ゴルフの名言勝手に解釈  (渡辺隆司のゴルフブログ)

過去から今に伝わるゴルフの「名言・格言」を、勝手な解釈で描いて行きます。 読んだ結果、多分、ゴルフが上手くはなりません。 でも、ちょっと良いゴルファーにはなれるか、と。 もちろん責任持ちませんが。 (イラストの無断使用はしないで下さい)

img_0


「私は、髪の毛を掴まれてショットの練習をしたから、どんなに強く打っても頭が動かないようになった」...ジャック・ニクラス。


ジャック・ニクラスがゴルフを始めた少年の頃、彼の頭の毛を掴んでショットを打たせたのは、有名なレッスンプロであるジャック・グラウト。
この練習は、頭を少しでも動かすと激痛が走り、ニクラス少年は泣きながら練習を続けた、という伝説になっている。
だが、この辛い練習のおかげでニクラスは「いくら強く打っても、絶対に頭を動かさないようになった」とも言っている。
後年の、「帝王」とまで呼ばれるゴルファーの正確無比なショットは、こうして生み出された、という訳だ。

誰でも、ゴルフを始めた時には一度は「頭を動かすな!」と言われた事はあるはずだ。
古来、殆どゴルフが広まった時以来、「ボールを見ろ!」と「頭を動かすな!」というのは、2大基本とまで言われるスイングの基本原理。
...それなのに、この現代に「なにをいまさら」と言われるかもしれないが、ボールにちゃんと当たらないゴルファーの原因の殆どは、今でもこの二つなのだ。

特に「頭を動かさない」という基本。
自分でも何回かレッスン書の仕事で「頭は動かしていい」「頭一つは動いていい」「顔ではなくて首の後ろ側が軸なんだから、顔が動いてもいい」というイラストを描いた事がある。
本当はそれぞれに理由があり、それぞれが「頭を動かさない意識がありすぎると、こういう弊害がある」という事への対処の方法としての「意識のありかた」なんだけど。
例えば、「頭を動かすな」という事を気にしすぎると、身体の固い人は肩を回そうとして、左足重心になり左肩が落ちただけのリバースのトッップになりやすい。
いわゆるギッタンバッコンスイングだ。

それでなくても、この「頭を動かすな」と「ボールから目を離すな」の言葉は、それに忠実にやろうとしすぎるとスイングを縮こまらせて、ボールに当てるだけのスイングとなり、飛ばない。
その固定概念を取り払うために、「動かしてもいい」と言っているだけで、決して頭と一緒に身体を揺すってスエーしてスイングする事を勧めている訳ではない。

ティーショットのように、ティーアップしてあって、現在のデカヘッドのドライバーで打つ場合は、多少の誤差があってもそれなりにフェースに当たって前に飛んで行くだろう。
もちろん、腕が詰まったり引き込んだりして、気持ちの良いスイングは出来ないだろうし、飛ばないし、曲がるだろうが。
しかし、地面にあるアイアンで頭が動いてしまったら、よっぽど毎日練習して「動いた頭を正確にもとの場所に戻せる」人以外は、酷いミスにしかならない。
アドレスした位置から1センチズレただけで、「ダフリ・トップ・シャンク・プッシュ」何でもありとなる。
バックスイングで右に動けば、同じだけ動いて戻らなければ正確なショットにはならないのは、誰でも判るだろう。
毎日練習して同じ場所に戻る事を覚えるよりも、頭を動かさないように意識して打つ方がずっと易しい。
決して、「頭を動かすな」というのは古い教えではなく、ずっと通用するゴルフスイングの真理なのだという事を覚えておこう。

で、ジャック・ニクラスは、そんな風にして「頭を動かさない」スイングを覚えた。
我々も、きっと手っ取り早いのは「誰かに髪の毛を掴んでもらって」スイング練習する事なんだろう...
しかし、掴むべきものが「無い」、もしくは「少ない」、もしくは「抜かれたくない」という場合...


...頭を動かしてしまって、

「ブチッ!」
「あっ!」


...なんてことになったら...

img_0-106

「肩の回転で腕を振るのではなく、腕を振る事で肩が回るのだ」...ボブ・トスキ。

ボブ・トスキは、判りやすい説明で人気となった、世界的レッスンプロ。

我々がゴルフを始めた時から、一番言われる言葉が「肩を回せ」だろう。
そして「手打ちじゃダメだ」とか言われたり、「ボディターンだ」とか言われたり。

確かにゴルフクラブを初めて振る人は、ひょいと手でクラブを担ぎ上げて、なんとか小さなボールに小さなヘッドを当てようとして手先だけで合わせて振ろうとする。
だから、レッスンプロや上級者は「左肩を顎の下迄回して、腕は大人しく使ってボディーを回転させて振れ」とか教える事になる。
まず、手だけで当てようとする意識を変えさせる必要があるから。

ここから先で、ボブ・トスキは面白い事を言っている。
初心者に「肩を回せ」という事を意識させすぎると、右手を使ったスイングになってしまう、というのだ。
肩を回そうとすると、両腕を肩と一緒に回そうとする。
すると、「腕」の主役は右腕になってしまう...意識が右腕にどうしてもいってしまって、「右手で上げて右手で振り下ろす」ような感覚になりやすいのだ。
そうすると、当然ダウンで右手が勝手に暴れ回って、プッシュスライス、ダフり、テンプラ、引っかけ、チョロの、ミスのオンパレードとなる。

だから、肩を回すより腕を振る意識を持て、と。
そして、大事な事は「両腕」と言っても、「主役は左手で、右手は左手に従わせろ」ということ。
左手が動きやすいように、右手を添える事がポイントだと言う。

こうして腕を主役に考えてスイングした時に、「腕の振りによって、肩が回されて行く」と感じる事が出来れば、正しい動きになっているのだと。
そう感じられない時は「腕の力が入りすぎている」ということらしい。
これを実際に感じるためには、両腕にそれぞれ重いものを持ってスイングしてみるとよく判ると言う。

スイングの感覚がマンネリ化してゴルフがスランプに陥っている、世間で言われている事は試してみたけどちっとも良くならない...なんて感じた時には、こうしたレッスンプロのちょっと変わったアドバイスを試してみるといい。

視点・注意点をちょっと変える事でスイングが劇的に変わるのが、我々レベルのゴルフの面白さ。
それまでの自分の感覚が狂っている事に気がついて、目の前に全く新しい道が開ける、なんてことがよくあるのだ。

悩んでいたら、ちょっとお試しを...


img_0-105

「19世紀の昔から、全てのゴルファーの最大の喜びは、力の限りの一撃でボールが遠くの砂丘を越えて行くのを見ることである」...レイドロウ・バービス。

レイドロウ・バービスは、ロイヤルセントジョージズ&サンドイッチゴルフコースの設計者。

ゴルファーって奴は...
19世紀の昔から、クラブもボールも、服装も、プレーする職業も年齢も関係なく、結局のところ「思い切りボールを引っ叩いて遠くに飛ばすこと」が最大の喜びであることに変わりはないってこと。

例えば、彼が言う「砂丘」。
彼の造ったコースには、本当に上手く飛ばせれば越えることが出来る「砂丘」があるらしい。
だから越えることが出来たゴルファーには、「いいコースだ」という評判になり、どうしても越えることが出来ないゴルファーには「ひでえコースだ」という評判になったと言う。

トータルスコア、つまりパー72を基準とする打数で優劣を比べるようになってから、「無謀な冒険」より「利口な刻み」の方が理にかなった攻め方として世間に認められるようになったが、ゴルファーって奴は本心の本心では「飛ばなくちゃつまらない」というのが正直な気持ちだろう。
それが証拠に、ゴルフクラブの変遷というものは...その目的の90パーセントは、「より遠くに飛ぶ道具」を求めてなんだから。

例えば、飛ばすためのゴルフクラブ...ウッドクラブに使われた木材を調べてみると、まず18世紀にはその材質は、サンザシ、シャクナゲ、リンゴ、ナシ、シデ、ハナミズキ、ブナ...と、殆どありとあらゆる木材を使ってどれがより飛ぶかを探し求めた記録がある。
19世紀に入ると、イチイ、リンゴ、ナシ、サンザシ、が主流となり、19世紀末になってやっと柿の木が使われ始めた。
そして20世紀になって、アメリカのミシシッピ川沿いにある樹齢200年を越えた柿の木が、ドライバーに最高の木材であると認められて、主流となって行く。

これはみんな飛ばすことが目的...しかし副産物として、よく乾燥されたパーシモンに糸巻きボールの打感の良さが、プラスされる最高の快感としてゴルファーを虜にしてしまう。

今でも使用に耐えるパーシモンドライバーは、良質のものはオイル漬けにされた後、しっかりと乾燥されて簡単に割れずに、打感も良くなり飛距離も出る。
さすがに、現代のツーピースボールやスリーピースボールで固めのボールでは、フルショットするとヘッドが破壊されてしまう可能性が高いが、女性用の極柔らかいコンプレッションのボールか、残っている糸巻きボールでかっての「飛ばしへの憧れ」の遺産を楽しむことが出来る。

パーシモンを使わなくてもいいから、現代のゴルフでもたまには本能に任せて「ぶっ叩く」ゴルフだってやってみるといい。
72の数字を気にするゴルフなら、「正確に刻む」利口なゴルフも「あり」だけど、たまには72の数字を気にしないで、コースとのマッチプレーのつもりで「力の限りの一撃」でぶっ叩いて戦ってみるのもいいんじゃないか?

これは18世紀、19世紀からずっと続いている、ゴルファーの「最大の喜びの追求」なんだから。


↑このページのトップヘ