ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-68

「風を過大評価してはいけない。風が吹いたら、いつも追い風のようにスイングすればいい」...カーチス・ストレンジ。

カーチス・ストレンジは、ツアー17勝(うちメジャー2勝)。
メジャーは1988年89年の全米オープン連覇。
これはベン・ホーガン以来38年ぶりの快挙で、その後も達成したゴルファーはいない。

何よりも、あの正確性で勝負した全盛期のニック・ファルドを根負けさせたくらい、その正確なゴルフが売りだったストレンジの言葉だ。
どんなときでも、状況に左右されないショットを打っていた「コツ」はこんな所にあったのかもしれない。

ゴルフに風はつきもの...というより、野外の自然の中でやっているゲームなんだから、風のない方が不自然だろう。
ゴルフをやる限り多少の風があるのは当たり前だと考えた方がいい。
その風が、我々の頭を悩ませ、考えさせ、迷わせ、スイングに強く影響させる。

そうなる理由は、ゴルフを始めるとすぐに、あの堅いゴルフボールが何とも簡単に風に乗って、曲がり、吹き上がり、押されて行くのを経験するからだろう。
自分の打ったボールも良く曲がるものだが、風にあおられた固いゴルフボールがまるでピンポン球のように吹っ飛んで行くのは、実際にそれを見たものにしか信じられない光景だ。
横からの風には、フェアウェイを横切って反対側迄流されて行く。
追い風には、当たり損ねのボールだってなかなか地面に落ちて来ないで遠くに飛んで行く。
そして向かい風には、高く吹き上がるだけで全然飛ばない...それどころか、こちらに戻って後ろ側まで飛んで行きそうな気さえする。

これは実際のボールの性能よりも、むしろ心理的なもののスイングへの影響がプラスされて、より風に弄ばされているからでもある。

ゴルフというゲームは不思議なもので、普通の考えの「常識」がミスの元となることが殆ど。
むしろ、一番に心に浮かんだことの真逆のことやる方が正解なことが多い。
風に対しても同じ。
向かい風、というだけで本能的に風に対抗しようとして、普通のスイングより力を入れてしまう。
するとボールには余計なスピンがかかり、結果として、より風に影響される球になってしまう。
横風に対しても同じ事。
その風に対抗しようとすればするだけ、余計に風に影響されるボールを打ってしまう事になる。

向かい風に対しての正しい対処は、「余計な力を入れずに力を抜く」のだけれど、ただ向かい風に対して「力を抜け」というのは、言うのは簡単だが実際にやることは易しくない。
そのために、カーチス・ストレンジは「追い風のつもりでスイングしろ」と言っているのだ。
覚えがあるだろう、(特別強い強風の追い風は別として)追い風と感じたとたんに気持ちが楽になり、結構いいスイングが出来たこと。
「多少ミスしても追い風がボールを運んでくれる」と思えば、不安感で無駄な力が入らずに素振りのようにスムーズに振れる。
向かい風に対して追い風のように振れれば、ボールに余計なスピンがかからないためにドロンとした、風に煽られない球となって意外に飛んで行くものだ。
横風に対してだって、同じ理由で追い風と思うだけあまり風の影響を受けない球筋となる。

力ずくで対抗しようとしても、ゴルファーは絶対に風には勝てない。
力ではなく「追い風」と思う気持ちの持ち様で、風の日のゴルフを楽しもうじゃないか。

...ただ、このブログのタイトルを見れば判るように、自分は「いつもアゲンストウィンドばっかり」なんだよねえ。
追い風のときの気持ちなんてあまり長い間経験してないんで...あれって、どんな気持ちだったっけ?


img_0-67


「上達したかったら、1mのパットばかり練習せよ」...アーネスト・ジョーンズ。


アーネスト・ジョーンズは、第1次大戦で負傷して右足を失いながらも、大戦後片足でパープレーでラウンドしたと言う伝説のゴルファー。
「Swinging into Golf」を1937年に出版して評判を得た。

...1mのパット。
こんなゴルフをやったことのない子供でも入れられるパットが、実はゴルフにおける全ての上達のポイントなんだと彼は言う。
1mのパットなんて、ゴルフを始めた当初はそんなに難しいなんて思わなかったはずだ。
だが、ゴルフを知るにつれ、プレーを続けるにつれ、その距離のパットの難しさを感じるようになって来たはず。
それは「入れるに十分易しく、外すに十分易しい」距離。
そしてそれは、ゴルフの特徴である「技術に精神状態が大きく影響する」プレーそのもの。
その証拠に、古今のいろいろなパットの名手が、「自分は1mのパットをいくつ外したか数えきれない」と言う意味の言葉を沢山残している。

この1mのパットを100パーセント沈める自信があれば、ゴルフのプレーは劇的に変わる。
アプローチや、ファーストパットはグリーン場の半径1m(直径2メートル)の範囲に寄せればいい。
そうだとすると、ちょっとライが悪いセカンドショットやサードショットは、無理にグリーンを狙わなくてもいい。
そうなると、ティーショットもOBやワンペナや池にさえ行かなければいい。

すると普通にボギー、パーは確実に取れるような気持ちになる。

アプローチやファーストパットのミスは、「小さなカップに、ともかく近づけなくてはいけない」というプレッシャーに身体が過剰反応して起きる。
1mのパットに自信があれば、アプローチやファーストパットは2メートルの範囲に寄せればいい「易しい」ショットと感じるために、普段と違う強いプレッシャーなんか感じなくて済むだろう。
だから、古今の名人もアーネスト・ジョーンズも、「上手くなりたかったら1mのパットの練習をしろ」と言うのだ。
 
そして、おそらく世のアベレージゴルファーも殆ど全ての人がこの言葉が正しいのを知っている。

では、何故世のアベレージゴルファーが、いつまでたってもアベレージゴルファーなのか?

答は、この練習をしないから。
理由は一つ。
「つまらない」のだ、この練習は。

1mのパットは、同じ姿勢で、殆ど動きのない運動を繰り返し繰り返し、繰り返し繰り返し.....
およそゴルフの練習でこれだけ単調なものはない。
まだ素振りの方が、体全体を使うだけまし。

普通は20回もやったら、飽きてくる。
腰も痛くなって下手すりゃギックリ腰になりかねないし、下向いているんで血圧も上がりそうだし、目が回るような気もしてくる。
フルスイングのようにスカッとした気分にもなれないし、練習での1mのパットなんて普通に入るし、どうすれば上手くなるのか・なったのかの実感もない。


このあくびの出る程単調な練習を黙々とやり続ける意志の強い人間だけが、確実に上達の道を歩き続けることが出来る。
これを耐えられない人は、上達を諦めて楽しむゴルファーで満足した方がいい。
どうだろう、皆さんは3日間でも続けられるだろうか。

...自分は無理だった(笑)。

img_0-66

「フィニッシュは、クラブヘッドが行きたい所に行かせればいい」・・・ラリー・ネルソン。

ラリー・ネルソンは、飛ばないが正確なショットを武器に、米ツアー10勝(うち3勝がメジャー)、海外で5勝、チャンピオンズツアーで19勝を挙げている名ゴルファー。
特にメジャーは、1983年全米オープン、1981年、1987年に全米プロで2勝している。

「飛ばないが正確」なゴルファーの言葉としては、意表をつく言葉だ。
普通はダウンやインパクトで力が入り過ぎたり、腕で打ちに行こうとしがちなゴルファーには、「フィニッシュをイメージして、そこに振って行け」というのが適切なアドバイス、とされているのだから。

ラリー・ネルソンは、プロゴルファーとしては決定的に遅い21歳からゴルフを始めて、どのようにして速く上手くなるかをいつも考えてスイングを作り上げていった。
そういう意味では、大人になってゴルフを始めた人の苦労や、迷いや、試行錯誤の数々を一番判っているプロゴルファーともいえる。

そんな男のこの言葉には、自分の体験から来た真実がある。
彼は、フィニッシュを考えて、そこに振って行こうとすると、「いろいろな部分で力が入り過ぎたり抜け過ぎたりしてしまって、上手く行かなかった」と言う。
そこで、ダウンからインパクト・フォローにかけてボールを正しく捉えられたなら、フィニッシュはどこに収まってもいい、と考えるようになってやっとショットに正確さが備わって来たのだと。
つまりちゃんとインパクトすることが大事で、フィニッシュはどうでもいい、と考えたことで「彼は」自分のスイングで無駄な力を抜くことに成功した。

これが誰にも当てはまるかどうかは判らないが、少なくとも大人になってからゴルフを始めた人にとってや、プロやレッスンプロ(ほとんど全員が子供時代からゴルフをやって来た人)の言うことを素直に聞いているのに「行き止まり」になっている多くの凡ゴルファーにとって、新しい希望の道を示す言葉かもしれない。
大人になってから始めたゴルフは、まず頭で理屈から理解しようとする。
どんな方法がいいのか考えてから、体をそう動かそうとする。
しかし多くのプロ達は「子供の頃」からゴルフを始めている...つまり考えなくても既に身体が動くようになっている人が殆どなのだ。
だから、大人になってゴルフを始めたビギナーが「出来ない」事を実感出来ていない人が多いのだ。
まず自分が考えずに出来てしまう事を、あと付けで説明しようとする。
言い換えれば、「出来ない事を体験していない」のに、説明しようとする...そういう人の言葉は、理屈は正しくても(出来ない大人には)役にたたないことが多い。

ラリー・ネルソンの言うように、「振り抜くことが大事」なのは判った上で、「インパクトがちゃんと出来ればフィニッシュなんてどうでもいい」と考えて練習してみると、意外に力のはいらない正確なスイングが出来る...「かも」しれない。
我々大人は、身体が考えた通りに動かないのが当たり前なんだから、まずやってみたいと思ったことをやってみる程「自由」であってもいいんじゃない?
いま目の前にある壁を越えるのに、みんながいいと言う道と違う道から行ってもいいんじゃない?

もちろん自己責任だけど(笑)。


↑このページのトップヘ