ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0-90


「いいゴルファーはフィニッシュでよろけない」・・・バイロン・ネルソン。

これはほとんどのゴルファーが経験しているはずだ。
上手く振り切れてヘッドが走った時には、フィニッシュで足がバタつかずにすんなりと立っていられる。
逆に飛ばそうとして力が入り過ぎてしまったスイングや、「なんか違う」という感覚を途中で感じたスイングの時には、フィニッシュが決まらずに身体が流れてしまう。
アベレージゴルファーでフィニッシュで動かない人は、意外に少ないのだ。
だいたい同じ形のフィニッシュになる事も滅多にないし...

特に「ドライバー」という「一番飛ばすための道具」を手にした時には、アベレージゴルファーの殆どは打ち終わったあとで、バックするか、前進するか、たたらを踏むか、踊り出すか、走り出す。
打ち終わっても、まだ打ち足りないかのようにさらに回転する人だっている...
...ドライバーという代物が、他のクラブのように「00ヤードを打つ」という「道具」ではなく、「可能な限り飛ばしたい」という欲望と願望から出来ている魔法の杖であるために、ゴルフに取り憑かれた男達が「自分の全力」や「神頼み」や「怨念」や「おまじない」の力を借りてまで振り回すのはやむを得ないともいえる。
数発のOBやロストが出たって、自己最高記録の飛距離や、ライバルを圧倒する当たりが1発でも出れば満足な男は驚くほど沢山いる...ひょっとすると世の凡ゴルファーのほぼ全員かもしれない。
そんなゴルファーにとっての、ドライバーのマン振り後のダンスは...奇麗なフィニッシュで飛ばないよりは、格好悪くてもより飛ばそうとした結果として大目に見よう。
男ってのはいくつになっても、物心ついたときから本能的に「飛ばしっこで負けたくない」と言う強迫観念の染み付いた、まるで子供みたいなもんだから。

ただし、「00ヤードを打つ」というクラブは別。
常に決められた距離を打つためには、よろけるようなフィニッシュ、あっち行ったりこっち行ったりするようなフィニッシュは厳禁だ。
特にショートアイアンの距離になる程、打ったあとにびくともしない安定したフィニッシュが絶対必要。
よっぽどのトラブルで足場が超不安定なところからのショット以外、打ち終わったあとにユラリとも動かずに、ゆっくりとボールの行方を目で追えるようなフィニッシュだ。
ポイントは「フルスイング」と言う言葉を頭から消す事。
基本「ハーフスイング」、強くても「クォータースイング」(所謂八分ショットってヤツね)でしか打たない。
ヘボと言われる我々レベルでも、ハーフショットを意識して打てばフィニッシュで乱れないで済む。

まずは我々は、「ハーフスイング」や「クォータースイング」イメージのアプローチショットやショートアイアンのスイングで、よろけないフィニッシュを体験する事から始めるとしましょうか。

img_0-89



「インパクトは左の耳で聞け!」...中島常幸

この言葉は中島常幸だけが言ったものではなく、古来色々な人が「ビハインド・ザ・ボール」を理解させるために語った言葉の一つである。
普通のアマチュアゴルファーの場合、トップから少しでも遠くに飛ばそうと「打ちに行く」と、どうしても身体を平行移動させてボールを叩こうとして、左足に上半身ごと乗ってしまうのだ。
こうなってしまうと、インパクトで詰まって振りづらくなったり、フェースが開いて入ったり、ボールの下に入ってテンプラボールになったりのあらゆるミスのもとになり、上手く打てたとしても飛距離は全然出ない結果になる。

しかし、これは人間の身体の構造や、心理的に「力を入れよう」とした時の自然な動きなのだ。
ゴルフスイングの「コツ」とか「ポイント」などと言うものが、ほとんどがそういった身体の自然な動きに逆らう事だというのが、ゴルフの一番の難しさでもあり奥深さでもある。
人が力を入れて何かを叩こうとすれば、誰だって(右利きなら)右足に乗せた体重を左足に映しながら全身を平行移動させて叩こうとする。
しかし、ゴルフのスイングとは「平行移動」ではなく「回転運動」なのだ。
右足から左足に体重移動させながら、回転運動をする...地面に落ちている小さな球を、力一杯引っ叩くためにはこんな複雑な事をしなくてはならないのだ。

で、古今の名人や学者達が、「どうやったらそんな小さなボールを思った方向に最大限飛ばせるか」を考え、研究して発見したのが、ボールをインパクトするまでは頭をボールより前に移動させてはいけないという「ビハインド・ザ・ボール」。
これなら、力をボールに伝えられるし、ある程度正確に飛ばせる、というスイングの大基本・大原則だ。

今のレッスンなら、「遠心力」とか言う言葉も使うようだけど、インパクトの時にプロや上級者は例外なく頭をボールより後ろに残している。
「頭が動く」という事で有名な、ソレンスタムやデュバルだってインパクトの瞬間にはちゃんとボールより後ろに頭は残っている...インパクトしたあと、急速に頭を残さず飛球線方向に顔を上げて行くけど。

この「ビハインド・ザ・ボール」を、自分でイメージしやすく言ったのがこの「インパクトは左の耳で聞け」という言葉。
誰でもインパクトの音を左耳で聞こうとイメージすれば、「ビハインド・ザ・ボール」を実践する事が出来る。

ただし、決して頭を残し過ぎてはいけない。
頭を残し過ぎてむち打ち症になった人は、意外に沢山いる...そうなると半年はゴルフを出来なくなるから要注意。よく言われることわざ、「打ったあともボールのあったところを見続けろ」は絶対に聞いてはいけない。
左の耳で聞き終わったら、さっさと顔を上げてボールの行方の心配でもする事だ。

そして頭を残そうとしてインパクト後も腰まで残してしまうと、飛ばない上にカッコ悪い「明治の大砲」ってやつになる。
インパクトを左の耳で聞いたら、あとはさっさと頭も一緒に左足に乗って行く事だ。
プロの様なカッコいい逆C字フィニッシュなんて、絶対に夢見たりしない事。

 

img_0-88


「ボールの前後1メートルを打ち抜け」..ジャック・ニクラウス。

「帝王」ジャック・ニクラウスは、度々スイングのポイントは「ボールを打つ」のではなく「ボールを打ち抜け」(ヒットスルー)だと言っている。
ボールに向かって、「ボールを打つ」意識では飛ばないしミスしやすいと言っている。

今のスイングのレッスン書では、より飛ばすためにヘッドスピードを上げるには、「ボールの先で(フォローで)最大のスピードが出るように振れ」と書いてあるのが一番多いだろう。
これは、ボールにインパクトする瞬間に最大のヘッドスピードが出るように意識を持って行くと、どうしてもその後に無意識にブレーキがかかるからだと言う...そうなると実際にはボールに当たる前にブレーキがかかり始めて、減速しつつボールに当たる事になり、自分の最大飛距離は到底望めないことになる。

ただ、自分がそんな意識で打ってみて感じる事だが、インパクトからフォローで最大のヘッドスピードを出そうと意識すると、どうしてもインパクト直前に手首や下半身やその他身体のあちこちで、「一番のヘッドスピードを出そう」として急激な反応が出やすい。
つまりインパクトゾーンで「ヘッドを暴れさせる」様な動きをしてしまいがちになる。
そうなると今の400ccを軽く越えるような大きなヘッドのドライバーは、あまりにも慣性モーメントが大き過ぎて、その急激な反応に対応しきれないままインパクトを迎える事になってしまう。
結果は、右プッシュアウトが一番多く、次が引っかけやチーピン...「大型ヘッドのドライバーなのにどうして?」(大型ヘッドは球筋が安定すると言う評判なのに)という結果になりやすい。

この時に、意識をジャック・ニクラウスが言うように「ボールの前後1メートル」でヘッドスピードを最大にしようとすると、大型のヘッドは割合大人しい挙動でインパクトゾーンを走ってくれる。
つまり「ボールのあとの1メートル」は勿論大事なのだけれど、「ボールの前の1メートル」が意外と今の大型ヘッドドライバーにとっても重要なポイントなのだ。

ただし、ニクラウスの言葉の本当の意味は、あのパーシモンの時代のインパクトゾーンの話...つまり、この前後1メートルで、下半身のひねり戻しにレートヒット、手首のアンコックの我慢、アンコックしてからボール到達までの一瞬の間に右手の追い越し...等々、恐ろしく複雑な動きをしている上での話なのだ。
(今のゴルファーでそんな動きが出来る人は殆どいないはずだ。)

でも、今の時代の大型ヘッドのドライバーでは、そういう事を一切考えないでシンプルにボールの前後1メートルで最大のヘッドスピードを出すイメージを持てばいい...と、言葉通りの意味に「曲解しての「名言」」、としておきたい。


↑このページのトップヘ