ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-64


「パターが手からずり落ちそうになるくらい、ゆるく握りなさい」...ボビー・ロック。

これは、パットの名手と言われたボビー・ロックが、パターのグリップの力加減を聞かれた時に答えた言葉だと言う。

パターのグリップというのは古くからのイギリスの名言で「パターはひよこをつかむようにグリップせよ」だとか、英語で「Feather grip」と言うように、「弱く握る」のが確かな正解らしい。
パットが苦手とか下手という人は、例外なくグリップを強く握り過ぎているというのだが...どうなんだろう?

どうもテレビの映像や動画で見ても、或いはプロのパットを近くで見ても、グリップの力加減までは良く判らないので「へえ、そうなのか」としか言えないような。
ただ、短い距離をよく外す人を見ていると、グリップする指が白くなるほど強く握っている事が多い。
そのために、どうしてもスムーズなバックスイングができず、ヘッドが左右に揺れるような不安定な軌道を動いて、痙攣したようなインパクトでボールに当たる。
酷くなると、短い距離なのにとんでもなく強く当たったり、打った瞬間に方向も強さも違うのが自分で判ったり...
そうなると所謂「イップス」と言えるんだろうけど(以前から「高い金や生活のかかっていない素人がイップスになる訳ない」と言われて来たけど、素人なりに一生懸命やっている人にそうなっている人は案外多いと思う)。

此処はボビーロックを信じて、「パターがずり落ちない程度」にゆるく握って打ってみよう。
...私の場合はロングパターなので、右手をゆるくすればいいんだけれど...
どうも私自身は「パットが入る入らないはその日の運任せ」と思っているから、上手くならないのかも。

「ゆるく握る」...プロの世界で最近の流行とでもいえる「クロー・グリップ」なんてのも、指の力(特に右手の)を抜くためにあんな形になったと言われている。

...ボビー・ロックに、ある人が「全英オープンで最後の4フィートのパットを入れたら優勝出来るという時は?」と聞いた時、その答えは...「その時は、もっとゆるく握りなさい」だって!!
(摂津茂和氏『不滅のゴルフ名言集」による)。

パターが苦手な人は、一度はやってみる価値があるのでは?

img_0-63


「人の失敗を笑う奴と、プレーの遅い奴。この手の人間とは2度と一緒にプレーしたくない。」...ウイリー・パーク・ジュニア。

確かに、「もう二度とこんな奴と回りたくない」なんて種類のゴルファーがいる。
「スロープレーヤー」は当然の事だろう。
以前、たった一人のスロープレーで、3ホールで前に2ホール置いて行かれた事があった。
私を含め他の3人が、殆ど素振りもしない速いプレーヤーだったのに、だ。
その男は、カートに乗らず極端にゆっくり歩く。
一番飛ばないのに、ボールのところにやっとたどり着いてからしばらく考え、何回も素振りをし、またクラブを換え、また...他の3人が焦れて、「先に打ちます」と言って全員打ち終わった後もまだ打たない...グリーン上ではあくびが出るほどさらに遅い。
3ホールでマーシャルが付き、3人で「急ぎましょう」と促しても「私たち遅くないですよねえ」と来た!
3人が「遅いです!」と声を揃えて怒鳴っても判らないようだった...これが自分が出会った最低のスロープレーヤーだった。
「多分、今迄ずっと誰もそれを注意出来ないような、偉い職業の人だったんだろう」というのが3人の意見...仕事に関係ないところでは、死ぬ程毛嫌いされていただろう可哀想なゴルファーだった。

「人の失敗を笑う奴」...これは、反省しなくては(汗)。
自分はそういうゴルファーの一人だと言える。
ゴルフを始めた頃の話だが、ある凄く懸命に真面目にゴルフをしている人と回った時に、深いラフからの彼のショット...フルスイングしたときにボールが遅れて「フワッ」と柔らかく上がったのが見えた...それがフルスイングのフィニッシュで顔の前まで来たヘッドに奇麗に当たり後ろに飛んで行った!
素晴らしいトリックショットを見たようで、「凄い凄い」と腹を抱えて大笑いしてしまった...彼自身は何が起きたか判らない様な憮然とした顔をしていたので、それを見てまた笑ってしまった。
そして...その後彼と一緒に回ったことがない。
またあるコンペのスタート時、飛ばし自慢の男のフルフルショットは、ヘッドの先に当たったようで...真横にいたキャディーさんの足の間を通り、見ていた我々の間を通り、何かに当たった「カキーン」という音がした。
「キャー!」「ワアーー!」「アブねえっ!」「怖〜!」とかいう騒ぎの中、「ボールは?」と皆があちこちを探し始めたその時、「ボトッ」という音と共にティーアップしていた場所のすぐ近くにボールが落ちて来た。
集まっていた皆が大笑い...特に俺は指差して大笑い...打った本人だけが呆然とボールを見つめていた。
それから彼とゴルフをしたことはない。

きっと、彼等にとって俺は「二度と一緒にゴルフをしたくない嫌な奴」になってしまったに違いない。
...気をつけよう。
人の失敗を絶対に笑ってはいけない。
どんなにおかしくても、笑う時は本人に判らないように、笑いをこらえ噛み殺して平気な顔をしていなくてはならない...そうしないと俺のようにゴルフ仲間を無くしてしまうから。



でも、俺は自分がそんな失敗をした時って、他人より自分で一番笑ってしまうんだけどなあ...
あんまり恥ずかしいときは、クラブの所為にして怒ってるフリをしたりして。 


img_0-62

『ゴルフは法律と似ている。 どちらもトラブルが相手だ。』...バーナード・ダーウィン。

みんな勘違いしている、ってことだ。
プロの試合を見ても、フェアウェイの平らで芝の生え揃った、何の問題も無いライからピンを狙ってパーオンする...それがゴルフだって思っている。
まるで練習場の打席のような場所からショットを打つのが「いいゴルフ」だって思っている。

ゴルファーにとって「良いコース」というのは、どんなコースだろうか?
よく言われるのは、「飛行場の滑走路のように広いフェアウェイ」「アップダウンのない平らなホール」「グリーンまで見通せる真っすぐなホール」...「古い名門コース」なんてのに多いのかもしれない。
こういうコースでのゴルフは、どのショットも練習場と同じに打てて、良いスコアは出せるかもしれない。
だから、スコアだけを追求する人にはきっと良いゴルフ場だと評価されるんだろう。

しかし、古いコースでも「名のある」設計家が残したコースは、決して不自然に平らなフェアウェイなんて作らず、逆に自然の地形を実に上手く生かして変化のある、練習場では絶対体験出来ないようなショットを要求するコースとなっている。
それは、ゴルファーにアイデアと対応の柔軟性を求めるということ。
つまり「真っ平らなライなんて、自然界には存在しない」ということだし、「練習所と全く同じ打ち方なんかは通用しないよ」ということだ。

それは、ゴルフコースではティーショット以外の、全てのショットが程度の差はあれ「トラブルショット」であるとも言える。
勿論、フェアウェイを外れれば、木の上木の下、或いは草の中水の中、砂の上に土の上、爪先上がりに爪先下がり、左足上がりに左足下がり...「大トラブル」なのは当たり前。
フェアウェイにボールがあったって、絶対に毎回違うライになる。
そういう場面で、柔軟な発想とテクニックを組み合わせて対応するのが「ゴルフというゲーム」の本質なんじゃないだろうか。

良いライからナイスショットを打たなくてはいけない、なんて思い込んでいるのは間違っている。
千変万化するライと遊ぶのがゴルフ...古来「ゴルフはライのゲーム」だと言われている。
ゴルフの面白さは「ライの変化にどう対応するか」、つまり「トラブルにどう対応するか」という事だともダーウィンは言っているわけだ。

本来のゴルフは「ティーグラウンドから以外のショットは全てトラブルショット」と覚悟しておいた方がいい。
そうして、そのトラブルに対応する事こそ、ゴルフの醍醐味。
それが上手くいったら、それこそ最高の喜びが待っていると思えばいい。

まあ、ゴルフに対する熱中度が、また一つ上がる...とも言える訳だけど。

↑このページのトップヘ