルフってのは究極のツンデレ女なのかもなあ。

img_0-22

「プロの物まね屋で終わるな。 諸君には諸君だけの方法があるはずだ。」...デイブ・ヒル。
(久保田滋氏編 「ザ・ゴルフ」(ゴルフ名言集)より)

そうだろうと思う、だけどその自分だけの方法が難しい。

こんな事描くととまた仕事が減りそうだけど、ずっと思っていることがある。
自分でも仕事だから何度も描いているんだけれど...例えば、タイガー・ウッズのスイング。
仕事では「プロの良いスイングの見本」として、イラストに描くわけだ。
「このスイングが素晴らしい」
「君たちも参考にしなければ」
「この方法でこんな結果を彼は出しているんだから、こうすれば君たちも良い結果が出るはずだ」
そんな記事のイラストとして...でも、本当にそうだろうか?
確かに良いスイングではあるんだろう。
現実に素晴らしく良く飛ぶし、素晴らしいスコアを出し、優勝を重ねてはいる。
...でもね、俺の考えじゃ彼のスイングなんて、我々普通の人には絶対に真似できない特別のスイングなんだ。
身長は190センチ、鍛え上げられた筋肉がついていてずっとトレーニングを欠かさず、子供の頃から作り上げたフォームで、身体が壊れるほどのスピードで振り抜く(実際に彼でさえ壊れちゃったけど)。
そんなスイングを、普通の凡ゴルファーが本当に真似できると思う?
そりゃあ、形だけなら真似する事は出来る...それこそタイガーに比べたら超スローモーションのようなスピードで。
でも、それで彼のスイングの良いところや凄い所が、少しでも取り入れられるだろうか?
それこそ、似て非なる物...どころか、所詮滑稽な猿まね踊りみたいなもので、何の役にも立たない努力なんじゃないか?
むしろ才能とセンスでカバーしている、頭の上下動やら振り過ぎの身体の動きなんかだけ真似る結果となって、酷いボールの連発や身体を痛める結果になる事が多いんじゃないか?

それはタイガーに限らず、今のトッププロの殆どに言えることだろう。
彼らのスイングはアスリートだから出来る特別なもので、一般のアマチュアゴルファーの参考にはならない。
...と書くと、反論が一杯あるだろうけれど。
じゃあ、どうすればいいのか? と。

そうなんだ...デイブ・ヒルの言う「諸君だけの方法」なんてのが、簡単に判れば苦労はない。
考えられる一つが、自分だけの再現性の高いスイングを、ラウンドしながら作り上げていくやりかた。
でも、このためには莫大な時間と金と努力が必要だろう。

結局、自分と体格とか体力、筋力とか、年齢とかに何かしら共通性のあるプロ、ないしは上級者の人を参考にしてスイングの基本を作り、そこに自分だけの再現性と効率の良い何かをプラスして作り上げていくのが一番良い方法だろう。
そして、今現在その方法を一番簡単に実現できるのは、そういう考え方の「頭の柔らかいレッスンプロ」に助けてもらう事だと思う。

テレビや本で見る世界のトッププロの物まねは、自分に「やっぱり出来ない」というコンプレックスを植え付け、「俺はダメだ」という自信を無くすだけの結果になる事が多い。
...そんなことを言ったのではないのかなあ、この言葉。

だから速く確実に上達したいなら、とにかくプロの様な格好良いスイングを目指すより、「自分がいつでも平常心で打っていける」ような自分に合った無理の無い(でも合理的な)スイングを、「頭の柔らかいレッスンプロ」と共に早く見つけることだ。

「変則スイングを固めたものほど、スイングの再現性が高い」、なんて言葉もあることだし。


img_0-21

「ゴルフは言い訳で始まって、言い訳で終わるゲームだ」...ハーヴイー・ペニック。

ペニックは有名なレッスンプロ、というか、ベン・クレンショーやトム・カイトを育てた名コーチ。
言葉はそのままの意味。
要は、「だけど、あまり言い訳なんかするんじゃない」という意味だろう。
言い訳するのは見苦しい、言い訳はみっともない、男らしくない、情けない、かっこ悪い、傲慢である、なんて、心の内が透けて見えるようで聞き苦しいから「言い訳なんか言うものじゃない」。

確かに、いちいち言い訳を言うゴルファーとはあまり一緒に回りたくないし、言い訳を言う自分も好きじゃあない。

ただ俺はかなり以前に、頼まれて書いたエッセイで顰蹙を買ったことがあるんだけれど、「アマチュアゴルファーは『言っても良い言い訳』がある」と思っている。
...それは、『仕事』の言い訳。
トップアマと呼ばれる人の多くは、「アマチュア」とはいいながら実際には殆ど仕事をせずに、一週間に3日も4日もゴルフをしている。
それは、例えば練習場の経営者だとかゴルフショップ経営だとか、あるいは「飲食店経営』とか言いながら実際は他の人に店を任せて自分はゴルフ三昧なんて人達だ。
...それに比べて、普通のアマチュアゴルファーは一週間に5日以上仕事をしている。
みんな生活のために家族のために必死で働いて、残った時間と生活費以外の給料の残りを遣り繰りしてゴルフをしている。
毎日仕事をちゃんとやってこそのゴルフなのだ。

だから、ゴルフの予定や試合の予定が決まっていても、決してそれに合わせて優先的にスケジュールを調整するなんて事は出来ない。
当然、ゴルフの前日までに何とか仕事を終わらせようと、寝る時間を削ったり、徹夜したりして無理をしなくちゃいけない。
それでも、急な仕事が入ったりで、ラウンド当日に万全の状態でゴルフをやれるなんて事は滅多にない。
せっかく練習してたのに寝不足で身体が思うように動かなかったり、仕事で腰を痛めてしまったり、何週間も練習出来なかったり、言い訳や愚痴を言いたくなるのも当然だろう。
でも、それがアマチュアゴルファーの普通の姿なのだ。

(「道具が」とか、「運が」とか、「同伴競技者が」とか、「キャディーが」とかの言い訳は本当に見苦しい。
そんな言い訳をするヤツは軽蔑されて当然だ。)

ゴルフの女神さんも「仕事が忙しくって...」って言い訳ならば、きっと許してくれるはず。
「俺は家族の為にちゃんと仕事をやったんだ!」って言い切れるならね。



...それでも言い訳しない奴って、やっぱり格好いいけどね。

↑このページのトップヘ