ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-26

「優れた設計のパー3ホールは、正しく打たれた完全なショットには容易にパーを与えるかわりに、ミス・ヒットや無計画なショットには容赦なく5以上のストロークを与え、はじめから計画的に4で上がろうとする者には確実に4を与える」...トム・シンプソン。

トム・シンプソンはイギリスのコース設計家。
ショートホールの設計のイメージを語っているのだが、これはイコール我々のショートホールの攻略のイメージとも重なる。
ショートホールというのは、調子が悪いときには一番パーをとれる可能性の高いホールだし、調子が良いときには思わぬ落とし穴が待ちかまえているホール、というのはゴルファーならみんな実感している事だろう。
殆どの場合はアイアンで届く距離であり、乗せさえすればパーは簡単にとれる...調子が良いときにはこんな風に思ってティーショットするだろう。
そして、そんなに調子がよいときには、ピンデッドに狙ってバーディーを、なんて考える。
しかし、ちゃんとした設計のショートホールの場合、ピンに近い方にグリーンを外すと、必ず難しいアプローチが残るように出来ている。
それを、なおも無理してピンを狙っていくと、簡単にダボやトリになる。
これはグリーンの周りで落とすスコアだけに、精神的なダメージが大きい。

対して、難しいところに外すと寄せる自信がないからと危険の一番少ない方向を狙うと、乗っても長いパットが残ってバーディーは難しいが、上手くいけばパー、3パットしてもボギーであがれる。
もちろん外しても、グリーンに乗せるだけなら難しくないから、十分ボギーでいける。

わかっているんだよな。
ボギーで良い、と思えばショートホールは易しいものだ、なんて。
でもね、アイアンで届くところにピンが見えて、平らなライにティーアップして打てる...そんな状況ではじめから安全なところにボギーを狙って打つ、なんてハンデ18の人だってなかなか出来ない。
ティーグランドからの打つ前のイメージなんて、「寄せてパー」なんかじゃなくて「ピンそばでバーディー」に決まっているよなあ?
ゴルファーはそれが我慢できるようになって、初めて上級者への道を歩み始めることが出来る(笑)。
...そう、ストレスと自虐に満ちた、シングルへの道をね。
ゴルフの本質ってのは(「スコアを少なくする」と言う部分だけでは)、欲望を耐えて凌いで本能に逆らって我慢するマゾヒスティックなゲームだって事...そのしんどい世界に飛び込む勇気があるものだけが、上級者と呼ばれるようになる資格がある。

難しい事を考えたくない明るく善良で正直で優しい人間が、ゴルフで上級者になるのはもの凄く難しい。
「嫌なヤツ程ゴルフが上手い」と言う嫉妬半分の言葉が昔から伝わっているのも、そういう事からなのだ。
だから、いつも明るく楽しくいい人でゴルフを楽しみたいなら、ずっと出たとこ勝負本能一直線の「たら・れば」ゴルフを楽しむのもアリって事だ。


設計家の言葉、ショートホールのティーグランドで、一度思い出してみるといい。

img_0-25

「大胆にパットするものには、カップは非常に大きく見えるものだ」...サー・ウォルター・シンプソン。

これには逆説的な意味があって、「怖がっておっかなびっくりパットするものには、カップは非常に小さく見える」と同じ事。

確かに(傍目に見れば大胆ともいうけれど)、「打ちすぎた!」なんてパットの方が、「ピッタリだ」なんて思ったパットより入ることが多い。
そして、「あれ?入っちゃった。」なんて事が続くと、なんだかいつもよりカップが大きく見えてくる。
そうすると、「こんな大きいカップなら入るはずだ」なんて更に思えて、多少遠くたってその日のパットがガンガン入りまくったりする。
年に何度かある「パットの入る日」の始まりだ。
そしてショットが良い日より、こんな「パットが入る日」の方が自己ベストの更新をしたりする可能性が高い。

パットっていうのはどんなに下手な人でも、ワンピンを横に1メートルも外したりすることはあまりない。
やるとすれば距離の誤り...特にショートし過ぎるミスが多い。
ショートしてショートしての3パットや4パットなんてのは、ゴルフのミスの中でも最もやっちゃいけないミスだ。
こんなミスをするとアプローチやショットのミスも多くなるし、なにより心に大きなマイナスイメージが出来上がってしまって、やる事成す事悪い方向に向かって行く。

だから、パットの入らない日はカップの大きさを倍くらいにイメージして強めに打ってみた方が良い。
「でかいカップだ!」って心を騙しても無理矢理カップを広げてしまうのだ。
そう思えれば、緊張して手が動かないなんて事は少なくなる。

なんたって、チャンスについたボールをことごとくショートするなんて、一番みっともない。
小さく見えるカップにびびって、手が動かない、打てない、なんて見ていても情けない。
以前描いた「チャンスについたバーディーパットをショートする奴と、友達になってはいけない」って言葉は、こういったときによく分かる。
そんな風にショートしまくる奴には、必ず泣き言や愚痴や言い訳が一緒についてくる。
たかがショートパットで、人格の弱みがみんなばれてしまう。
それ迄の長い時間をかけて作り上げて来た外向きのイメージが、パット一つで崩れ去ってしまうのだ...一日の時間をかけて遊ぶゴルフってのは、結構怖いモノなんだ。


無理矢理でもイメージしろ!
カップは倍大きいぞ!
打て! 打て!
痩せ我慢して、唇噛み締めて、血圧上げながらでも、必死にカップを越えさせろ!
打ちすぎて外れるのは、ショートして外すよりもずっと気持ちが良いはずだ。





...まあ、限度もあるけどね。


img_0-24

「男はカップに入れたがる、女はピンに寄せたがる、あーなんてゴルフはえろちっく!」...不詳。

「ゴルフコースは女に似ている」...だから男は夢中になる...じゃあ、女は何でゴルフが好きになるのか。
なんてことを調べていたら、こんな言葉が見つかった。
マナーにうるさい先達に聞かれたら起こられる様な、俗っぽい言葉なので笑ってしまった。

これでもまだ柔らかく表現したものらしく、もっと俗っぽく伝えられてきたのは

「男は穴に入れたがる、女は竿に寄りたがる、だからゴルフは面白い」だって。

別に俺が言ったんじゃないからね...昔のゴルファーからの言い伝え。
大きな声じゃ言い難いよね(笑)。

いや、オレは別にこの言葉にそんなに共感しちゃあ、いませんよ。
...だって、俺は今アプローチが得意になってきてるんだけど、竿に寄せたがるからって、俺はあっち関係じゃあないからね。

それに、ちょっとゴルフを真剣にやった人なら判ってくれるだろうけど、オレはカップインさせる時より、青い空・濃いグリーンの中、白球がピンにピタリと絡んだショットを打った時の方がずっと気持ちが良いもの。
それに、会心の当たりで思い通りのティーショットを打てた時だって、最高に気持ちが良い。
まあ、「飛ばすのも男の本能」と言われれば、そうなんだけど。

にしても、ピンに寄せるとき、女性は本当に快感を感じるのか?
確かに上手い女性は「寄せ」が上手いけど、気持ちいいから寄せが好きな訳?
いや、やっぱり女性だって「ドッカーン!」と打って、ボールが遠くへ飛んでいった時の方が「気持ちいい〜!」って顔してるし...

いや、待てよ...あの顔はけっこう獰猛な感じがあって...まるで嫌いな男性を思いきり引っぱたいた時の「気持ちいいー!」って顔みたいだよな。
じゃあ、色っぽい「気持ちいい」って顔は、どんなときに?
やっぱり、ピンに寄ったときか?
いやいや、結構いろんなところで「気持ちいい〜」って顔している...

まあね、所詮がさつな男には複雑繊細微妙な女心はわかりゃあしませんって。
女に比べりゃ、男の気持ち良さなんて、何時も一瞬。
「よーし!」「イったあ!」と思ったら、
「お客さん、OBです。」

「はい、もう一回」


...おあとがよろしいようで...


↑このページのトップヘ