ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-12

「打つ前に悪いイメージを持つと、その通りのミスになる。」...ミッキー・ライト。

大分前から良く聞いた言葉に、「ゴルファーは自分の言葉に責任を持ってしまう」というのもあった。
色々なゴルフ界の著名人が同じ意味のことを言っているところを見ると、この言葉は上手い下手、ゴルフ歴の長短にかかわらず誰もが感じていることなんだ、と改めて思う。

「この前はここでフックしてOB打ったんだよなあ...」とか、「ここの池には何度も入れてるよなあ...」なんて、ちょっとでも思ったが最後...殆どの場合そのイメージの忠実な再現になってしまう。
誰でも心当たりがあるだろう。

ゴルフの奥深さであり、面白さとも共通するんだけれど、
「ゴルフボールは、必ず行って欲しくない方向に飛ぶ」という「真理」もある...これは宇宙の定理でもある。
「左に行っちゃダメだ!」と思えば、必ずボールは左に飛び、「右には行くな!」と願えば必ずボールは右に行く。
では、どうしてみんなそこそこフェアウェイに打てるようになるか、というと...ゴルファーというのはみんなコースで酷い目にあってから、修行をするようになるからなのだ。
そこではみんな本能と欲望を抑え、「動かしたい所を動かさないよう」に、「動かしたくないところを動かすよう」に、「右に動きたいところを左に動かし」、「左に動きたいところを右に動かし」、「上に行きたいところを下に向け」、「下に動こうとするのを上に動かし」...そんな血と汗と涙の努力と練習の結果、ボールは弱々しくもフェアウェイに行くようになる。
そのように自分の本能から遠く離れた所で、苦労の末作り上げた「スイング」というものは、「こんなに苦労したんだから、きっとフェアウェイの方向に行く...に違いない...行って欲しい...頼むから行ってくれ」なんて感じで、やっと微妙なバランスの上で「もの」になっているもんなのだ。

だから、そこに疑問が入るともういけない。
チラッとでも「右の池が...」とか「左のOBが...」なんて思っただけで、そんな努力と修行の結果なんて霞のようにどこかへ吹き飛んでしまう。
これは沢山の有名なプロゴルファーでさえ、言っている言葉なんだから間違いない。

じゃあどうするか、ということだけど...そう思うな、ということしかプロも言えない。
そんなイメージが出てきたら、アドレスを解いてはじめからやり直す、と。
でも、出てくるなって言ったって、出てくるのが悪いイメージ..なんたって景色が見えてしまうんだから。

そこで、しょうがないからおまじないを頭の中で繰り返す...「俺のボールは絶対にまっすぐ飛ぶ!」でも「今日の昼飯は、中華にする」でも「ここでまっすぐ飛んだら、嫁さんにお土産持って帰る」でも「フェアウェイ右サイドに飛んだら、今度の休日には子供の相手をずっとする」でも「あの女優のおっぱいはいいなあ」でもいい。
悪いイメージを一時的に、強引に違うイメージで吹き飛ばし押さえつけて、その間にスイングするのだ。

つくづくゴルフってのは...繊細で正直で謙虚で優しい神経の持ち主には難しいゲームだ。
だから昔から、「嫌な奴ほどゴルフが上手い」って言葉が言われているのだ。

...嫌な奴だがゴルフが下手、っていう俺は立場がないけど。

img_0-11

「我々は公平ということを、言い過ぎる。
 非常に良いショットが 非常に悪いライになることがある。
 だが、それがゴルフなのだ。」...ジョージ・ダンカン

どうだろう。
別に「長い目で見れば、幸運も不運も同じ」という言葉があるけれど、自分じゃ圧倒的に不運の方が多いと思っている人が圧倒的に多いんじゃないか。
...でも、ここでは運不運の問題は置いておいて。

ゴルフの面白さ、ゴルフの奥深さというものは、自然の中で遊び競うものだというところにあると思う。「自然の中で遊ぶ」ということは人工的な場で遊ぶ事と違い、同じ距離を打つのであっても、風が違い、気温が違い、自分の体調も違い...そして「ライ」が違う為に「全く同じショット」を打つ事はまず無いと言う事。

昔からいろいろな名手達がゴルフのことを、「ゴルフは景色のゲームだ」とか「ゴルフはライのゲームだ」とか言っている。
景色とは、例えば「右がOB」とか「左が池」だとか、「目の前が池」だとか、普通の広くて何にも無いフェアウェイからならなんでもないショットが、見える「何か」があるだけで普通にショットが打てなくなってしまう...景色を見たことによる心理的な影響がゴルフを難しくすることを言う。
(10メートルの長さで幅30センチの板は、地面においてあれば誰でも問題なく歩けるけど、20メートルの高さにあったら歩いて渡れる人は極少ないだろ?)

そして、「ライ」。
ゴルフは原則的に、ティーグラウンドでボールをセットしたら、グリーンに乗るまで絶対に「手」でボールを触ってはいけないのだ(アンプレアブルの処置、修理地、カジュアルウォーターの処置、あるいは動かせない障害物の処置など、いくつかの例外はあるけれど)。
どんなに良いショットをしても、誰かが掘ったディポット跡に入ってしまうことがある。
ちょっとキックが悪かっただけで、変な傾斜に行ってしまうことがある。
理不尽だし不公平だし、時には「祟り」とか「呪い」の存在迄信じたくなる程だ...でも、「それがゴルフ」なのだ。
ゴルフは本来アンフェアなもの、それを甘んじて受けて、その苦難を乗り越え、奥深さを楽しむのが本当の「ゴルファー」なんだと思う。

だから、よくオープンコンペなんかでやっている「6インチプレース」。
あれはゴルフを本当に楽しみたい人は絶対にやってはいけない。
もしやれば、その人のやっているものは断じて「ゴルフ」ではなくなってしまう...ただ格好が「ゴルフに似た球遊び」だ。
ゴルフに似てはいても、志も誇りもルールも、世界の人が楽しむ「ゴルフ」じゃあない。

初めてオープンコンペで会うゴルファーのそこだけは見ている...そして、ボールに触らない人とのゴルフ談義は、実に楽しい。
ともに不運を嘆き合うんだって、触らないから潔い。

だから「ゴルフ」は面白い。

img_0-8

「冒険しなければ、なにも手に入らない」...イギリスで、古くから言われている格言の一つ。

日本風に言えば「虎穴に入らずんば 虎児を得ず」とかなんとか...

例えば、自分がナイスショットをすれば届くけれど、少しでもミスすれば池に入る、なんていう場合。
貴男は冒険するだろうか、安全第一で刻むだろうか?
なんだか、人生に対する「向き合い方」みたいなことさえ問われているような問題。
普通は刻む人と、行く人は半々くらいだろう。
そして「行く人」の成功率もせいぜい50パーセントあるかないかだと思う。

今の一般的なレッスン書やレッスンプロの薦めるのは、大体慎重論の方だろう。
無謀な攻め方をするのは、「ゴルフ頭の悪い」ゴルファーとして軽蔑され、「行かない」ゴルファーのほうが「頭脳的なゴルファー」として賞賛される。

なのに、昔のゴルファーがこうした言葉を残しているのは何故だろう?
...こう考えられるのではないか。
「勇気あるショット」にはうまくいったときには「自信」と、「スコア」と、「良い記憶」がご褒美としてゴルファーに与えられる。
この勇気の記憶は、次に冒険しなくてはいけない場面に遭遇したときに、決断の早さと、身体の動きのスムースさと、心に不安が起こるのを抑える「自信」をもたらしてくれる。
「臆病さ」からきた「刻み」には、また再びそういう場面に遭遇したときに、前と全く変わらない怯えと不安に襲われる...いつまで経っても、同じ結論しか出せなくなるわけだ。

命まで奪われるわけじゃなし(ボールの一つや二つ、スコアの一つや二つ)...「チャレンジしてこそ、自分に新しいゴルフの世界が開かれる」ってことを昔の人は言ったんだと思う。

ただし、勇気あるショットと「無鉄砲」なショットは違う。
アーノルド・パーマーも言っているが
「勇気あるショットには報酬があるが、無鉄砲なショットには得られるものはなにもない」

ここからが俺の勝手な解釈だけど、「勇気あるショット」の条件とは、せめて練習場で3回に一回は打てるショットではないだろうか...俺的には5回に一回打てるものでも良いと思うけど。
なぜなら、そんなショットを「ここ一番」で上手く打てたら、練習場ではいつでも打てるようになるほどの自信になるから。
無鉄砲なショットとは、「上手く打てた記憶の無いショット」、あるいは「ただ打ちたいと思っているだけのショット」、あるいは「テレビで見ただけのプロの打ったショット」、あるいは「プロも打てないような凄いショット(笑)」なんかの事。
つまり、妄想と願望のみで打とうとする「100回に1回も当たらない、下手打ちギャンブルショット」の事だ。


「行くか、やめるか」...やった後悔か、やらなかった後悔か...どちらを選ぶかと聞かれたら、俺は間違いなく「やって後悔」した方が良いと思っている。
だからこの次にそういう機会に出会ったら、また間違いなく行っちまう...


いい年して、懲りずに...そして、口癖になっちまった「やっぱり、オレは馬鹿だ...」を言うんだよなあ。

↑このページのトップヘ